ヒトが美味しいものを求めるのはなぜ?

味覚には、甘い・苦いといった味の質の認知的な分析の側面と、美味しい・不味いといった情動性の側面があります。

日常の食卓では複雑の味の組み合わせからなる料理を味わうのであるが、その際、味の詳細な分析は難しくても、美味しい・不味いの判断はただちに行うことができます。

口からの味覚情報は大脳皮質の一次味覚野に送られ、味の質や強さの認知的識別がされます。

一次味覚野からの情報は2つのルートに分かれて脳内を流れます。

1つは前頭連合野の二次味覚野へ行くルートで、もう1つは扁桃体へ行くルートです。

この両ルートで美味しさが実感されます。

また、同時に脳内物質としてのβエンドルフィンやアナンダマイドなどの放出を促し、持続した美味しさ、陶酔感、満足感などが生じます。

「美味しい、もっと食べたい」という欲求を生じさせるのは、報酬系といわれる脳部位です。

中脳の腹側被蓋野から側坐核、腹側淡蒼球を通って視床下部外側野(摂食中枢)に至る経路が報酬系で、ドーパミンが神経伝達物質として重要な働きをします。

美味しいものをたくさん食べさせるのは視床下部の摂食中枢の活動によるものです。

この中枢には、甘味などの快感を生じさせる味覚情報が入力し、活動性を高めることが知られています。

摂食中枢は副交感神経系の活動を高める作用や、オレキシンなどの食欲促進物質を産生し、脳の各部に送る働きもあります。

好きな食べ物を口にすれば、美味しいと実感し、もっとも食べたいと思い、実際に食べるという行動が生じます。

そして各行動に関与する脳内物質にβエンドルフィン、ドーパミン、オレキシンなどがあります。

各物質は決して単独で作用するものではなく、幾多の物質との相互作用、連動作用によるものです。

このようにしてヒトは、美味しいものを求め積極的に摂取するための巧妙な脳の仕組みを備えているわけです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-2-29

    大腿直筋の生理学的作用

    大腿直筋は、大腿四頭筋の筋力のわずか1/5しかもちません。そのため、それ自体のみでは膝関節を…
  2. 2015-3-22

    エネルギー源の糖質

    動いているとき、考えているとき、そして寝ているときも、生きている限り、からだは常にエネルギーを消費し…
  3. 2017-2-2

    身体を自在にデザインする

    食事を減らし、がむしゃらに運動するだけで理想の身体を手に入れるのは非常に困難です。どこをシェ…
  4. 2015-2-16

    運動の「向き」「不向き」は遺伝子だけで決まるものではない。

    ACTN3という遺伝子をこ存じでしょうか?αアクチニン3タンパク質の略で、筋肉の構造に関わる…
  5. 2015-7-15

    温度不耐性について

    外傷によって神経が傷ついたあとにみられる神経障害性疼痛や、腰痛、関節痛などの慢性痛では環境温度の変化…
ページ上部へ戻る