脂肪細胞が分泌する生理活性物質はとくにアディポサイトカインと呼ばれています。

脂肪細胞(アディポサイト)が分泌する生理活性物質(サイトカイン)という意味です。

肥満者ではこのアディポサイトカインの分泌異常が生じていています。

脂肪細胞が増えることと、肥満者の脂肪細胞は通常の体重のヒトの脂肪細胞と分化状態が異なることが原因です。

近年では、脂肪細胞だけでなく、マクロファージも、脂肪細胞にある他の細胞も重要な物質を分泌していることがわかり、脂肪細胞から分泌される因子という意味で「アディポカイン」と呼ばれるようになっています。

脂肪細胞はきわめて特殊な細胞で、その細胞質いっぱいに、主に中性脂肪からなる脂肪を溜め込んでいます。

化学物質としての脂肪は、1gあたり9キロカロリーのエネルギーを蓄えられます。

タンパク質や炭水化物は4キロカロリーだから、脂肪は少ない重量で多くのエネルギーを蓄えられるます。

例えば、体重60㎏、体脂肪率が20%のヒトは、約12㎏の脂肪に蓄えられるエネルギーは約10万8000キロカロリーとなり、これはヒトが50日ほどで摂る食事量に相当するエネルギーです。

飢餓の時代はこのエネルギー貯蔵システムが役にたっていたのですが、飽食の時代には、このシステムは扱いが難しくなります。

現代のよう先進国のように食べ物があふれている状況は、進化の過程からすれば、一瞬前から始まったもので、ヒトの脂肪細胞も当然、現代の状況には対応できないはずです。

そして肥満者の脂肪細胞は異常に大きくなってしまっているので、見た目だけでなく、細胞の性質も大きく変わってしまっているのです。

脂肪細胞は単なるエネルギー貯蔵システムだけでなくさまざまな生理活性物質を血中に放出する内分泌細胞でもあるのです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-10-1

    ラテラリィ『利き○○』の存在

    人には利き手が存在し、上手に扱える手と、扱えない手があります。このような身体上の「利き○○」…
  2. 2014-11-21

    筋繊維特性と筋肥大の関係

    筋トレをしているけど「筋肉が太くならない」と悩んでいる男性は多いのではないでしょうか?筋肉を…
  3. 2014-11-6

    ”腰(コシ)”は身体の要

    腰椎椎間板ヘルニアという病名は一般化していますが、「腰椎」「椎間板」「ヘルニア」などと病名を分解して…
  4. 2014-10-21

    体幹におけるローカル筋とグローバル筋

    本日は体幹筋について考えてみましょう!「体幹は大事」当たり前のように使われるかもしれ…
  5. 2015-6-28

    運動実施時間によるパフォーマンスの違いについての考察

    被験者に1時間ごとにエアロバイクの全力疾走させ、時間帯によるパフォーマンスの違いをテストしたところ、…
ページ上部へ戻る