生体にストレスが加わると、さまざまな変化が起こります。

生体へのストレス負荷により、視床下部―下垂体―副腎系が刺激されます。

副腎は腎臓の上に存在しており、副腎皮質(外側)と副腎髄質(内部)からなります。

2つの腺は発生学的、構造、ホルモン分泌に対しては異なりますが、ストレスに対しては同一目的のために協力的に働きます。

ストレスは脳に働き、視床下部kらCRH(副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン)を放出させます。

CRHは下垂体前葉からACTH(副腎皮質刺激ホルモン)を放出させ、ATCHは副腎皮質に働きコルチゾールの合成・放出を起こさせます。

血中コルチゾール量が高まると、視床下部に対するネガティブフィードバックにより調節され、コルチゾール量は正常値となります。

しかし、ストレス状態が長く続くとこの調節機構は無効となり、副腎皮質は肥大します。

コルチゾールは長時間に渡る代謝の順応を増強させます。

この順応は生体は免疫力を増加させる上で必要であり、組織の修復の増強し、グルコースとアミノ酸の形で、適切な栄養素を補給します。

コルチゾールの分泌増加は筋、結合組織、リンパ節に働き、貯蔵タンパク質の異化作用を促します。

動員されたアミノ酸は肝臓に取り込まれ脱アミノ化された後、グルコースに転化されます。

コルチゾールは肝臓での糖新生酵素の合成を刺激します。

また、筋細胞のグルコース取り込みを抑制し、脳や心臓へのグルコース供給を確実にします。

組織の異化作用によって遊離されたアミノ酸のいくらかは、これを必要とする組織の修復と再生のために使われます。

副腎髄質は本質的には交感神経系の一部です、

副腎髄質のクロム親和性細胞はアドレナリン、ノルアドレナリンを分泌します。

これらはカテコールアミンとよばれ、アミノ酸のフェニルアラニンから生じます。

そして、交感神経系の興奮を起こすようなストレスに応じて分泌されます。

アドレナリンは主に心臓に働き、心拍数と収縮力を増加させ、ノルアドレナリンは内臓血管に働いて、それを収縮させることにより血圧を上昇させ、筋への血液供給を良くします。

また、肝臓のグリコーゲンや脂肪組織にある脂肪を分解させ、グルコースや脂肪酸を動員します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-4

    ケトルベルで筋肉のバランスを整える

    ケトルベルはダンベルやバーベルとは違い重量が一方向に偏っています。この特徴により、身体に高負…
  2. 2015-9-1

    運動学習における感覚系の役割

    箸を巧みに使うためには、視覚運動協応が重要であり、ピアノ演奏には、聴覚フィードバックが必要になります…
  3. 2016-2-3

    高齢者の歩行と注意

    2つ以上の課題に対して注意を分割する能力は、多くの日常的活動を行っている最中に移動運動を行う場合に重…
  4. 2017-3-6

    運動連鎖を引き出すために

    運動連鎖をうまくつかって最終的に大きなスピードを得るためには、まず中心部をしっかりとさせて大きな力を…
  5. 2015-8-29

    胎児および乳児の運動発達

    人間では、胎児期に運動発達が始まります。受胎後7週目に頭部および頚部への横紋筋への運動神経支…
ページ上部へ戻る