病原菌などの非自己物質を認識し、排除する生体防衛機構のこと。情報伝達を用いて、細胞・組織・器官が複雑に連携している。

まれに、免疫制御機構の異常から自己成分に対しても免疫が発動されることもあり、自己免疫疾患という。抗体による免疫応答が過敏に働き、逆に不利益をもたらした場合を、アレルギーという。

免疫を成立させる原因となる刺激を「抗原」と称し、体内に生産されて抗原に対する物質を「抗体」と呼び=これを抗原抗体反応という。
胸管やリンパ節の輸出リンパ管内のリンパは免疫担当細胞である多数のリンパ球を含んでおり、全身をめぐって、局所の臓器に置ける免疫反応に働いている。

免疫系の細胞は身体中の血液やリンパ液、結合組織など、様々な組織や期間中に存在している。

免疫組織にはリンパ球を中心とした胸腺やリンパ節、脾臓、骨髄などがあり、リンパ球を産生し、分化・成熟させる機能を持つことから中枢性リンパ器官と呼ばれ、一方、リンパ節や脾臓、消化器、呼吸器の粘膜に付属したリンパ組織(へんとうや虫垂、パイエル板)などは末梢性リンパ器官と呼ばれる。

リンパ組織は体内における警備質なようなところであり、細菌や異物などの抗原が入ってくると、まず警備員として最前線で働くマクロファージがそれらを取り込み、その情報がリンパ球に伝えられることとなる。

細胞に取り込まれた抗原はリンパ管中のリンパ液の流れに乗り、リンパ節へ運ばれる。そして、リンパ節で抗原-抗体反応を起こし、特異的な抗体が産生される。
抗原がどんどん増えてリンパ節内のリンパ球などを攻撃すると、今度はリンパ節内の免疫担当細胞が分裂・増殖しリンパ節が肥大していくこととなる。

このとき、リンパ節の腫れに伴って痛みや発熱が起こる。(リンパ節炎)

風邪やのどの病気ではこのリンパ節の腫れが確認できる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-15

    冬のほうが代謝が高いのはなぜ?

    ほとんど多くの人にとって寒いより暖かいほうが良いでしょうが、代謝という点で考えると実は寒いほうが良か…
  2. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  3. 2017-3-27

    筋トレで効果が出ない時の克服方法

    初心者がトレーニングを開始すると最初の数ヶ月は、使用する重量や反復回数が目覚しく向上していきます。…
  4. 2014-11-28

    エネルギー不足時の糖代謝

    エネルギー不足時には、肝臓でグリコーゲンを分解したり、筋肉から放出されるアミノ酸から糖新生をして、グ…
  5. 2015-6-26

    アスリートの為のプロテイン摂取

    プロテインと聞くと、「筋肉増強剤」などのイメージが強い方もいらっしゃると思いますが、ビタミンやミネラ…
ページ上部へ戻る