第Ⅰ〜Ⅵ脳神経について

脳神経は脳から出る末梢神経で12対あり、感覚性、運動性、混合性のものとがあります。

第Ⅰ脳神経は嗅神経で、大脳半球に神経核が起こります。

嗅覚の伝導をなし、鼻の鼻粘膜に分布する感覚神経になります。

その障害により同側の嗅覚が消失します。

第Ⅱ脳神経は視神経で、網膜の視覚を脳に導く道です。

脳底の視交叉から起こり、前外側に走って視神経孔から眼窩に入り、眼球の後極近くで強膜を貫きます。

大脳半球に神経核が起こり、視覚の伝導を担い、網膜に分布する感覚神経です。

第Ⅲ脳神経は動眼神経で、運動性と副交感神経性の働きを持ちます。

その名の通り、大部分の眼筋と上眼瞼挙筋に分布する神経で、上眼瞼挙筋、上直筋、内側直筋、下直筋、下斜筋に分布します。

中脳に神経核が起こり、運動性は上眼瞼の挙上や眼球の内外転・上下転運動、副交感神経性に瞳孔収縮・水晶体の厚さ調節を担う神経です。

その障害により眼瞼下垂や散瞳など動眼神経麻痺が起こります。

第Ⅳ脳神経は滑車神経で、動眼神経同様に眼筋の運動に関与しています。

中脳に神経核が起こり、上斜筋を支配し、眼球の外転・下転運動を担う運動神経です。

頭部障害で最も障害を受けやすく、複視などが起こります。

障害は、片眼または両眼に影響が出ます。

影響が出た側の眼は内側と下側に動かないため、片方の像がもう片方の像より少しだけ上と横にずれて見えます。

第Ⅴ脳神経は三叉神経で、脳神経で最も大きく、混合性です。

三叉の名の通り、眼神経・上顎神経・下顎神経の三枝に分かれます。

眼神経と上顎神経が感覚性、下顎神経が混合性です。

運動根、感覚根ともに橋に神経核が起こり、感覚性で顔面と前頭部の皮膚感覚、鼻腔口腔粘膜の感覚の伝導、運動性で咀嚼筋の運動を担います。

その障害により半側感覚の消失、角膜反射の消失などが起こります。

第Ⅵ脳神経は外転神経で、動眼神経、滑車神経と姉妹関係にあり、眼球の運動に関与しています。

橋に神経核が起こり、外側直筋を支配し、眼球の外転運動を担う運動神経です。

その障害により、内斜視、水平性斜視などが起こります。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-4-8

    習熟が必要なフリーウエイト

    フリーウエイトは、ウエイトの動きをコントロールしなければならず、また体を安定させつつ力を発揮する必要…
  2. 2015-4-30

    呼吸時における肋骨の動き

    肋骨は12対の弓形を呈する平たい骨で構成され、後方は胸椎につながり、前方は浮遊肋を除き、胸骨に直接又…
  3. 2015-8-24

    記憶とシナプス可塑性

    ヒトの脳のニューロンは1000億以上あるとされています。そのそれぞれが数千から数万のシナプス…
  4. 2017-1-18

    運動頻度

    運動頻度とは、週当たり、1日あたりのトレーニング回数のことです。運動頻度は、運動強度と運動時…
  5. 2015-10-7

    グリア細胞について考える

    脳の神経系を組織学的にみると、一定の排列と連結をなすニューロンとその周囲を取り巻くグリア細胞からなり…
ページ上部へ戻る