寒冷療法、いわゆるクライオセラピーは氷やその他の冷却装置を用いて、組織損傷に伴う出血、浮腫、筋の痙攣、疼痛などの悪影響を減少させる目的をもつ。
RICEの減速を受傷後、直ちに行うと、血管を収縮させ、また組織の代謝を低下させることにより、炎症や浮腫を最小限に抑えることができるとされている。
局所の血行と代謝を減少させることは代謝産物の放出を抑制し、組織損傷の進展を最小限にすることができる。

一般的に用いられるのは市販の冷却パックや氷嚢、アイスマッサージ、クライオカフ、冷水浴などがある。
冷やす際の温度や時間、範囲、選手の体格によって冷却作用の組織深達度がきまる。
冷却すると皮膚温は急速に低下するが、より深い組織における冷却効果の指標とはならない。

ある実験では、人体において氷嚢を20分間使うと20℃以上の皮膚温の低下を認めたとしているが、ヒトの下腿を冷やした実験では1.7cmの深さでは4℃程度しか温度の低下がみられないという実験結果もある。
他の実験結果からみても、2cm以上の深い組織では温度変化は大きく起こらないという報告がほとんどである。

冷却方法としては、目的とする組織の深さと大きさによって選択していくことになる。
膝蓋腱などの小さな範囲であれば、アイスマッサージを行い、広い範囲の場合は渦流浴などを用いたほうがいいとする論文もある。
ある研究では、アイスマッサージと氷嚢の両者が筋肉内の温度を下げるのに有効であると証明しており、アイスマッサージのほうがより時間的効率がよいとしている。

目的とする組織が小さい範囲の場合、疼痛や炎症を抑える目的でアイスマッサージを選択することがより効果的な方法ということであろう。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-7

    カルノシンやアンセリンの緩衝作用で筋疲労軽減を

    カルノシンやアンセリンなどのイミダゾールジペプチドは、動物の脳、心臓、肝臓、腎臓、神経系や骨格筋中に…
  2. 2015-10-10

    相反性抑制と反回抑制

    関節には、反対方向へ引き合う複数の筋群が対となって付着します。例えば、肘関節を伸ばす上腕三頭…
  3. 2015-2-2

    DHA(ドコサヘキサエン酸)

    近年、日本では、食生活の欧米化が進み生活習慣病が増加傾向にあります。以前は成人病と呼ばれた生…
  4. 2015-9-4

    作業能率的・美学的視点から考える姿勢

    姿勢の良し悪しは、どのような視点でみるのかによって異なります。作業能率と美学的な視点からもみ…
  5. 2016-9-4

    胸椎のアライメント

    上半身の動きで重要となる『胸椎のアライメント』。非対称的な日常動作など何らかの原因で、胸…
ページ上部へ戻る