脊髄の外景を考える

脊髄( spinal cord )は脊柱管の中にあり、神経管の原型を残し、中枢神経系の中で最も原始的な構造物である。
脊髄は延髄に続いて錐体交叉の下端より始まり、脊髄円錐にて終わる。
脊髄円錐の下端は第1腰椎あるいは第2腰椎の高さに相当する。

脊髄の外景をみていくと、脊髄は円筒形ではなく、2ヵ所でふくらむ。
これを頚膨大と腰膨大という。
前者は第4頚髄より第1胸髄、後者は第12胸髄より第2仙髄に相当する。
これらの膨大部は、四肢の運動支配と知覚支配に多くのニューロンを必要とするために生じた。
故にヘビのように四肢が無い動物では脊髄はゴボウのような形態で膨大部はない。

脊髄の下端(第3仙髄以下)は円錐形となって終わる。これを脊髄円錐という。
脊髄円錐の下端より脊髄終糸が伸び、尾骨に終わる。
脊髄終糸にはニューロン成分は無くグリア組織のみからなる。

脊髄の前外側溝より出る神経線維を前根 (ventral roots) といい、後外側溝より出る神経線維を後根 (dorsal roots) という。
前根と後根は椎間孔で合して脊髄神経となる。
後根は前根と合する直前に脊髄神経節をもつ。
脊髄神経には次の31 対がある。

脊髄発生の初期には、脊髄と脊柱管の長さが等しく、各脊髄神経は同じ高さの椎間孔から出る。
発生が進むと、脊髄よりも脊柱管が長くなるので、脊髄の下端が相対的上昇する。
しかし脊髄神経の根と椎間孔との関係は変わらないので、上方の脊髄神経の根は比較的水平に走るが、下方の脊髄神経は脊柱管内を斜めに下行したのち、椎間孔から出ていく。
このため脊髄終糸を中心にして脊髄神経の根が「馬のしっぽ」あるいは「ほうき」のように配列する。
これを馬尾という。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-11

    顎関節ストレスと姿勢

    筋解剖学に基づくと、頭部の位置が下顎の安静位置に影響を及ぼすと考えることは容易なものです。た…
  2. 2015-3-23

    感覚としてのカラダ

    感覚器官は外界の情報をキャッチし、逃げる、捕まえるといった生存に必要な動きを能率よく実行するのに役立…
  3. 2017-2-2

    身体を自在にデザインする

    食事を減らし、がむしゃらに運動するだけで理想の身体を手に入れるのは非常に困難です。どこをシェ…
  4. 2017-3-18

    バランスエクササイズの効果

    バランス能力に影響を及ぼす因子として、下肢筋力、年齢、足関節や股関節の柔軟性などがあげられ、特に60…
  5. 2017-3-26

    筋トレにおける呼吸の重要性

    筋トレにおける呼吸の重要性は血圧と酸素の供給という2つの側面から理解することが大切になります。…
ページ上部へ戻る