Ⅰ型を除く糖尿病・脂質異常症・高血圧・高尿酸血症・肥満などが生活習慣病として挙げられます。

これらに起因する疾病として、ガン・脳血管障害・心臓病などがあり、日本人の3大死因ともなっています。

過度な栄養摂取、運動不足は内臓脂肪の蓄積と筋におけるインスリン抵抗性を招きメタボリックシンドロームなどの病態を増加させ、最終的に動脈硬化性心血管障害を誘発する恐れがあります。

持久性の運動、有酸素運動は、筋のインスリン感受性を改善させることが知られています。

メタボリックシンドローム、肥満、Ⅱ型糖尿病に対する食事制限と身体運動の継続は、内臓脂肪、筋内脂肪、肝内脂肪を効率的に減少させ、食事療法によりインスリン抵抗性の改善に有効であり、筋のインスリン抵抗性からの糖尿病の発症を予防します。

メタボリックシンドロームは全身持久力の低い者で、週あたり7.5METs以上の高強度の運動を40分以上行うことで、著しい疾患の予防効果があるとしています。

また持久性トレーニングは、高血圧に対しても、収縮期血圧を10〜20mmHg、拡張期血圧を5〜10mmHg程度低下させることが分かっています。

これらの生活習慣病の対策に有効なキーワードとして主に用いられるものは、特に身体活動量があります。

身体活動量の指標としては、「METs・時/週」が一般的に用いられています。

この身体活動量が22.5METs・時/週より多い者では、生活習慣病などのリスクが有意に低いことから、健康維持・増進に必要な身体活動量の基準値は23METs・時/週とされています。

23METs・時/週の活動を1週間で達成するには、普段の通常の歩行運動で3METs程度なので、1日あたり約60分に相当し、これは約6000歩に相当します。

こうした歩行では、低強度であるため認識されない歩数が2000〜4000歩あるとされており、合計で8000〜10000歩の活動量が必要となります。

また、糖尿病予防に対しては、5.5METs以上の運動が有効とされていますが、あまり高強度だと運動の継続が困難になります。

5.5METs以上の運動強度は、10分以下のジョギングと歩行の組み合わせが挙げられます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-4

    エネルギーを出し入れするホルモン

    ヒトのカラダは寝ても覚めても常にエネルギーを消費し続けています。だから、エネルギー源となるぶどう…
  2. 2015-9-1

    運動学習における感覚系の役割

    箸を巧みに使うためには、視覚運動協応が重要であり、ピアノ演奏には、聴覚フィードバックが必要になります…
  3. 2014-9-27

    ホルモン分泌

    運動やトレーニングをすると、その直後には、さまざまなホルモンの血中濃度が一過性の変化を示します。…
  4. 2017-1-22

    運動時間の設定

    中枢の循環系機能を高め、心排出量を増加させるためには、目標心拍数を維持した運動を少なくとも20分間続…
  5. 2016-3-7

    関節唇が障害されやすいのはなぜか。

    関節唇は肩関節の構成要素の中でも、肩の病変に含まれることが多い部位になります。これには、肩の…
ページ上部へ戻る