日本人がもっとも多く訴える自覚症状は腰痛だといわれています。

一説によると、一生のうちに一度でも腰痛を経験する人の割合は、80%にもなるといいます。

腰痛は、姿勢のよしあしや激しい運動など、後天的な要因が関係していることは明らかですが、先天的・遺伝的な要因との関連性も指摘されています。

たとえば、腰痛と家系についての報告もあります。

21歳以下の「若年性椎間板ヘルニア」患者のいる62組の家族と、患者のいない62組の家族を比較したところ、前者では椎間板ヘルニアにかかる割合が5倍ほど高かったといいます。

また、まったく同じ遺伝情報をもつ一卵性双生児の場合で、腰にかかる負担がまったく違う職業に就いているのにも関わらず、同じ部分に同じような椎間板ヘルニアが発生する場合が多いという報告もあります。

近年では、腰痛と遺伝要因の関連が研究により次々と明らかになっています。

遺伝子の配列には個体差があり、この個体差を「遺伝子多型」といいます。

THBS2という遺伝子中に、ある遺伝子多型をもつ人は、その遺伝子多型をもたない人に比べておよそ1.4倍、椎間板ヘルニアにかかりやすいことが分かっています。

注意が必要なのは、このような椎間板ヘルニアになりやすい遺伝子多型をもつ人が、みんな必ずヘルニアになるわけではないという点です。

最終的にヘルニアになるかならないかは、遺伝子多型による遺伝的要因と環境要因の総合的な作用によって決まります。

二つの要因がヘルニアの発症に寄与する割合は、五分五分と考えられています。

たとえ、リスク多型をもっていたとしても運動、食事などの環境要因に気をくばることで、椎間板ヘルニアになるのを防ぐことが可能になります。

腰痛は誰にでも起きうるものです。

正しい知識を身につけ、予防にもしっかりと気を配り、健康に過ごしたいものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-12

    アディポサイトカイン

    アディポサイトカインとは、脂肪細胞から分泌され、糖代謝や脂質代謝に影響を与える生理活性物質のことをい…
  2. 2015-9-1

    運動学習における感覚系の役割

    箸を巧みに使うためには、視覚運動協応が重要であり、ピアノ演奏には、聴覚フィードバックが必要になります…
  3. 2015-8-12

    生活習慣病と運動

    Ⅰ型を除く糖尿病・脂質異常症・高血圧・高尿酸血症・肥満などが生活習慣病として挙げられます。こ…
  4. 2015-1-8

    『可動性(MOBILITY)と安定性(STABILITY)』

    身体の効率的な動作には可動性と安定性が必要です。よく聞く柔軟性と可動性は少し異なり、柔軟性は…
  5. 2017-3-11

    負荷に自重を用いる場合の留意点

    筋力エクササイズの負荷に自重を用いた場合、鍛えたい筋や筋群に加わる負荷強度は、自重に対するそれらの筋…
ページ上部へ戻る