そもそも肌荒れというのはどういう状態のことをいうのでしょうでしょう?

角質層の水分が保たれず、肌が乾燥していると、表皮層細胞の角化のスピードが速くなります。

すると、NMF(天然保湿成分)をつくったりする約4週間の過程が一つ一つきちんと行われなくなっています。

そうなると角化も不完全になり、バリア機能が低下し、潤いをうしなって、やがてひび割れを生じることになります。

肌荒れなど皮膚のトラブルの多くは角質層の水分をうまくコントロール出来ないために起こることが多いですが、アミノ酸は角質層の水分を保つために重要な役割を担っています。

アミノ酸は、主に血液循環によって全身の細胞に供給されます。

しかし、皮膚については真皮層までしか毛細血管が通っていないので、アミノ酸は真皮層を経由して表皮細胞に供給されることになります。

表皮細胞が死んで角質層細胞になる時は、細胞内のタンパク質が分解してアミノ酸になり、角質層に供給されます。

肌荒れしやすい人は、角質層のアミノ酸が不足していることが原因となりやすく、アミノ酸不足によって水分を保つことができなくなり悪化します。

データ上では、アトピー性皮膚炎や花粉症に人も角質層のアミノ酸が少ないというデータも有ります。

角質層のNMFの主成分は、各種アミノ酸とピロリドンカルボン酸(PCA)です。

これらは、角質層の底部でフィラグリンというタンパク質が酵素よって分解されることでつくりだされます。

PCAはグルタミン酸からつくられる代謝産物で、非常に高い保湿作用があります。

また、NMFに含まれるプロリンというアミノ酸は、乾燥状態での保水力がアミノ酸の中で最も高く、PCAとの組み合わせによって、相乗的に保湿性が高まります。

そのため、アミノ酸を配合したクリームなどを塗ると、角質層のしなやかさと水分を取り戻します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-4-28

    エコノミークラス症候群を考える

    エコノミークラス症候群とは、循環障害のひとつで、深部静脈血栓症や塞栓症などの疾患概念となります。…
  2. 2014-11-21

    肩関節の評価の考え方

    肩関節は関節複合体とも呼ばれているように腕の動きは複数の関節で動き、1つの関節だけで動くものではない…
  3. 2014-11-21

    筋繊維特性と筋肥大の関係

    筋トレをしているけど「筋肉が太くならない」と悩んでいる男性は多いのではないでしょうか?筋肉を…
  4. 2015-2-16

    運動の「向き」「不向き」は遺伝子だけで決まるものではない。

    ACTN3という遺伝子をこ存じでしょうか?αアクチニン3タンパク質の略で、筋肉の構造に関わる…
  5. 2015-3-6

    尿による水分量の調節

    1日に尿をする回数は、成人で平均4~6回、その量は1日で約1.5リットルになるといわれています。…
ページ上部へ戻る