咀嚼運動と満腹中枢の関連

咀嚼運動のよく噛むということ、リズム性があるということがダイエットに大きく影響します。

まず、よく噛むということはそれだけで食事にかける時間が長くなるということになります。

脳にある満腹中枢は血糖値が上がることで刺激されますが、通常、血糖値が上昇するには、2~30分かかるといわれています。

したがって、満腹中枢が刺激されるよりも早くに食べ終えてしまうと食べ過ぎてしまうという可能性が出てきてしまいます。

また、よく噛むことによって食べ物が細かく分解されるため、栄養分の吸収も速くなり、すみやかな血糖値の上昇が期待できます。

また噛むことにより、筋肉からの刺激が脳に伝わり、脳にヒスタミンという物質が分泌され、これも満腹中枢を刺激します。

次に、リズム性があるということが、脳内にセロトニンという物質を分泌させ、満腹中枢を刺激します。

このように、よく噛んで食べることで、満腹中枢を刺激し、食欲抑制に働きます。

その結果、一度の食事で摂取する量をコントロールすることができるようになります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  2. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  3. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  4. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…
  5. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-27

    情動の記憶は何処へ

    ヒトは物事を学習し行動を変容させる生き物ですが、それには記憶というものが大きく関わっています。…
  2. 2014-10-7

    体脂肪量の調節「レプチン」

    レプチンというホルモンが、体脂肪量の調節において重要な役割を演じています。本来、レプチンは、食欲…
  3. 2015-3-23

    感覚としてのカラダ

    感覚器官は外界の情報をキャッチし、逃げる、捕まえるといった生存に必要な動きを能率よく実行するのに役立…
  4. 2015-5-17

    体温と代謝

    私たちの体温は通常37℃前後に一定に保たれています。これを内温性といいます。これに対…
  5. 2015-5-28

    脊柱と骨盤の正常化

    スポーツをしている人には、競技特性によって脊柱が適切なS字カーブを失い変形している人が見られます。…
ページ上部へ戻る