温熱刺激による筋肥大亢進と筋萎縮抑制

筋線維に対して温熱刺激を負荷として与えると、筋肥大が生じます。

あらかじめ温熱刺激を与えてからトレーニングすると筋肥大が促進し、逆に負荷除去に伴う筋萎縮が軽減されることが明らかになっています。

温熱刺激を与えると、リボソーム、翻訳開始因子、熱ショックタンパク質(heat shock protein:HSP)およびインスリン様成長因子の機能を抑制するIGF結合タンパク5の遺伝子発現の減少が確認されることが報告されています。

これらはタンパク質の合成に関わっており、これにより温熱刺激での筋肥大亢進、筋萎縮抑制が働くことが示されました。

特にHSPはその名の通り、温熱刺激に対して働くタンパク質で、他にも、運動、虚血、タンパク変性、低酸素、酸化ストレス、pHの変化により細胞内に発現が誘導され、分子シャペロンとして機能していると考えられています。

タンパク質は分子が立体構造をなして初めて働くものですが、分子シャペロンとはその立体構造を作る手助けをするタンパク質のことを指します。

また、心筋や平滑筋でも同様に温熱刺激により筋肥大が起こるとされ、これには筋サテライト細胞の活性化やIL-6やTNF-αといったサイトカインが働くことが報告されています。

ラットを対象とした実験では、骨格筋でも同様に筋サテライト細胞の一過性の活性化、サイトカインの活性化を示しました。

したがって、温熱刺激による筋肥大や筋萎縮抑制は、タンパク質合成に関わるタンパク質や、分子シャペロン、筋サテライト細胞、サイトカインなどが関与して起こっているものだと考えられます。

また、HSP活性化のための至適温度は40℃ほどだとされています。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-23

    水素水の効能って何?

    水素はこれまでに、潜函痛の発症予防に使われてきたことがあるが基本的には人体には無害で不活性なガスと考…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2014-10-6

    レジスタンストレーニングと代謝

    代謝は大きく、基礎代謝、安静時代謝、活動時代謝に分けることができます。基礎代謝とは、生命の維持に…
  4. 2016-5-23

    距骨下関節の適合と不適合

    距骨下関節には関節の適合肢位が1つだけ存在します。それは中間位で、このとき足部は距骨に対し真…
  5. 2015-2-24

    セカンドインパクトシンドロームを防ぐ

    脳震盪というのはサッカーやアメフトなどの接触プレーの多いコンタクトスポーツで起こりやすい疾患で、頭部…
ページ上部へ戻る