動眼筋のトレーニングをして視力UP!

眼球の動きをつかさどるのは6本の筋肉です。眼球は上下、左右、斜めに自由自在に動かすことができますが、その眼球を動かしているのが6本の外眼筋です。

上直筋、下直筋、内直筋、外直筋の4つの直筋と、上斜筋、下斜筋の2つの斜筋が目の動きを操っています。

実際には6つの筋肉が協力して目をスムーズに動かしているわけです。これらの眼筋の機能低下は、視力低下の一因になります。

6つの筋肉をバランス良く鍛える必要があります。眼筋のバランスが悪いと乱視を悪化させたり、眼精疲労の原因になります。

かんたんなトレーニングだと、顔は正面を向けたまま動かさず1~2秒間隔で目だけを動かしていきます。
下の図を参考にしてやってみてください。
まずは、真ん中・右・真ん中・左・真ん中・上・真ん中・下・真ん中・右斜め上・真ん中・左斜め下・真ん中・左斜め上・真ん中・右斜め下の順に3分間位繰り返します。

動眼筋のトレーニングは視力アップだけでなく、動体視力や眺視力を上げてくれます。

外眼筋の筋肉1つ1つの線維の太さは5~30マイクロメートルで、足や手の筋肉の線維が50マイクロメートル以上であるのに対し非常に細いのです。

これらの筋肉を支配する神経は3種類(動眼神経、滑車神経、外転神経)で、合計12本しかない脳神経のうち3本までが眼球運動に関与しています。

さらに1つの神経の末端が支配する筋肉の範囲も小さく、外眼筋はその特徴として、神経支配が豊富で極めて密に支配されています。

このようにして制御された眼球は、人間の体の動きのなかで最も繊細な動きが可能であるのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-23

    呼吸と呼吸中枢と反射

    ヒトは、空気を肺に吸い込んで、その中に約20%含まれている酸素を血液中に取り込み、体内でのATP産生…
  2. 2017-1-7

    筋肉による能動的システムにアプローチする

    正しい動作を行うためには、体幹部の教育と機能を高めることが必要になります。この体幹部を安定さ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2015-6-24

    興奮収縮連関と筋収縮メカニズム

    神経筋接合部の筋細胞膜側は終板とよばれ、ここには多数のニコチン性ACh受容体が存在しています。…
  5. 2014-9-27

    驚くべき脂肪細胞の能力

    脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。それゆえに現代人にあ…
ページ上部へ戻る