第Ⅰ〜Ⅵ脳神経について

脳神経は脳から出る末梢神経で12対あり、感覚性、運動性、混合性のものとがあります。

第Ⅰ脳神経は嗅神経で、大脳半球に神経核が起こります。

嗅覚の伝導をなし、鼻の鼻粘膜に分布する感覚神経になります。

その障害により同側の嗅覚が消失します。

第Ⅱ脳神経は視神経で、網膜の視覚を脳に導く道です。

脳底の視交叉から起こり、前外側に走って視神経孔から眼窩に入り、眼球の後極近くで強膜を貫きます。

大脳半球に神経核が起こり、視覚の伝導を担い、網膜に分布する感覚神経です。

第Ⅲ脳神経は動眼神経で、運動性と副交感神経性の働きを持ちます。

その名の通り、大部分の眼筋と上眼瞼挙筋に分布する神経で、上眼瞼挙筋、上直筋、内側直筋、下直筋、下斜筋に分布します。

中脳に神経核が起こり、運動性は上眼瞼の挙上や眼球の内外転・上下転運動、副交感神経性に瞳孔収縮・水晶体の厚さ調節を担う神経です。

その障害により眼瞼下垂や散瞳など動眼神経麻痺が起こります。

第Ⅳ脳神経は滑車神経で、動眼神経同様に眼筋の運動に関与しています。

中脳に神経核が起こり、上斜筋を支配し、眼球の外転・下転運動を担う運動神経です。

頭部障害で最も障害を受けやすく、複視などが起こります。

障害は、片眼または両眼に影響が出ます。

影響が出た側の眼は内側と下側に動かないため、片方の像がもう片方の像より少しだけ上と横にずれて見えます。

第Ⅴ脳神経は三叉神経で、脳神経で最も大きく、混合性です。

三叉の名の通り、眼神経・上顎神経・下顎神経の三枝に分かれます。

眼神経と上顎神経が感覚性、下顎神経が混合性です。

運動根、感覚根ともに橋に神経核が起こり、感覚性で顔面と前頭部の皮膚感覚、鼻腔口腔粘膜の感覚の伝導、運動性で咀嚼筋の運動を担います。

その障害により半側感覚の消失、角膜反射の消失などが起こります。

第Ⅵ脳神経は外転神経で、動眼神経、滑車神経と姉妹関係にあり、眼球の運動に関与しています。

橋に神経核が起こり、外側直筋を支配し、眼球の外転運動を担う運動神経です。

その障害により、内斜視、水平性斜視などが起こります。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-6

    タメになる「豆」知識

    体型を気にしている女性やダイエットをしている女性は「ナッツ(豆)は美容効果やダイエットに良い」と聞い…
  2. 2015-10-11

    腱断裂

    腱は骨格筋と骨を結び付けている強靭な結合組織で、筋収縮によって得られたエネルギーは腱によって骨に伝え…
  3. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  4. 2015-1-30

    トリガーポイントという概念

    日常生活を送っていると、特に何かをしたわけじゃないのに体が痛い、調子がよくない、というようなことがよ…
  5. 2015-7-27

    脊髄の外景を考える

    脊髄( spinal cord )は脊柱管の中にあり、神経管の原型を残し、中枢神経系の中で最も原始的…
ページ上部へ戻る