ATPを産生するメカニズムは

①クレアチンリン酸(PCr)の分解によるATP-PCr系

②グリコーゲン、グルコースなどの分解による解糖系

③脂肪酸、グルコース、グリコーゲンなど酸素を用いて分解する有酸素性

の3つに分類されます。

■ATP-PCr系(無酸素性)

ATPを最も早く供給できるのがATP-PCr系のメカニズムです。

高い運動強度の時には筋中にあるATPが利用されますが、非常に少量のATPしか蓄えられないため、すぐに枯渇してしまいます。

そこで、筋中にあるクレアチンリン酸が分解しATPを再合成することでATPを産生します。

しかしクレアチンリン酸の含有量も少ないために、約8~10秒程度しか供給できません。

短距離やウエイトリフティングなど短時間で高いパワーを発揮するような運動や強度の高い運動開始時の供給系として利用されます。

分解されたエネルギーの貯蔵量は、時間の経過とともに運動前の状態に戻ります。

リン酸の回復は最初の30秒で約70%に回復し、3~5分でほぼ完全に回復します。

■解糖系(無酸素性)

解糖系は酸素を利用せず、グリコーゲン(グルコースが骨格筋に貯蔵された状態)またはグルコース(ブドウ糖)をピルビン酸に分解する際にATPを産生します。

その過程において代謝産物として乳酸が形成さます。

高強度の持久性運動では、10時間で60%、完全回復には48時間かかるといわれています。

■有酸素系

有酸素系機構は、低強度の持続する運動における主要なATP供給システムです。

運動強度が低い運動では、酸素を利用しATPが産生されます。
有酸素性によるATPの産生は、筋繊維内のミトコンドリアで行われます。

有酸素性供給機構は、ADPとPiからATPを再合成するのに約60~80秒程度の時間を要するとされています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-18

    運動頻度

    運動頻度とは、週当たり、1日あたりのトレーニング回数のことです。運動頻度は、運動強度と運動時…
  2. 2015-5-7

    食事の摂取に関するポイント

    カロリーや栄養バランスを管理することも、体重の増減や生活習慣病などに関わってくるので、食事の習慣とし…
  3. 2016-1-18

    神経動態における「神経の容器」と「機械的なインターフェース」

    「神経の容器」と「機械的なインターフェース」の2つの概念は身体の動きがどのように神経組織に影響するの…
  4. 2017-3-11

    負荷に自重を用いる場合の留意点

    筋力エクササイズの負荷に自重を用いた場合、鍛えたい筋や筋群に加わる負荷強度は、自重に対するそれらの筋…
  5. 2015-6-12

    アディポサイトカイン

    アディポサイトカインとは、脂肪細胞から分泌され、糖代謝や脂質代謝に影響を与える生理活性物質のことをい…
ページ上部へ戻る