そもそもプリン体とは何なのでしょうか?

実は、プリン体とはDNAを構成する物質なのです。

このDNAの中にはアデニン、グアニン、シトシン、チミンという4種類の塩基が含まれています。

この4種類の塩基のうち、アデニンとグアニンがプリン体です。

なので、人間の身体はプリン体を多く含んでいるのです。

というよりむしろプリン体で構成されているのです。

また、DNAはほぼどの生き物にもあるので、肉も野菜も魚もキノコもプリン体だらけです。

さらに、プリン体は体の中の化学反応で、尿酸に変わり、尿酸の針状結晶が痛風の原因になります。

尿酸は水に溶けにくいですが、少しの尿酸なら尿に溶けて排出されます。

多量の尿酸がプリン体から発生すると、血中内の尿酸値が上がり、針状の結晶となり足や指の骨付近に溜まります。

これが原因で炎症が起きるのが痛風です。

痛風の予防策としては、「プリン体の摂取制限」、「尿をアルカリ化する食品の摂取」、「十分な水分摂取」、「アルコールの摂取制限」などが考えられます。

プリン体とは尿酸の材料となる物質で、食べ物から摂取されるだけでなく、体内でもつくられています。

実際のところ、人間の体内の尿酸のうち、食べた食品のプリン体から作られるものは20%に過ぎないといわれます。

それでも、体内のプリン体(尿酸の材料)を増やさないためには、食べ物からの摂取も減らすよう心がける必要があります。

食品100g当たりに、プリン体を200㎎以上含むものを高プリン食といい、動物の内臓や魚の干物、白子、乾物などがあります。

逆に、プリン体がごく少ない食品には、魚肉ソーセージやかまぼこ、焼ちくわなどの練り物や、ひじき、わかめなどの海草、カズノコ、などの魚卵があげられています。

また、プリン体は水に溶けやすいため、ゆでる、煮るといった調理方法を選ぶとより効果的です。

日本ではプリン体=酒類というイメージが強いかも知れませんが、アルコール飲料に関しては、含有量の多いビールでも3.3mg/100mlから16.6mg/100ml程度と他の食品に比べても格段高いものではないです。

特に焼酎などの蒸留酒などに関しては1mg/100ml以下です。

ビール中のプリン体は肉や野菜よりずっと少ないものです。

アルコール飲料は特に痛風との関わりでプリン体の含有量が注目されますが、プリン体の含有量に関わらずアルコール飲料の摂取は尿酸値を上昇させ、結果的に多くのプリン体を摂取したのと同等になる為、やはりアルコールの摂取は適度な量に抑えたほうがいいかと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-16

    食餌による体内時計のリセット

    近年、朝食の欠食や、夜食の摂食は、肥満になりやすいことが知られており、規制正しく朝食・昼食・夕食を摂…
  2. 2014-10-31

    便秘と下痢

    食べたものは胃腸で消化・吸収を終えると、24時間から72時間をかけて排便されていきます。この際に…
  3. 2015-10-10

    相反性抑制と反回抑制

    関節には、反対方向へ引き合う複数の筋群が対となって付着します。例えば、肘関節を伸ばす上腕三頭…
  4. 2014-10-7

    体脂肪量の調節「レプチン」

    レプチンというホルモンが、体脂肪量の調節において重要な役割を演じています。本来、レプチンは、食欲…
  5. 2015-2-22

    運動をする時間帯とそのパフォーマンスについて

    運動を実施する時間帯とそのパフォーマンスには相関するものがあるでしょうか?被験者に1時間ごと…
ページ上部へ戻る