体性感覚と臓性感覚

受容器 (receptors)は外部環境、あるいは内部環境の情報を受容する装置のことをいう。
存在する部分により大きく3つに分けられる。

①外受容器 exteroceptors:外部環境から刺激を受容して興奮する受容器を外受容器という。
皮膚のさまざまな感覚受容器(マイスナー小体、ファーター・パチーニ小体、ルフィニ小体、クラウゼ終棍、自由神経終末など)は皮膚に対する物理的刺激、例えば触ったり、振動させたり、つねったり、熱いものや冷たいものをおしつけるなどの物理的刺激を受容して興奮する。
網膜受容器(杵状体と錐状体)は光刺激を受容して興奮する。
側頭骨内部にあるコルチ器は空気の振動(音)を受容して興奮する。
側頭骨内部にある三半規管の膨大部稜や球形嚢斑、卵形嚢斑などは頭部の位置変化や加速度を受容して興奮する。

②固有受容器 proprioceptors:運動器、すなわち筋・腱・関節包などの伸展を受容して興奮する受容器で、それぞれ筋紡錘、ゴルジ腱器官、関節包の自由神経終末である。

③内受容器 interoceptors:内臓の粘膜上に与えられた刺激を受容して興奮する。

① と②を合わせて体性感覚、③を臓性感覚ともいう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-4-3

    プロテイン効果のあるトレーニング後と睡眠中

    プロテインは、日常の食事では摂りづらいタンパク質の補給に加え、摂るタイミングで威力を発揮してくれるあ…
  2. 2016-1-8

    筋の粘弾性性質と収縮活動

    筋緊張(トーン【tone】)、もしくは筋張力(テンション【tension】)は生理学的に2つの因子に…
  3. 2015-5-31

    α-γ連関とγループとは

    運動神経は、神経線維の太いα運動ニューロンと、神経線維の細いγ運動ニューロンからなります、脊…
  4. 2017-4-2

    筋トレをすると太りにくくなる

    仕事や運動で活発に動いているならともかく、家でゴロゴロしていてもお腹がすきます。特に運動して…
  5. 2015-5-19

    血液脳関門と脳の栄養

    脳の血管には「血液脳関門」といわれる構造があり、血中のタンパク質やその他の物質が脳の中に侵入できない…
ページ上部へ戻る