免疫システムの防衛基地「リンパ節」とT細胞

T細胞がリンパ節の中で病原体をみつけだして活性化すると、T細胞はパトロール経路を修正する。
このパトロール経路の修正方針は、T細胞が「どこで活性化したか?」に依存している。

例えば、T細胞が皮膚に近いリンパ節で病原体をみつけて活性化した場合、T細胞は皮膚に集まりやすくなるようにパトロール経路を修正する。
一方、T細胞が消化管に付随するパイエル板で病原体と遭遇して活性化した場合は、消化管に集まりやすくなるようにパトロール経路を修正する。
皮膚からの病原体侵入の情報は皮膚に近いリンパ節に、消化管からの侵入情報は消化管付随のパイエル板に伝えられるので、このようなリンパ球のパトロール経路の修正はとても合理的に行われる。

外界と接する「皮膚」、あるいは食物を通して外界と繋がる「消化管」はもっとも病原体が侵入しやすい器官になる。
「皮膚」あるいは「消化管」に病原体が侵入すると、侵入部位で炎症反応が引き起こされ、「緊急サイン」が出されることとなる。

この「緊急サイン」には「皮膚型」サインと「消化管型」サインがある。
パトロール経路の修正によって、皮膚に近いリンパ節で活性化したT細胞は皮膚型の緊急サインを、消化管に近いパイエル板で活性化したT細胞は消化管型の緊急サインをそれぞれ読み取ることができるのである。

その結果、活性化したT細胞は、病原体の侵入部位に効率よく到達することが可能となる。

リンパ球は、病原体の侵入に関する情報が集まる免疫システムの防衛基地「リンパ節」を繰り返し巡回して、病原体の侵入を監視する。
リンパ球の中でもこのT細胞は、リンパ節で病原体の侵入を感知して活性化すると今度は病原体の侵入部位に向かいやすくなるようにパトロール経路を修正している。
このようなリンパ球の合理的でしなやかに調節されたパトロールのおかげで、私達は病原体から身体を守ることができているのだ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-10-9

    運動後には・・・チョコレートドリンク!?

    運動後の水分補給や栄養補給には何が効果的か。これに関しては、さまざまなところで議論が行な…
  2. 2015-9-3

    投球動作における肘のバイオメカニクス

    投球動作における肘のバイオメカニクスは6段階に分けられます。ワインドアップ期、ストライド期、コッ…
  3. 2015-6-30

    非特異的防御機構と特異的防御機構

    私たちの身体を守る防御機構は2段階用意されています。それが非特異的防御機構と特異的防御機構で…
  4. 2015-3-11

    転倒とその原因

    転倒というと、ただ「転ぶ」だけでたいしたことではないと思われるでしょうが、不慮の事故による死亡者数に…
  5. 2015-9-8

    安静立位姿勢と筋活動

    人間の日常生活の行動の多くは、立位姿勢やそこから派生する姿勢で行われています。そのため、立位…
ページ上部へ戻る