咀嚼と脳と健康

咀嚼とは、噛む動作のことを言います。

咀嚼筋は咬筋、側頭筋、内外翼突筋からなり、顎関節に作用し、下顎骨の挙上および前後左右への移動に関与します。

これらの筋の働きによって、下顎骨の両側にある関節が左右対称性の運動をすることが出来ます。

咀嚼筋の名の通り、咀嚼に働く筋なのですが、運動だけでなく感覚に対しても強い関係性を持ち、精神的ストレスが咀嚼筋の活動を亢進させることが分かっています。

例えば、両側の側頭部や耳介部で激しい頭痛が起きた場合、側頭筋や咬筋がストレスによって無意識に収縮したことが原因かもしれません。

また、一次運動野や一次感覚野においてペンフィールドの小人でも分かるように咀嚼は広範囲にわたって大脳皮質を使用していることが分かります。

したがって、咀嚼機能の低下がひいては脳の機能の低下を招くことになり、学習能力、記憶能力といった認知機能の低下にも影響すると言います。

高齢者においては歯数が多く咀嚼機能が高いほど、長寿で健康寿命も長く、ADLやQOLも高い水準に保たれているとされています。

逆に残存数が少ないほど、認知症の重症度が増すとされ、義歯によって咀嚼機能や咬合の回復が得られるとその程度が下がるという報告もあります。

咀嚼はそれだけでリズミカルな運動となり、セロトニンや神経ヒスタミンの分泌が亢進し、ストレス抑制や代謝機能の亢進、肥満抑制などに働きます。

咀嚼とは最も身近にかつ効果的に行える運動ではないでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-10-7

    体脂肪量の調節「レプチン」

    レプチンというホルモンが、体脂肪量の調節において重要な役割を演じています。本来、レプチンは、食欲…
  2. 2015-8-6

    抗原抗体反応と免疫系

    病原菌などの非自己物質を認識し、排除する生体防衛機構のこと。情報伝達を用いて、細胞・組織・器官が複雑…
  3. 2017-3-21

    持続トレーニングとインターバルトレーニング

    中強度あるいはそれ以上の運動強度の運動を長時間持続いて行うものを、持続トレーニングといいます。…
  4. 2016-2-3

    高齢者の歩行と注意

    2つ以上の課題に対して注意を分割する能力は、多くの日常的活動を行っている最中に移動運動を行う場合に重…
  5. 2014-12-8

    老化を左右するテロメア

    昔から、老化の予防には運動といいます。実際に、習慣的に運動している方は、日常生活動作や身…
ページ上部へ戻る