サルコメア-収縮の機能単位

筋原線維はサルコメアという小さな収縮機能単位から構成されます。
すなわち、筋原線維は多数のサルコメアが直列に結合したものです。
1本の筋原線維に含まれるサルコメアの総数は、筋線維の機能にもっとも重要な因子であり、筋の長さと太さによって異なってきます。
サルコメアが直列に配列しているので、筋原線維全体の短縮距離は個々のサルコメアの短縮距離の合計となります。

サルコメアは筋フィラメントと呼ばれる収縮フィラメントで構成されています。
そしてサルコメアには2つの主要な収縮フィラメントがあります。
1つは、太くてもう1つは細いフィラメント。
太いほうがミオシンで細いのがアクチンです。

このミオシンフィラメントとアクチンフィラメントは六角形状の格子構造に組み込まれています。
これらの微小なフィラメントが自動的に入り込むことが筋力の発生と運動を引き起こします。

このミオシンとアクチンの入り組んだパターンが筋の横紋を作り、明と暗を繰り返すことから、骨格筋を通称「横紋筋」と呼んでいます。

サルコメアはその構成部分によってそれぞれ名称が決められていて、ミオシンフィラメント部分のA帯、アクチンフィラメント部分のI帯、A帯の中でアクチンとミオシンが重ならない部分をH帯、I帯を二分する部分をZ帯、A帯の中心に位置する比較的色の濃い部分をM帯といいます。

サルコメアを定義する場合、1つのZ帯から次のZ帯までの距離をサルコメア長と定義している。
サルコメア長は筋張力発生を理解するのに重要な要素となる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-31

    sensori-motor integration

    我々が自由に身体を移動させ、手でものをつかみ、投げ、道具を作り、操ることができるのは、全身に備わって…
  2. 2015-5-24

    紫外線と目

    紫外線は全てが眼底(目の奥)まで達するわけではありません。大部分は角膜(黒目の部分にある透明…
  3. 2015-8-24

    記憶とシナプス可塑性

    ヒトの脳のニューロンは1000億以上あるとされています。そのそれぞれが数千から数万のシナプス…
  4. 2014-10-17

    エネルギー供給機構を考える。

    筋収縮には ATP が必要であるが、筋内のATP の量はわずかであるため、運動を継続す るた…
  5. 2015-11-21

    サラブレッドからみる栄養とトレーニング

    1998年、セイウンスカイという競走馬が4歳馬(現3歳)の頂点を決めるレースであるG1レースの皐月賞…
ページ上部へ戻る