ストレスが加わると、神経系・内分泌系・免疫系に変化が生じ、これらが相互に密接な関係を保ちつつ、脳の制御により精神機能・身体機能の維持が図られます。

ハンス・セリエのストレス学説によると、生体はさまざまなストレッサーに対してそれぞれ特有の反応を示しますが、それとは別に非特異的な共通の反応が起こり、加えられた刺激に適応しようとします。

この共通の反応を汎適応症候群といい、時間経過に伴い、警告反応期、抵抗反応期、疲憊期の3段階に分けられます。

第1期の警告反応期では、反応は、傷害的・受動的であり、ショック状態となります。

低血圧、体温降下、筋緊張の減少、血液濃縮、毛細血管壁や細胞膜の透過性の減退、低クロール血症、低カリウム血症、アシドーシス、血糖低下、好酸球減少、胃・十二指腸の糜爛、出血などが現れます。

持続時間は程度により、数分から24時間位まで持続されます。

この変化は下垂体ー副腎系が関与しています。

体内で引き起こされた異化的な衝動が内分泌系、特に視床下部、下垂体前葉―副腎皮質系を作動し、一連の防御反応が誘発されます。

これにより、血圧、体温、血糖値は上昇します。

副腎皮質コルチゾール系の活動が活発となり、生体の抵抗力が高まります。

一方、副腎髄質からはアドレナリンが分泌され、肝臓でのグリコーゲン分解を促進、グリコーゲン合成を抑制し血糖値が上昇します。

第2期である抵抗反応期は生体を守ろうとする防御機構が総合的に整う時期です。

副腎は肥大し、活動性が定常的に高まり、胸腺リンパ球の萎縮、白血球増加、好酸球減少、リンパ球減少が起こります。

ストレスが去れば回復に向かいますが、回復した後の体力は以前よりも強くなり、刺激に対して強い抵抗力を持つようになります。

しかし、この時期に他のストレスが加わると新たなストレスに対する抵抗力は弱くなってしまいます。

長時間ストレスが持続すると、適応能力の限界を超え、代謝せ機能を十分発揮できなくなります。

極端な場合には死亡することもあります。

慢性のストレス、特に精神的なストレスによって胃潰瘍や十二指腸潰瘍、循環器疾患、糖尿病、うつ病などを発症することがあります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-11

    フレイルという概念

    人間は年齢を重ねるにつれて身体機能が落ちてきます。そしてそれをそのままにしておくとQOL、A…
  2. 2017-4-6

    有酸素性能力が高まると筋トレの効果が高まる

    筋力トレーニングや陸上の短距離走など、瞬発系に強い力を発揮する運動を無酸素運動といいます。一…
  3. 2015-9-9

    フィードフォワード制御とは

    運動制御系(中枢神経系)は、制御対象(効果器)に運動指令を送り、身体運動によって環境に働きかけていま…
  4. 2015-5-20

    紫外線に注意!

    暑さも増し、日焼けをした方もいるかと思います。日焼けは、太陽光のなかで「紫外線によって皮膚が…
  5. 2014-12-10

    たとえ休日でも寝だめはダメなんです

    普段平日の睡眠不足に悩まされている方に採用されがちな解消法として「寝だめ」というものがあります。…
ページ上部へ戻る