高齢者における足部での姿勢制御機構

高齢者における姿勢の特徴として、加齢変化とともに脊柱の後弯をを呈する割合が高く、脊柱の後弯姿勢では骨盤後傾、膝関節屈曲、内反変形を伴うことが多くなるとされている。
脊柱後弯姿勢では、足圧中心(COP)、身体重心(COG)が後方化し、COP、COGともに前方移動しづらくなる。

高齢者における姿勢制御機構と若年者における姿勢制御機構は少し違う。
高齢者では、若年者に比べ外乱に対する立位姿勢保持能力が劣り、若年者の姿勢制御では足関節の役割が大きいのに対して、高齢者の姿勢調節は股関節の役割が相対的に大きくなるとされている。

すなわち、高齢者では若年者が行うような足関節制御(ankle strategy)ではなく、股関節制御(hip strategy)が優位な静的姿勢調節を行っていることになる。

さらに高齢者の歩行の特徴をまとめると、前足部の足底圧の低下、歩幅・股関節伸展角度の減少、股関節屈曲角度の増加などが挙げられる。

このようなことからも、高齢者では静的・動的姿勢調節とともに前方に対しての足関節制御(COPの前方移動)を発揮しづらく、股関節制御に依存する形での動作を行う身体状況であることがいえる。
このような姿勢制御には、視覚、前庭迷路、体性感覚などの感覚入力系や骨格筋系、効果器などの出力系などの様々な要因が関与すると考えられる。
姿勢制御のトレーニングを行う場合、特に高齢者では加齢に伴う足底の体性感覚の低下や筋出力の低下などの影響で足関節制御を発揮しづらいという特徴をいかに改善させていけるかがポイントとなる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-14

    評価とエクササイズは同時進行で行う。

    今回は、評価とエクササイズは同時進行で行うということで、エクササイズの指導をしながら同時に評価してい…
  2. 2017-2-5

    筋肥大を促すホルモンを分泌するために

    筋肥大を促す代表的な物質には、成長ホルモン、テストステロン、インスリン様成長因子ーⅠなどがあります。…
  3. 2015-3-11

    転倒とその原因

    転倒というと、ただ「転ぶ」だけでたいしたことではないと思われるでしょうが、不慮の事故による死亡者数に…
  4. 2017-1-7

    筋肉による能動的システムにアプローチする

    正しい動作を行うためには、体幹部の教育と機能を高めることが必要になります。この体幹部を安定さ…
  5. 2015-12-31

    脊柱安定化機構における靭帯の存在

    脊柱は身体を支持する上で非常に重要ですが、各椎体を支持するために様々な靭帯が存在しています。…
ページ上部へ戻る