活性酸素と筋ミトコンドリア

運動により、身体の酸素消費量は10〜40倍に、骨格筋では100〜200倍に増加すると言われ、一過性の激しい運動に伴い、筋ミトコンドリアでの酸素消費量の増加と活性酸素の生成率も増大し、骨格筋細胞の障害を引き起こす要因と考えられています。

運動により誘導される活性酸素の産生機序には、2つの機構が考えられています。

1つには、運動中のミトコンドリアからの活性酸素の産生増加によるものです。

もう1つは、虚血後の血流の再灌流によるものです。

激しい運動中の骨格筋は、代謝が盛んなために、運動後に生じる血流の再灌流により、虚血に陥った筋組織へ酸素流入がぞうかし、結果的に活性酸素が増加します。

ミトコンドリアDNAは増加した活性酸素種の曝露を直接受けやすい状況にあります。

これは、過用がそれに対応しているものと考えられ、急激で過度な運動はリスクをはらんでいると言えます。

しかし、最近では廃用でも酸化ストレスが増加するという報告が出ています。

2週間以上の後肢懸垂によるラットヒラメ筋の廃用後の変化をみると、廃用筋のミトコンドリアの多くは縮小し、濃縮傾向ですが、逆に膨大または液胞化を示したものもみられ、Z線の周辺はアクチンフィラメントの融解消失もみられました。

一方で、廃用2週間後に自然回復2週間を経過した筋では、ミトコンドリアDNAの変異はなく、回復傾向にありました。

しかし、アクチンフィラメントの融解・断裂をむしろ著明となり、より悪化していることが確認できます。

また、廃用による酸化ストレスの影響として、血漿過酸化脂質濃度は通常よりも約3倍の上昇がみられたといいます。

廃用性筋萎縮の特徴には、筋湿重量の低下、SO、FOG線維のミトコンドリア容量の減少、酸化系酵素の活性低下、筋の太さの減少などがあります。

廃用時には、細胞質内にキサンチンオキシダーゼといわれる活性酸素の増加が報告されており、この反応は、筋ミトコンドリア内の活性酸素を中和するための抗酸化酵素の一つを減少させることも報告されています。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-6

    体を正しく動かすために

    トレーニングやスポーツ競技を行ううえで炎症が起こることがあります。野球でヒジや肩などの障害は…
  2. 2015-6-24

    興奮収縮連関と筋収縮メカニズム

    神経筋接合部の筋細胞膜側は終板とよばれ、ここには多数のニコチン性ACh受容体が存在しています。…
  3. 2015-1-24

    神経ヒスタミンを活性化させる。

    咀嚼によって脳内に放出されるヒスタミンは、睡眠ー覚醒サイクル調節機能に関与します。睡眠と覚醒…
  4. 2017-4-21

    クールダウンで体全体の負担を減らす

    筋トレを行いそのままクールダウンをせずに終わっていませんか?筋トレ終了後のクールダウンは大切…
  5. 2015-4-2

    筋のガーディングとは

    筋のガーディングとは、痛み刺激に反応する筋の持続的収縮であり、防御的に体が過度に動くのを防ぐためのサ…
ページ上部へ戻る