人体組織は、みな一種の栄養液によって身体に必要な物を供給されている。
この栄養液は塩類・糖質および少量のタンパ性物質を含み組織液とも呼ばれる。
心臓から動脈血によって運ばれ毛細血管から出て組織内に入ったもので、その大部分は再び毛細血管に集められ、静脈血に混じて心臓に帰還される。
しかし、その小部分は組織内にとどまり、組織間隙を充たしかつ一種特別な脈管系によって心臓に向かって導かれる。
この系統をリンパ系という。

基本的には、下肢の一部を含め身体の下方部からのリンパは全て胸管に流入し、左内頚静脈と左鎖骨下静脈の合流部分で静脈系に入る。
頭部の左半分、左腕及び左胸部からのリンパも胸管に入ってから静脈系に流入する。
右側の頚部と頭部、右腕と右胸部からのリンパは、右リンパ本管に入り、右鎖骨下静脈と右内頚静脈の合流部に流入する。

リンパ系を介して血液系に戻る液体は少量であるが、大変重要である。
その理由は、タンパクのような高分子量の物質は静脈性毛細血管の膜を容易に通過できないが、リンパ毛細管の縁と隣の細胞の縁は重なり合っている特殊な構造になっているため、その重なり合った細胞縁から自由にリンパ管内に流入するからである。

リンパ管のところどころにはリンパ節という ろ過装置があって、細菌などの有害物質をろ過して無害化する。つまりリンパ管というのは、浄化槽付きの排水パイプみたいなものである。リンパ管は左右の鎖骨のあたりの太い静脈に合流し、心臓へと流れ込む。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-9-27

    運動中の水分摂取について「いったい何を飲むべきか」

    「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…
  2. 2017-1-29

    筋線維の損傷と再生

    筋肉は筋トレで一度壊し、回復させると強くなると言われています。ただし、けがや壊れたというより…
  3. 2017-3-18

    バランスエクササイズの効果

    バランス能力に影響を及ぼす因子として、下肢筋力、年齢、足関節や股関節の柔軟性などがあげられ、特に60…
  4. 2015-9-4

    作業能率的・美学的視点から考える姿勢

    姿勢の良し悪しは、どのような視点でみるのかによって異なります。作業能率と美学的な視点からもみ…
  5. 2015-5-29

    インスリン分泌促進因子インクレチンと肥満の関係

    インクレチンとは消化管ホルモンであるGIPとGLP-1の総称です。これらは食事摂取に伴い効率…
ページ上部へ戻る