病原菌などの非自己物質を認識し、排除する生体防衛機構のこと。情報伝達を用いて、細胞・組織・器官が複雑に連携している。

まれに、免疫制御機構の異常から自己成分に対しても免疫が発動されることもあり、自己免疫疾患という。抗体による免疫応答が過敏に働き、逆に不利益をもたらした場合を、アレルギーという。

免疫を成立させる原因となる刺激を「抗原」と称し、体内に生産されて抗原に対する物質を「抗体」と呼び=これを抗原抗体反応という。
胸管やリンパ節の輸出リンパ管内のリンパは免疫担当細胞である多数のリンパ球を含んでおり、全身をめぐって、局所の臓器に置ける免疫反応に働いている。

免疫系の細胞は身体中の血液やリンパ液、結合組織など、様々な組織や期間中に存在している。

免疫組織にはリンパ球を中心とした胸腺やリンパ節、脾臓、骨髄などがあり、リンパ球を産生し、分化・成熟させる機能を持つことから中枢性リンパ器官と呼ばれ、一方、リンパ節や脾臓、消化器、呼吸器の粘膜に付属したリンパ組織(へんとうや虫垂、パイエル板)などは末梢性リンパ器官と呼ばれる。

リンパ組織は体内における警備質なようなところであり、細菌や異物などの抗原が入ってくると、まず警備員として最前線で働くマクロファージがそれらを取り込み、その情報がリンパ球に伝えられることとなる。

細胞に取り込まれた抗原はリンパ管中のリンパ液の流れに乗り、リンパ節へ運ばれる。そして、リンパ節で抗原-抗体反応を起こし、特異的な抗体が産生される。
抗原がどんどん増えてリンパ節内のリンパ球などを攻撃すると、今度はリンパ節内の免疫担当細胞が分裂・増殖しリンパ節が肥大していくこととなる。

このとき、リンパ節の腫れに伴って痛みや発熱が起こる。(リンパ節炎)

風邪やのどの病気ではこのリンパ節の腫れが確認できる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-27

    脂肪の働きを考える!

    それは人類の歴史をさかのぼること数百万年、人類が原始時代を生き抜いていた頃からの話になります。そ…
  2. 2015-3-24

    運動前後の栄養補給

    今日は、運動前後の栄養補給について書いていきます。先日、お客様より「運動した後はどんな食事が…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-10

    神経・筋に対するトレーニングの効果

    トレーニングで用いる負荷の大きさや、動作様式に応じて神経や筋肉にさまざまな適応を引き起こします。…
  5. 2016-12-26

    動きづくりのトレーニング

    スポーツにおいて、よりうまくなる為に様々な努力を行うと思います。例えば、野球をうまくなるために何…
ページ上部へ戻る