静的ストレッチングについて

ストレッチングは運動療法において実勢頻度の高い手技のひとつです。

ストレッチングにより得られる効果として、関節可動域の改善、筋萎縮の抑制、筋肥大、血液循環の促進、障害予防、筋疲労の回復、疼痛緩和、バランス能力向上などが挙げられます。

また、ストレッチングは神経筋伝達機能促進や筋力増強などのパフォーマンス効果があることも知られています。

しかし近年では静的ストレッチングが筋出力の低下やパフォーマンスの低下をもたらす、筋疲労の回復には働かないという報告もよくみられます。

静的ストレッチングをすることによる弾性エネルギーや筋の剛性、筋動員数の低下がその原因とされています。

とはいえ全く悪い報告ばかりではなく、例えば筋肥大に影響をおよぼすIGF-1(インスリン様成長因子)の増加をもたらすとされ、これを利用してレジスタンストレーニングのセット間に静的ストレッチを組み込むことで、筋肥大を亢進させるといったトレーニング法もあります。

この方法では、筋の機械的な伸張により血流制限を引き起こし、乳酸や水素イオン等の代謝産物を蓄積をもたらすことで、成長ホルモンの応答を働かせるといった狙いもあるようです。

また、リハビリテーションの領域では関節可動域訓練や反射や抑制など神経生理学的にアプローチするためにストレッチングが用いられています。

筋出力の低下というと良くないイメージがありますが、これは神経筋に対する鎮静作用が働くことによるもので、脊髄神経機構の抑制性反射が働くことや中枢性に筋緊張抑制メカニズムが働くことなどが明らかになっています。

また、静的ストレッチングにより副交感神経が優位に働くことが明らかになっており、就寝前などのストレッチングは入眠に対して優位に働くと考えられますし、運動終了後、クールダウンを終えた後のストレッチングも相応の効果が期待できます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-16

    食餌による体内時計のリセット

    近年、朝食の欠食や、夜食の摂食は、肥満になりやすいことが知られており、規制正しく朝食・昼食・夕食を摂…
  2. 2015-1-24

    高齢者の運動効果

    歳をとってからでも筋肉トレーニングをしたら効果は出るのでしょうか??高齢者でもしっかりと筋ト…
  3. 2017-5-20

    スポーツとパワー

    迫力のあるぶつかり合い、瞬間の素早い動き、力強い動作などをスポーツ場面で目の当たりにすると、パワー溢…
  4. 2015-2-2

    DHA(ドコサヘキサエン酸)

    近年、日本では、食生活の欧米化が進み生活習慣病が増加傾向にあります。以前は成人病と呼ばれた生…
  5. 2015-2-15

    サルコペニア対策は大丈夫?

    今日は加齢によって起こる「サルコペニア(加齢性筋萎縮症)」という問題について触れていきます。…
ページ上部へ戻る