コリン作動性ニューロン

アセチルコリン acetylcholine (Ach) を神経伝達物質とするニューロンをコリン作動性ニューロンという。
アセチルコリンは最初に見つかった神経伝達物質である。

アセチルコリン合成酵素のコリン-O- アセチルトランスフェラーゼ (choline O-acetyltransferase: 略号 ChAT) は、アセチル CoA とコリンよりアセチルコリンと補酵素A (coenzyme A; CoA ) を生成する。

反応を触媒する酵素で、コリン作動性ニューロンに特異的に存在する。

したがって ChAT に対する抗体を用いた免疫組織化学によりコリン作動性ニューロンを選択的に染色することができる。
コリン作動性ニューロンとして重要なのは以下の通りである
①基底核- 皮質コリン作動系:マイネルト基底核(Ch4)からの線維は前頭葉や頭頂葉に広く分布する。アルツハイマー病では、マイネルト基底核におけるChAT活性が正常脳に比較して低下 、同核のニューロン数が減少するため、アルツハイマー病や痴呆との関連でマイネルト基底核のコリン作動性ニューロンは注目されている。

② 中隔海馬コリン作動系:内側中隔核(Ch1)からの線維は脳弓を経て海馬に至る。
③手綱核脚間核コリン作動系:内側手綱核(Ch7) からの線維はマイネルトの反屈束(手綱核脚間核路)を経て、中脳脚間核に至る。
④運動性脳神経核:運動性脳神経核(GSE, SVE, GVE) はいずれもコリン作動性である。

当然、脊髄前角運動ニューロン GSE や脊髄の自律神経節前ニューロン GVE もコリン作動性である。
脳におけるコリン作動性ニューロンはCh1からCh8までの8つの集団に分類される。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-1

    レム睡眠のレムってなんですか?

    ヒトは一生の約3分の1を睡眠に費やしています。その時間が無駄なように感じることもあるでしょう…
  2. 2015-6-22

    リクルートメントとレートコーディング

    筋肉の収縮は興奮収縮連関によって生じ、運動単位は筋収縮の基本単位となります。ある特定の筋の収縮力…
  3. 2015-9-1

    運動学習における感覚系の役割

    箸を巧みに使うためには、視覚運動協応が重要であり、ピアノ演奏には、聴覚フィードバックが必要になります…
  4. 2014-12-4

    エネルギーを出し入れするホルモン

    ヒトのカラダは寝ても覚めても常にエネルギーを消費し続けています。だから、エネルギー源となるぶどう…
  5. 2015-5-24

    栄養や日光と関わる障害「くる病」とは

    栄養と健康は大きく関係し合っています。栄養不足だから体調が悪くなる、といったようなものだけで…
ページ上部へ戻る