随意運動と筋

骨格筋は身体を支え、身体運動を起こす力源として機能しています。

骨格筋は、中枢神経系で形成され、末梢神経を通って伝達される運動指令によって活動し、張力を発揮します。

つまり、骨格筋の活動は神経系の働きによってコントロールされているのです。

随意運動の発現には、運動の動機や目的の形成、運動計画・運動プログラムの作成、運動指令の伝達と実行の3つの段階が想定されます。

運動の動機の形成は、身体内部からの情報(お腹が空いた、トイレに行きたいなど)や外部環境からの情報を快・不快の感覚や過去の経験などから判断して、行動を起こそうとするまでの段階です。

この段階には、身体内部や外部からの情報をキャッチする感覚・知覚系、情動を司る辺縁系、身体内部や外部からの情報、記憶などを統合して行うべき行動を決定する大脳皮質連合野が関連しています。

運動の計画・プログラムの作成は、行動木曜を達成するためにどのような順序で運動を行うか、その運動を達成するためにどの筋を、どのタイミングで、どの程度の強さで収縮させればよいかを決定する段階です。

この段階には、運動関連領野(補足運動野、運動前野、一次運動野など)、大脳基底核、外側小脳などが関連しています。

大脳からの最終的な運動指令は一次運動野から発せられます。

運動指令の伝達と実行は、一次運動野からの情報が脊髄を下降し、シナプスを介して脊髄の前角にある運動ニューロンに伝わり、さらに運動神経の軸索を伝わって神経筋接合部を介して骨格筋を伝わり、骨格筋が収縮して運動が起こるまでの段階です。

脊髄の運動ニューロンには、一次運動野からの情報に加え、脳幹部の神経核からの情報、筋紡錘やゴルジ腱器官、皮膚からのなどが集まり、筋活動の最終的な指令が決定されます。

運動が実行されると身体の内部環境や外部環境が変化します。

変化した情報は感覚器を通して大脳、小脳、脳幹、脊髄にフィードバックされ、運動の修正が行われたり、1つの行動が終了して次の行動が企画されたりします。

感覚のフィードバックがないと運動が拙劣になり、正確性や敏捷性が低下する感覚性の運動失調が現れます。

感覚系の機能は運動の発現や調節において重要な役割を演じています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  2. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  3. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  4. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…
  5. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-16

    運動中の水分補給

    皆さんは、運動中に何を飲んでいますか?水、お茶、スポーツドリンクのうちのどれかに当てはまる方…
  2. 2015-12-29

    関節包内運動と固定の位置・ゆるみの位置

    関節には、その角度によって固定の位置(close−packed position)とゆるみの位置(o…
  3. 2015-5-19

    血液脳関門と脳の栄養

    脳の血管には「血液脳関門」といわれる構造があり、血中のタンパク質やその他の物質が脳の中に侵入できない…
  4. 2015-8-16

    ストレスと下垂体 – 副腎系

    生体にストレスが加わると、さまざまな変化が起こります。生体へのストレス負荷により、視床下部―…
  5. 2015-9-4

    コアスタビリティトレーニングとは

    多くの選手がコアスタビリティトレーニングと呼ばれる腹横筋の活性化を強調したトレーニングを行っていると…
ページ上部へ戻る