人体組織は、みな一種の栄養液によって身体に必要な物を供給されている。
この栄養液は塩類・糖質および少量のタンパ性物質を含み組織液とも呼ばれる。
心臓から動脈血によって運ばれ毛細血管から出て組織内に入ったもので、その大部分は再び毛細血管に集められ、静脈血に混じて心臓に帰還される。
しかし、その小部分は組織内にとどまり、組織間隙を充たしかつ一種特別な脈管系によって心臓に向かって導かれる。
この系統をリンパ系という。

基本的には、下肢の一部を含め身体の下方部からのリンパは全て胸管に流入し、左内頚静脈と左鎖骨下静脈の合流部分で静脈系に入る。
頭部の左半分、左腕及び左胸部からのリンパも胸管に入ってから静脈系に流入する。
右側の頚部と頭部、右腕と右胸部からのリンパは、右リンパ本管に入り、右鎖骨下静脈と右内頚静脈の合流部に流入する。

リンパ系を介して血液系に戻る液体は少量であるが、大変重要である。
その理由は、タンパクのような高分子量の物質は静脈性毛細血管の膜を容易に通過できないが、リンパ毛細管の縁と隣の細胞の縁は重なり合っている特殊な構造になっているため、その重なり合った細胞縁から自由にリンパ管内に流入するからである。

リンパ管のところどころにはリンパ節という ろ過装置があって、細菌などの有害物質をろ過して無害化する。つまりリンパ管というのは、浄化槽付きの排水パイプみたいなものである。リンパ管は左右の鎖骨のあたりの太い静脈に合流し、心臓へと流れ込む。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-17

    細胞膜の流動モザイクモデル

    細胞膜は親水性の頭と疎水性の尾からなる両親媒性のリン脂質の二重層からなっています。その両親媒…
  2. 2017-2-8

    筋力トレーニングと生活サイクル

    自分の理想の体を手に入れるため、パフォーマンスを上げるために筋力トレーニングを行いますが、1日のどの…
  3. 2015-11-25

    ラベンダーによるアロマテラピーについて

    アロマテラピーは芳香療法とも呼ばれ、1920年代にフランスの調香師ガットフォッセが作ったとされていま…
  4. 2015-5-24

    栄養や日光と関わる障害「くる病」とは

    栄養と健康は大きく関係し合っています。栄養不足だから体調が悪くなる、といったようなものだけで…
  5. 2015-3-6

    尿による水分量の調節

    1日に尿をする回数は、成人で平均4~6回、その量は1日で約1.5リットルになるといわれています。…
ページ上部へ戻る