筋痛には、運動に伴う筋痛や、反射性筋収縮による筋痛、筋筋膜性疼痛症候群、線維性筋痛症候群、緊張による頭痛・頸部痛。背部痛、筋の弱化や硬直で筋不全に陥った筋に過剰な負荷が加わったり、硬い筋が過剰に伸長された場合の痛みなどがあります。

国際疼痛学会は、これらを全般的な筋膜症候群としての疾病として考えて、原発性線維性筋痛症候群、筋筋膜性疼痛症候群、顎関節痛機能異常症候群の3つにまとめています。

筋筋膜性疼痛症候群と線維性筋痛症候群の類似点は、筋の疼痛、ROMの減少・姿勢負荷です。

一方、相違点は筋筋膜性疼痛症候群には筋のトリガーポイント・関連痛パターン・筋の帯状硬結があるのに対して、線維性筋痛症候群には、圧痛点・睡眠障害・睡眠障害・疲労があるが関連痛パターンがない点があります。

痛みの発現筋は、筋内に限局した硬い部位があり、この部位に痛覚過敏を伴うことを特徴とします。

この痛覚過敏部位を指などで機械的に圧迫刺激すると、遠隔部や深部に痛みや筋が引きつる異常感覚を発するので、この痛覚過敏部位をトリガーポイントが原因となって痛みを生じさせるものを筋筋膜性疼痛症候群といいます。

筋筋膜性疼痛症候群が起きる最も多い原因は、骨格筋に対する過負荷や過剰疲労で、神経根病もその原因になり、ストレスなどの中枢神経系からの影響や、心臓・胆嚢の疾患などに併発することもあります。

線維性筋痛症候群は、筋筋膜性疼痛症候群と似て非なるもので、結合組織炎やびまん性筋筋膜痛症候群とも呼ばれ、骨格筋全体と軟部組織の広範囲に分布する慢性の痛みで特徴付けられます。

線維性筋痛症候群は、40〜60歳代の女性に多く、自律神経障害はありませんが、倦怠感が著明で、こわばりも全身性にみられ、対称性の広範囲の圧痛点があります。

線維性筋痛症候群は筋筋膜性疼痛症候群に移行し得ることもあり、またその逆も、両者が存在する場合もあります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-1-2

    嚢胞性病変であるガングリオン

    手関節の周囲に好発する嚢胞性病変であるガングリオンというものをご存知ですか?ガングリオンは、関節…
  2. 2015-7-4

    免疫システムの防衛基地「リンパ節」とT細胞

    T細胞がリンパ節の中で病原体をみつけだして活性化すると、T細胞はパトロール経路を修正する。このパ…
  3. 2015-9-9

    筋の緊張の調整

    筋緊張とは、広義には安静時における筋の活動状態を示すとともに、運動時の筋活動によって筋張力が発生し、…
  4. 2015-5-17

    体温と代謝

    私たちの体温は通常37℃前後に一定に保たれています。これを内温性といいます。これに対…
  5. 2016-12-22

    より大きなパワーを引き出すプライオメトリックス

    陸上の短距離や、様々な球技など多くのスポーツで瞬発的な動作が常に要求される。それらの動作は「伸張…
ページ上部へ戻る