筋紡錘とゴルジ腱器官

筋紡錘は最も複雑な感覚受容器であり、知覚部分と収縮部分からなり、筋線維と一緒に引き伸ばされるように筋肉と平行に筋内に存在します。
知覚部分は主に2種類からなり、それらは核袋線維と核鎖線維と呼ばれています。

これらの知覚終末は、「長さ」や「長さの時間変化」、あるいはこの両者に対して感受性があります。
中枢神経系は収縮部分を使って筋紡錘の感受性を調節するか、時として筋肉の長さに応じて筋紡錘の長さを調節したりしています。

特に筋紡錘の収縮部分は、γ運動ニューロンとよばれる特殊な運動ニューロンによって支配されています。
筋の収縮に際し、α運動ニューロンはこのγ運動ニューロンと一緒に活動するというふうに考えられています。

これまで様々な研究によって、筋紡錘からの入力刺激が動きの知覚において非常に重要な要素であることはわかっていますが、単一の求心性筋神経を直接刺激しても意識にのぼる感覚は生じないこともわかっています。
筋紡錘に関連する研究は今も盛んに行われていますので、まだまだ新しい制御系の筋紡錘の働きが見えてくるかもしれません。

一方で、ゴルジ腱器官は腱の中に筋線維と直列に存在しています。
これらの受容器からの入力はα運動ニューロンを抑制するので、最初はこれらゴルジ腱器官の役割は強い筋収縮による筋の損傷をふせぐものではないかと考えられていました。
しかしながら、個々の受容器は少数の筋線維に付着していて僅かな力に対しても感受性をもつこともあり、筋の異なる部分の張力に違いを知覚することに優れていることがわかってきました。
それゆえに、ゴルジ腱器官の役割は筋損傷の予防のためだけではなく、生体の動きのフィードバックにも重要な働きをしているのではないかと考えられています。

環境の状態を把握し、その知覚フィードバックから運動を制御する上で、この筋紡錘とゴルジ腱器官は大きな役割を果たしていることがわかります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  2. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  3. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  4. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…
  5. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-11-17

    イメージトレーニングによる神経系の適応

    1992年、G. YueとK. J. Coleにより神経系の適応について、非常に興味深い研究結果が報…
  2. 2015-8-9

    大脳と随意運動

    連合野には前頭連合野、頭頂連合野、側頭連合野があります。視覚、体性感覚、前庭・迷路感覚からの…
  3. 2015-1-28

    食べてエネルギーを消費する。

    人は生きるうえでエネルギーを摂取したり消費したりします。消費エネルギーを増やすために運動をす…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2015-3-4

    衛生仮説とは何か

    花粉症というと季節性のアレルギー性鼻炎になるわけですが、近年その発症率は上がってきています。…
ページ上部へ戻る