トレーニングプログラムをデザインするときには、目的の存在、目的と各要素との関係、各要素の論理的な前後関係が不可欠である。

漠然とした目的でトレーニング計画が不明確なまま、自分の知っている範囲のエクササイズ種目を時々の気分やコンディションにだけ頼って継続していると、一見自然流のいいトレーニングになっていると錯覚することがある。

しかし、その選手にとって最も先に克服すべき重要な要素のトレーニングを欠落させていたり、生理学的にみて両立しがたい課題に同時に取り組んでしまっていたり、効率の悪い順序になっていたり、といった事に気づかず効果が半減したり重要な時期に手遅れとなることもある。

だからこそメニューではなくプログラムが必要となる。

プログラムに含める要素やその時間的配列の検討基準となるのは目的である。

例えば漠然と筋力の向上と言っても、筋力発揮の「部位(筋群)」「筋活動タイプ(コンセントリック、エクセントリック、アイソメトリック)」「姿勢(関節角度とROM)」「抵抗の種類」「速度」そして「時間」にかんする目的が明確でないと、構成要素としてのエクササイズ種目も論理的関係としての負荷強度も明確とならない。

そこでいかに明確な目的を設定するかがまず最初に検討すべき課題となる。
目的設定には「SMARTシステム」という方法がよく利用されている。

これは「Specific(特異的」)、「Measureable(測定可能」)、「Action-oriented(行動志向的)」、「Realistic(現実的)」、「Timed (時期的)」の頭文字を取ったもので、要するに、できるだけ具体的で、努力すれば実現の可能性があり、しかもその成果が明確に目に見えたり実感できる測定可能な目標を、それを達成するために取り組むべき行動をイメージして、それを何時までに達成するのかのタイムリミットを明確にした上で設定すべし、という目的設定のための指針である。

こうしたSMARTな目的設定をすることによって、その後のプログラムの方向性も鮮明となる。

逆にいうと目的が曖昧な限り、どのエクササイズを選択するべきか、強度やセット数は、それを何時までつづけるのかといった基本的なことさえも定まらない。

これではメニューとは言えてもプログラムとは言えないだろう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-7

    カルノシンやアンセリンの緩衝作用で筋疲労軽減を

    カルノシンやアンセリンなどのイミダゾールジペプチドは、動物の脳、心臓、肝臓、腎臓、神経系や骨格筋中に…
  2. 2015-7-31

    運動療法から考える骨格筋

    運動療法とは運動を行うことで身体の機能の回復や、症状の改善を目指す療法です。主な目的は疾病や…
  3. 2015-6-24

    興奮収縮連関と筋収縮メカニズム

    神経筋接合部の筋細胞膜側は終板とよばれ、ここには多数のニコチン性ACh受容体が存在しています。…
  4. 2015-6-24

    膝関節の機能解剖

    膝関節は大きな可動性を有した関節形状をしていて、特に矢状面上での可動域が大きい関節になります。矢…
  5. 2014-10-7

    体脂肪量の調節「レプチン」

    レプチンというホルモンが、体脂肪量の調節において重要な役割を演じています。本来、レプチンは、食欲…
ページ上部へ戻る