第Ⅰ〜Ⅵ脳神経について

脳神経は脳から出る末梢神経で12対あり、感覚性、運動性、混合性のものとがあります。

第Ⅰ脳神経は嗅神経で、大脳半球に神経核が起こります。

嗅覚の伝導をなし、鼻の鼻粘膜に分布する感覚神経になります。

その障害により同側の嗅覚が消失します。

第Ⅱ脳神経は視神経で、網膜の視覚を脳に導く道です。

脳底の視交叉から起こり、前外側に走って視神経孔から眼窩に入り、眼球の後極近くで強膜を貫きます。

大脳半球に神経核が起こり、視覚の伝導を担い、網膜に分布する感覚神経です。

第Ⅲ脳神経は動眼神経で、運動性と副交感神経性の働きを持ちます。

その名の通り、大部分の眼筋と上眼瞼挙筋に分布する神経で、上眼瞼挙筋、上直筋、内側直筋、下直筋、下斜筋に分布します。

中脳に神経核が起こり、運動性は上眼瞼の挙上や眼球の内外転・上下転運動、副交感神経性に瞳孔収縮・水晶体の厚さ調節を担う神経です。

その障害により眼瞼下垂や散瞳など動眼神経麻痺が起こります。

第Ⅳ脳神経は滑車神経で、動眼神経同様に眼筋の運動に関与しています。

中脳に神経核が起こり、上斜筋を支配し、眼球の外転・下転運動を担う運動神経です。

頭部障害で最も障害を受けやすく、複視などが起こります。

障害は、片眼または両眼に影響が出ます。

影響が出た側の眼は内側と下側に動かないため、片方の像がもう片方の像より少しだけ上と横にずれて見えます。

第Ⅴ脳神経は三叉神経で、脳神経で最も大きく、混合性です。

三叉の名の通り、眼神経・上顎神経・下顎神経の三枝に分かれます。

眼神経と上顎神経が感覚性、下顎神経が混合性です。

運動根、感覚根ともに橋に神経核が起こり、感覚性で顔面と前頭部の皮膚感覚、鼻腔口腔粘膜の感覚の伝導、運動性で咀嚼筋の運動を担います。

その障害により半側感覚の消失、角膜反射の消失などが起こります。

第Ⅵ脳神経は外転神経で、動眼神経、滑車神経と姉妹関係にあり、眼球の運動に関与しています。

橋に神経核が起こり、外側直筋を支配し、眼球の外転運動を担う運動神経です。

その障害により、内斜視、水平性斜視などが起こります。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  2. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  3. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  4. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…
  5. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-9

    スポーツ医学の起源を知る。

    どの分野でも常に新しい発見があるように、スポーツの世界でも、理論や科学、医学とさまざまな分野で進化を…
  2. 2015-1-25

    人間が人間らしく生きるための装置「前頭葉」

    脳の中でも前頭葉は意欲や意思決定、行動に対する抑制といった人間が人間らしく生きるための機能が詰まって…
  3. 2015-8-9

    300億個もの脂肪細胞とエネルギー恒常性

    脂肪細胞は脂肪組織の主要な構成細胞であり、エネルギーを細胞内に中性脂肪として蓄積しています。過剰…
  4. 2015-7-16

    コリン作動性ニューロン

    アセチルコリン acetylcholine (Ach) を神経伝達物質とするニューロンをコリン作動性…
  5. 2015-10-17

    ポッピングサルコメア仮説とは

    オーストラリアの電気技師David Morganは、遠心性収縮に伴う筋損傷について、損傷をもたらすの…
ページ上部へ戻る