咀嚼運動と満腹中枢の関連

咀嚼運動のよく噛むということ、リズム性があるということがダイエットに大きく影響します。

まず、よく噛むということはそれだけで食事にかける時間が長くなるということになります。

脳にある満腹中枢は血糖値が上がることで刺激されますが、通常、血糖値が上昇するには、2~30分かかるといわれています。

したがって、満腹中枢が刺激されるよりも早くに食べ終えてしまうと食べ過ぎてしまうという可能性が出てきてしまいます。

また、よく噛むことによって食べ物が細かく分解されるため、栄養分の吸収も速くなり、すみやかな血糖値の上昇が期待できます。

また噛むことにより、筋肉からの刺激が脳に伝わり、脳にヒスタミンという物質が分泌され、これも満腹中枢を刺激します。

次に、リズム性があるということが、脳内にセロトニンという物質を分泌させ、満腹中枢を刺激します。

このように、よく噛んで食べることで、満腹中枢を刺激し、食欲抑制に働きます。

その結果、一度の食事で摂取する量をコントロールすることができるようになります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-26

    骨盤の傾きと腰部などの身体への負担

    骨盤前傾が大きい(腰椎部伸展位)姿勢では、腰部が反りすぎてしまうので、椎間関節や棘突起など椎骨の後部…
  2. 2016-1-28

    運動感覚情報と内部モデル

    体性感覚は、内蔵と脳以外の身体組織に存在する受容器の興奮によって生じる感覚のことで…
  3. 2014-11-27

    脂肪の働きを考える!

    それは人類の歴史をさかのぼること数百万年、人類が原始時代を生き抜いていた頃からの話になります。そ…
  4. 2015-8-10

    小脳・脳幹・脊髄と随意運動

    小脳は大脳の後下方に位置します。水平方向に走る溝によって前葉、後葉、片葉小節葉に分けられ、垂…
  5. 2016-3-31

    共感覚(synesthesia)とは

    共感覚(synesthesia)とは、通常ある種の刺激で起こる感覚を、別の感覚刺激で起こす現象です。…
ページ上部へ戻る