集中練習と分散練習

ヒトは、何かを獲得するため、行動を変容させるために学習・練習をします。

ひとえに学習と言ってもその方法は人それぞれで、何が最も効率的か、効果的かは明確には分かりません。

また、学習の教材や難度、環境によっても大きく変わるものでしょう。

しかし、個人差を考えなければ、大方この方法が効果的だといえる練習法・学習法は存在します。

よく取り上げられるもので集中練習と分散練習があります。

集中練習とは、練習と練習、学習と学習の合間に休憩を入れず集中的に行う方法で、分散練習とは途中で休憩を挟む方法です。

これは分散練習が効率的だと考えられています。

物事を反復するとそれによって反応制止という反応を抑制する働きが生じます。

したがって、集中練習をすると次々と反応するため、反応制止が蓄積し、その結果学習効率を下げてしまいます。

また、反応制止は時間とともに減退していくため、休憩の間に反応制止は解消され、分散練習法では学習効率が高い状態で維持されます。

他にも全習法と分習法とがあり、こちらは一般的には全習法が効率的だと言われています。

ひとつのまとまりを最初から最後まで通して学習する方法を全習法、ひとつのまとまりをいくつかの部分に区切って学習する方法を分習法と言います。

全習法が効率的ではありますが、対象者の習熟度や課題の内容によって分習法が効率的である場合もあるようです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-21

    動きの大きさと発揮する力を左右する関節角度と可動域

    運動は、脳からの指令によって筋肉が収縮することによって骨が動かされ、関節の角度を変え起こるものです。…
  2. 2015-6-29

    筋タンパクの同化と異化について

    筋タンパクにおけるタンパク質の同化と異化のパランスは、筋力の維持、余剰になったエネルギーの貯蔵・管理…
  3. 2015-4-18

    さまざまな輸送の仕組み

    我々の体にはさまざまな輸送の仕組みが備わっている。消化管での栄養素の輸送、血管壁を通じた栄養…
  4. 2015-5-31

    α-γ連関とγループとは

    運動神経は、神経線維の太いα運動ニューロンと、神経線維の細いγ運動ニューロンからなります、脊…
  5. 2015-2-22

    運動をする時間帯とそのパフォーマンスについて

    運動を実施する時間帯とそのパフォーマンスには相関するものがあるでしょうか?被験者に1時間ごと…
ページ上部へ戻る