集中練習と分散練習

ヒトは、何かを獲得するため、行動を変容させるために学習・練習をします。

ひとえに学習と言ってもその方法は人それぞれで、何が最も効率的か、効果的かは明確には分かりません。

また、学習の教材や難度、環境によっても大きく変わるものでしょう。

しかし、個人差を考えなければ、大方この方法が効果的だといえる練習法・学習法は存在します。

よく取り上げられるもので集中練習と分散練習があります。

集中練習とは、練習と練習、学習と学習の合間に休憩を入れず集中的に行う方法で、分散練習とは途中で休憩を挟む方法です。

これは分散練習が効率的だと考えられています。

物事を反復するとそれによって反応制止という反応を抑制する働きが生じます。

したがって、集中練習をすると次々と反応するため、反応制止が蓄積し、その結果学習効率を下げてしまいます。

また、反応制止は時間とともに減退していくため、休憩の間に反応制止は解消され、分散練習法では学習効率が高い状態で維持されます。

他にも全習法と分習法とがあり、こちらは一般的には全習法が効率的だと言われています。

ひとつのまとまりを最初から最後まで通して学習する方法を全習法、ひとつのまとまりをいくつかの部分に区切って学習する方法を分習法と言います。

全習法が効率的ではありますが、対象者の習熟度や課題の内容によって分習法が効率的である場合もあるようです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-8-6

    抗原抗体反応と免疫系

    病原菌などの非自己物質を認識し、排除する生体防衛機構のこと。情報伝達を用いて、細胞・組織・器官が複雑…
  2. 2017-5-20

    スポーツとパワー

    迫力のあるぶつかり合い、瞬間の素早い動き、力強い動作などをスポーツ場面で目の当たりにすると、パワー溢…
  3. 2014-12-9

    スポーツ医学の起源を知る。

    どの分野でも常に新しい発見があるように、スポーツの世界でも、理論や科学、医学とさまざまな分野で進化を…
  4. 2017-3-28

    ウォーミングアップの理想

    ウォーミングアップに適した運動はいくつかありますが、有酸素運動が最適といわれています。特にエ…
  5. 2015-12-19

    視交叉上核と時差ボケの発生機序

    時差症候群あるいは時差ボケは、時差のある地域をジェット機で移動した際に生じる環境のリズムと体内のリズ…
ページ上部へ戻る