コリン作動性ニューロン

アセチルコリン acetylcholine (Ach) を神経伝達物質とするニューロンをコリン作動性ニューロンという。
アセチルコリンは最初に見つかった神経伝達物質である。

アセチルコリン合成酵素のコリン-O- アセチルトランスフェラーゼ (choline O-acetyltransferase: 略号 ChAT) は、アセチル CoA とコリンよりアセチルコリンと補酵素A (coenzyme A; CoA ) を生成する。

反応を触媒する酵素で、コリン作動性ニューロンに特異的に存在する。

したがって ChAT に対する抗体を用いた免疫組織化学によりコリン作動性ニューロンを選択的に染色することができる。
コリン作動性ニューロンとして重要なのは以下の通りである
①基底核- 皮質コリン作動系:マイネルト基底核(Ch4)からの線維は前頭葉や頭頂葉に広く分布する。アルツハイマー病では、マイネルト基底核におけるChAT活性が正常脳に比較して低下 、同核のニューロン数が減少するため、アルツハイマー病や痴呆との関連でマイネルト基底核のコリン作動性ニューロンは注目されている。

② 中隔海馬コリン作動系:内側中隔核(Ch1)からの線維は脳弓を経て海馬に至る。
③手綱核脚間核コリン作動系:内側手綱核(Ch7) からの線維はマイネルトの反屈束(手綱核脚間核路)を経て、中脳脚間核に至る。
④運動性脳神経核:運動性脳神経核(GSE, SVE, GVE) はいずれもコリン作動性である。

当然、脊髄前角運動ニューロン GSE や脊髄の自律神経節前ニューロン GVE もコリン作動性である。
脳におけるコリン作動性ニューロンはCh1からCh8までの8つの集団に分類される。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  2. 2015-7-19

    第Ⅰ〜Ⅵ脳神経について

    脳神経は脳から出る末梢神経で12対あり、感覚性、運動性、混合性のものとがあります。第Ⅰ脳神経…
  3. 2016-5-23

    距骨下関節の適合と不適合

    距骨下関節には関節の適合肢位が1つだけ存在します。それは中間位で、このとき足部は距骨に対し真…
  4. 2015-3-20

    身体を動かすテレビゲームって運動になるんですか?

    身体を動かすテレビゲームは今やたくさんありますが、果たしてそれが運動効果をもたらすものなのでしょうか…
  5. 2015-12-16

    筋膜について考える。

    筋膜とは、全身の筋のほか、骨や心臓、脳などの臓器をすべて包み込んでいる膜のことで、全身をくまなく覆っ…
ページ上部へ戻る