免疫システムの防衛基地「リンパ節」とT細胞

T細胞がリンパ節の中で病原体をみつけだして活性化すると、T細胞はパトロール経路を修正する。
このパトロール経路の修正方針は、T細胞が「どこで活性化したか?」に依存している。

例えば、T細胞が皮膚に近いリンパ節で病原体をみつけて活性化した場合、T細胞は皮膚に集まりやすくなるようにパトロール経路を修正する。
一方、T細胞が消化管に付随するパイエル板で病原体と遭遇して活性化した場合は、消化管に集まりやすくなるようにパトロール経路を修正する。
皮膚からの病原体侵入の情報は皮膚に近いリンパ節に、消化管からの侵入情報は消化管付随のパイエル板に伝えられるので、このようなリンパ球のパトロール経路の修正はとても合理的に行われる。

外界と接する「皮膚」、あるいは食物を通して外界と繋がる「消化管」はもっとも病原体が侵入しやすい器官になる。
「皮膚」あるいは「消化管」に病原体が侵入すると、侵入部位で炎症反応が引き起こされ、「緊急サイン」が出されることとなる。

この「緊急サイン」には「皮膚型」サインと「消化管型」サインがある。
パトロール経路の修正によって、皮膚に近いリンパ節で活性化したT細胞は皮膚型の緊急サインを、消化管に近いパイエル板で活性化したT細胞は消化管型の緊急サインをそれぞれ読み取ることができるのである。

その結果、活性化したT細胞は、病原体の侵入部位に効率よく到達することが可能となる。

リンパ球は、病原体の侵入に関する情報が集まる免疫システムの防衛基地「リンパ節」を繰り返し巡回して、病原体の侵入を監視する。
リンパ球の中でもこのT細胞は、リンパ節で病原体の侵入を感知して活性化すると今度は病原体の侵入部位に向かいやすくなるようにパトロール経路を修正している。
このようなリンパ球の合理的でしなやかに調節されたパトロールのおかげで、私達は病原体から身体を守ることができているのだ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-18

    無酸素性エネルギー

    身体運動は、筋収縮によって行われます。筋の収縮と弛緩にかかわる直接的なエネルギーはATPです…
  2. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  3. 2015-8-6

    抗原抗体反応と免疫系

    病原菌などの非自己物質を認識し、排除する生体防衛機構のこと。情報伝達を用いて、細胞・組織・器官が複雑…
  4. 2017-3-2

    回転動作の作用・反作用

    カラダのある部分で1つの運動が生じると、それと反対方向の運動が起こって全体のバランスがとれるという現…
  5. 2015-8-15

    リンパの産生と輸送

    組織間隙とは各組織において細胞と細胞の間の部分である。この部位は,膠原線維や弾性線維といった線維…
ページ上部へ戻る