滑液は滑膜関節のほか、滑液包や腱鞘に存在します。
滑膜関節における滑液は透明、もしくは淡い黄色で粘性があり、安静時には多少アルカリ性を示します。
この滑液は、関節腔を満たしており、その量はそれぞれの関節や人種によって異なるといわれています。
特に人間の関節では滑液の量が少なく、膝関節で平均1.1mlほどしかないといわれています。

滑液は滑膜内脈絡叢から濾過された血漿成分とB型滑膜細胞が産出したムチン(ヒアルロン酸-タンパク質複合体)が合わさった液体で、その特徴は粘性と弾性をもつことです。
この特徴的な粘性はヒアルロン酸の性質そのものであり、剪断速度が上がるとその粘度を減じ、剪断速度が下がると高い粘性を示すという性質をもちます。
この結果、ゆっくりとした動きでは非常に強い膜面を作ることで重力に耐えうる許容力が最大となります。
しかしながら、関節炎をきたした関節における滑液ではこういった特徴は一様に低下してしまいます。
粘性は希釈度の変化にも敏感で、温度やphの上昇でも低下します。
また弾性は速度がが上がると増加しますが、これはヒアルロン酸分子の鎖状重合体という構造特性によってもたらされるものであると考えられています。

滑液の機能には、①関節表面にph変動の少ない水分環境を供給すること、②関節軟骨や半月などへの栄養供給と代謝産物および摩擦で発生する熱の搬出、③潤滑剤としての役割、④細胞侵食の修復、などの役割を担っています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-28

    大脳皮質運動関連領野と歩行

    歩行運動を含めた運動の発現・実行とのかかわりで重要なのは前頭葉です。このことは19世紀後半に…
  2. 2016-1-6

    持続的な伸張に対する筋の適応

    伸張は筋に対して大きな適応を起こす手段のひとつです。その伸張を持続的、慢性的に起こすと果たし…
  3. 2015-1-31

    違和感を考える。

    身体を動かす際に、痛くはないけれど普通ではない状態のときなどに感じる『違和感』。この『違…
  4. 2016-1-8

    筋の粘弾性性質と収縮活動

    筋緊張(トーン【tone】)、もしくは筋張力(テンション【tension】)は生理学的に2つの因子に…
  5. 2015-7-1

    年齢によって起こる知能形態の変化

    知能は「思考能力の個人差」を表現しているものになります。では思考はなにかと言うと、知覚された…
ページ上部へ戻る