筋紡錘とゴルジ腱器官

筋紡錘は最も複雑な感覚受容器であり、知覚部分と収縮部分からなり、筋線維と一緒に引き伸ばされるように筋肉と平行に筋内に存在します。
知覚部分は主に2種類からなり、それらは核袋線維と核鎖線維と呼ばれています。

これらの知覚終末は、「長さ」や「長さの時間変化」、あるいはこの両者に対して感受性があります。
中枢神経系は収縮部分を使って筋紡錘の感受性を調節するか、時として筋肉の長さに応じて筋紡錘の長さを調節したりしています。

特に筋紡錘の収縮部分は、γ運動ニューロンとよばれる特殊な運動ニューロンによって支配されています。
筋の収縮に際し、α運動ニューロンはこのγ運動ニューロンと一緒に活動するというふうに考えられています。

これまで様々な研究によって、筋紡錘からの入力刺激が動きの知覚において非常に重要な要素であることはわかっていますが、単一の求心性筋神経を直接刺激しても意識にのぼる感覚は生じないこともわかっています。
筋紡錘に関連する研究は今も盛んに行われていますので、まだまだ新しい制御系の筋紡錘の働きが見えてくるかもしれません。

一方で、ゴルジ腱器官は腱の中に筋線維と直列に存在しています。
これらの受容器からの入力はα運動ニューロンを抑制するので、最初はこれらゴルジ腱器官の役割は強い筋収縮による筋の損傷をふせぐものではないかと考えられていました。
しかしながら、個々の受容器は少数の筋線維に付着していて僅かな力に対しても感受性をもつこともあり、筋の異なる部分の張力に違いを知覚することに優れていることがわかってきました。
それゆえに、ゴルジ腱器官の役割は筋損傷の予防のためだけではなく、生体の動きのフィードバックにも重要な働きをしているのではないかと考えられています。

環境の状態を把握し、その知覚フィードバックから運動を制御する上で、この筋紡錘とゴルジ腱器官は大きな役割を果たしていることがわかります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-21

    身体動揺と防御反応

    人間が立位姿勢を保持している時、突然、床面が水平に移動したり、肩甲帯や骨盤帯を押されると、重心線は安…
  2. 2016-2-9

    呼吸調整中枢とその機能

    呼吸は日常の活動に常に随伴して行われます。つまり、呼吸は多くの運動活動と調和する必要がありま…
  3. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…
  4. 2015-9-29

    姿勢とは何か?

    姿勢(posture)とは何かと問われると、人それぞれさまざまな答えが返ってくるでしょう。人…
  5. 2015-8-8

    随意運動と筋

    骨格筋は身体を支え、身体運動を起こす力源として機能しています。骨格筋は、中枢神経系で形成され…
ページ上部へ戻る