結合組織とは

結合組織では、細胞の数や線維は一定していません。

ここには粘性のある物質が含まれており、身体の構造を結合、連結、また支持機能に関わっています。

これらの組織の拡大像を見ると、それぞれの構造で線維が密になったり、疎になったりしていることが分かります。

これらの線維は、全身の骨をつないだり、関節と筋を結合させたり、神経や血管を保護したりするなどして、人体をまとめるのに役立ちます。

結合組織は主に、線維芽細胞やマクロファージ、脂肪細胞、形質細胞、肥満細胞、、膠原線維、弾性線維、細網線維といった細胞や線維からなり、疎性結合組織、脂肪組織、密平行線維性結合組織、交織性線維結合組織などがあります。

疎性結合組織の特徴は、多数の細胞とまばらで不規則に配列された線維と適度な粘性を持つ液状の基質で作られていることです。

線維芽細胞は、線維を新生します。

膠原線維と弾性線維はこの組織の基本的な線維成分になります。

細網線維は、少数のコラーゲンからなり、造血組織、リンパ系組織、脂肪組織で小さな細胞集団を支えています。

移動性のマクロファージは、細胞の破片・外来性の異物や微生物を貪食し免疫応答に関わります。

脂肪細胞は脂質を貯蔵し、組織により多少の差があります。

 

脂肪細胞は多く集まってできた組織が脂肪組織です。

細網線維と膠原線維で形が保たれ、血管とリンパ管とが綿密に関わっています。

この組織は、栄養源、絶縁体、機械的な緩衝材になるとともに、脂溶性ビタミンを貯蔵します。

密平行線維性結合組織は緻密で同方向に配列する膠原線維と弾性線維の集合体であり、靭帯や腱を形成します。

この組織は長軸方向に負荷された張力には強い抵抗性を示しますが、わずかに伸展することが出来ます。

ここはほとんど細胞を含みませんが、線維芽細胞を若干量含みます。

交織繊維性結合組織は、粘性のある基質中で不規則に配列する緻密で互いに絡み合った膠原線維で構成されます。

この組織は、関節包や筋を包む筋膜、内臓の被膜を形成しますが、最も主要な部分は真皮です。

この組織は衝撃に強く、細胞をほとんど含まず、最小限の血管しか含みません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-26

    咀嚼と脳と健康

    咀嚼とは、噛む動作のことを言います。咀嚼筋は咬筋、側頭筋、内外翼突筋からなり、顎関節に作用し…
  2. 2015-5-25

    水の飲み過ぎによる水中毒とは

    これからの季節、これまでより水分摂取の量が増えてくるかと思いますが、過度の水分摂取には気をつけないと…
  3. 2014-12-14

    評価とエクササイズは同時進行で行う。

    今回は、評価とエクササイズは同時進行で行うということで、エクササイズの指導をしながら同時に評価してい…
  4. 2016-2-24

    横突棘筋の解剖

    横突棘筋とは、半棘筋、多裂筋、回旋筋の総称で、脊柱の最深層に位置する筋です。半棘筋は、これら…
  5. 2014-9-27

    頭痛にお悩みの方、群発頭痛って知ってますか?

    出産よりも痛いといわれており、心筋梗塞、尿路結石、と並び生きているうちに味わえる三大痛の一つとされて…
ページ上部へ戻る