アレルギー反応とは、簡単に言うと肥満細胞が破れた状態だと説明ができます。

肥満細胞とは、細胞中にヒスタミンやセロトニンやSRSAとよばれる化学物質をいっぱい詰め込んで、肥った細胞のことをいいます。

この細胞の破壊で、細胞内のヒスタミンなどの作用で、くしゃみ、鼻水、鼻づまりが起きます。

気管支の粘膜に存在する肥満細胞が破壊されると、気管支喘息が起こり、皮下の肥満細胞の破壊でいわゆるアトピー性皮膚炎が起こります。

つまり、アレルギー反応を起こさないようにするためには、肥満細胞を破壊させないことです。

反対にどうやったら肥満細胞は破壊されるのでしょう?

肥満細胞の表面にはIgE抗体の高親和性のIgEレセプターが多数あります。

そこに、二分子のIgE抗体と抗原の結合物がくっつくと破壊されます。

正確には、肥満細胞の他に好塩基細胞にも同じように、内部にヒスタミンなどのケミカルメディエーター(化学伝達物質)の詰まった顆粒がたっぷり用意されていて、これらの細胞のIgEレセプターにアレルゲンとそれに対応するIgE抗体が結合すると、顆粒は一挙に崩壊し、メディエーターを絞り出します(脱顆粒)。

それと同時に膜に組み込まれたリン脂質の一種、アラキドン酸が代謝されて、ロイコトリエン群やトロンボキサンなど、メディエーターの作用を強める働きを持つ活性物質が遊離していきます。

つまり、このヒスタミンやセロトニンが気管支や平滑筋の収縮(呼吸困難)、さらには血管壁の透過性の亢進(体液の漏出)といった、アレルギー特有の反応を引き出すのです。

しかしヒトは寄生虫に感染することで、このアレルギー反応が起こらないのです。

寄生虫感染がアレルギー反応を抑制する理由は、感染時に生産された非特異的IgE抗体が肥満細胞の脱顆粒をブロックするからです。

寄生虫がヒトの体内にいるかぎり、IgE抗体が無数に生み出される環境となります。

それにより、大量の活性のないIgE抗体が肥満細胞や好塩基球をめがけて集合し覆い尽くすが、肥満細胞などのIgEレセプターには付着する場所がなくなるのです。

したがって、肥満細胞からのヒスタミン遊離はおこらず、アレルギー反応は起こらないということになります。

子供が生まれたから家庭内環境を綺麗にするのはわかるのですが、あまりにも除菌、殺菌、抗菌といったものが流行り過ぎている気もします。

この清潔志向は本当に清潔なのでしょう??

そもそもヒトは体内に寄生虫を存在させている生き物です。

アレルギー一つとっても寄生虫がこれだけの働きをしてくれるのです。

なかには体に害を及ぼす害虫もたくさんいます。

しかし、ヒトは無菌では生きられません。

寄生虫、細菌、ウイルスを含めたすべての生物と共生することが大事なことですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-4-2

    筋のガーディングとは

    筋のガーディングとは、痛み刺激に反応する筋の持続的収縮であり、防御的に体が過度に動くのを防ぐためのサ…
  2. 2015-5-5

    暑熱障害と体液

    生体は水負積(脱水率)の程度に応じて種々の症状を示します。…
  3. 2015-2-2

    DHA(ドコサヘキサエン酸)

    近年、日本では、食生活の欧米化が進み生活習慣病が増加傾向にあります。以前は成人病と呼ばれた生…
  4. 2015-10-13

    脊髄に内在する中枢パターン発生器 ーCentral pattern generatorー

    運動における大脳皮質の貢献は、運動出力の生成そのものに対してはさほど高くないと解釈するのが妥当とされ…
  5. 2014-10-1

    プロバイオティクスによる健康法

    昨晩、ヨーグルトを食べていると、何気なくみた容器に「プロバイオティクス」という言葉をみつけました。…
ページ上部へ戻る