随意運動と筋

骨格筋は身体を支え、身体運動を起こす力源として機能しています。

骨格筋は、中枢神経系で形成され、末梢神経を通って伝達される運動指令によって活動し、張力を発揮します。

つまり、骨格筋の活動は神経系の働きによってコントロールされているのです。

随意運動の発現には、運動の動機や目的の形成、運動計画・運動プログラムの作成、運動指令の伝達と実行の3つの段階が想定されます。

運動の動機の形成は、身体内部からの情報(お腹が空いた、トイレに行きたいなど)や外部環境からの情報を快・不快の感覚や過去の経験などから判断して、行動を起こそうとするまでの段階です。

この段階には、身体内部や外部からの情報をキャッチする感覚・知覚系、情動を司る辺縁系、身体内部や外部からの情報、記憶などを統合して行うべき行動を決定する大脳皮質連合野が関連しています。

運動の計画・プログラムの作成は、行動木曜を達成するためにどのような順序で運動を行うか、その運動を達成するためにどの筋を、どのタイミングで、どの程度の強さで収縮させればよいかを決定する段階です。

この段階には、運動関連領野(補足運動野、運動前野、一次運動野など)、大脳基底核、外側小脳などが関連しています。

大脳からの最終的な運動指令は一次運動野から発せられます。

運動指令の伝達と実行は、一次運動野からの情報が脊髄を下降し、シナプスを介して脊髄の前角にある運動ニューロンに伝わり、さらに運動神経の軸索を伝わって神経筋接合部を介して骨格筋を伝わり、骨格筋が収縮して運動が起こるまでの段階です。

脊髄の運動ニューロンには、一次運動野からの情報に加え、脳幹部の神経核からの情報、筋紡錘やゴルジ腱器官、皮膚からのなどが集まり、筋活動の最終的な指令が決定されます。

運動が実行されると身体の内部環境や外部環境が変化します。

変化した情報は感覚器を通して大脳、小脳、脳幹、脊髄にフィードバックされ、運動の修正が行われたり、1つの行動が終了して次の行動が企画されたりします。

感覚のフィードバックがないと運動が拙劣になり、正確性や敏捷性が低下する感覚性の運動失調が現れます。

感覚系の機能は運動の発現や調節において重要な役割を演じています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-23

    「不定愁訴」に気をつけましょう。

    現代では、「身体がだるい」、「頭が重い」、「イライラする」、「疲労感が取れない」など、「なんとなく体…
  2. 2014-11-26

    人間は・・・チクワ!?

    人は生きるために食事を取るわけですが、その食物はそのままの形で体内に入るわけではありません。…
  3. 2017-1-5

    正しい姿勢で動く

    正しい姿勢が良いというのはよく言われます。人が地球上で活動するにあたって重力を切り離して考え…
  4. 2014-11-22

    水分の摂取を考える。

    水は普段の生活においてはほとんど意識することなく摂取しているものであるが身体機能保持・調節においては…
  5. 2015-3-28

    睡眠は大脳を休息させるためにある

    活動と休息のリズムはほとんどの生物にみられる現象である。しかしながら、睡眠は単なる休息ではなく、…
ページ上部へ戻る