温熱刺激による筋肥大亢進と筋萎縮抑制

筋線維に対して温熱刺激を負荷として与えると、筋肥大が生じます。

あらかじめ温熱刺激を与えてからトレーニングすると筋肥大が促進し、逆に負荷除去に伴う筋萎縮が軽減されることが明らかになっています。

温熱刺激を与えると、リボソーム、翻訳開始因子、熱ショックタンパク質(heat shock protein:HSP)およびインスリン様成長因子の機能を抑制するIGF結合タンパク5の遺伝子発現の減少が確認されることが報告されています。

これらはタンパク質の合成に関わっており、これにより温熱刺激での筋肥大亢進、筋萎縮抑制が働くことが示されました。

特にHSPはその名の通り、温熱刺激に対して働くタンパク質で、他にも、運動、虚血、タンパク変性、低酸素、酸化ストレス、pHの変化により細胞内に発現が誘導され、分子シャペロンとして機能していると考えられています。

タンパク質は分子が立体構造をなして初めて働くものですが、分子シャペロンとはその立体構造を作る手助けをするタンパク質のことを指します。

また、心筋や平滑筋でも同様に温熱刺激により筋肥大が起こるとされ、これには筋サテライト細胞の活性化やIL-6やTNF-αといったサイトカインが働くことが報告されています。

ラットを対象とした実験では、骨格筋でも同様に筋サテライト細胞の一過性の活性化、サイトカインの活性化を示しました。

したがって、温熱刺激による筋肥大や筋萎縮抑制は、タンパク質合成に関わるタンパク質や、分子シャペロン、筋サテライト細胞、サイトカインなどが関与して起こっているものだと考えられます。

また、HSP活性化のための至適温度は40℃ほどだとされています。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-12

    免疫という生体システム

    免疫という生体システムは、自己と非自己を区別するシステムであります。無限に存在する非自己…
  2. 2017-3-26

    筋トレにおける呼吸の重要性

    筋トレにおける呼吸の重要性は血圧と酸素の供給という2つの側面から理解することが大切になります。…
  3. 2017-3-11

    負荷に自重を用いる場合の留意点

    筋力エクササイズの負荷に自重を用いた場合、鍛えたい筋や筋群に加わる負荷強度は、自重に対するそれらの筋…
  4. 2017-2-1

    逆三角形の背中をつくる

    引き締まったウエストと厚い胸板、そしてがっしりとした上背部があれば、きれいな逆三角形の体型になります…
  5. 2015-9-1

    運動学習における感覚系の役割

    箸を巧みに使うためには、視覚運動協応が重要であり、ピアノ演奏には、聴覚フィードバックが必要になります…
ページ上部へ戻る