神経伝達物質「エンドルフィン」

運動を長く続けられる人とそうではない人、原因としては色々ありますが、単に運動の好き嫌いによるところが大きいようです。

しかし、運動嫌いな人でも運動を長く続けている人は大勢いますし、運動を続けているうちに好きになったという人も多くいます。

そうなれた理由の一つとして、運動を習慣化することによる変化が関係しているといいます。

運動は、身体にさまざまな変化をもたらしますが、もちろん脳にも変化が現れます。

そのなかでも運動の最中に現れる変化として、脳内にエンドルフィンを始めとする気分を高揚させ、精神に良い作用をもたらす化学物質が分泌されるというものがあります。

エンドルフィンは、脳内で働く神経伝達物質の一種です。

鎮痛効果や気分の高揚、幸福感などが得られるため、脳内麻薬とも呼ばれます。

エンドルフィンにはアルファ、ベータ、ガンマの3つがあり、β-エンドルフィンはその中でも苦痛を取り除くときに最も多く分泌されます。

マラソンなどで苦しい状態が一定時間以上続くと、脳内でそのストレスを軽減するためにβ-エンドルフィンが分泌され、やがて快感や陶酔感を覚える「ランナーズ・ハイ」と呼ばれる現象がよく知られています。

エンドルフィンが脳内に分泌されると人間は快感を感じます。

逆に言えば快感を感じている人はそのときエンドルフィンが出ているということです。

運動好きな人は快感を感じとエンドルフィンの分泌が促進されますが、運動が嫌いな人は分泌が促進されにくいということになります。

しかし、これでは運動嫌いの人が運動を開始し、続けていくのが難しいように感じます。

それでも運動を習慣化させるほかないようです。

運動を習慣化させることによりエンドルフィンの作用により、さらに運動を求めるようになるといいます。

運動を習慣化させるには、間違いなく努力が必要です。

「運動なんかする必要がない」「運動する時間がない」という心の声には耳を貸さず、なんとか頑張ってみましょう。

運動が嫌いだったとしてもいずれは幸福感を味わえるはずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-24

    紫外線と目

    紫外線は全てが眼底(目の奥)まで達するわけではありません。大部分は角膜(黒目の部分にある透明…
  2. 2015-3-25

    脂肪細胞とホルモン

    脂肪細胞はいわば中性脂肪の倉庫みたいなもので、貯蔵する中性脂肪が増えて脂肪細胞に入りきらなくなると、…
  3. 2016-12-15

    筋肉を肥大させるストレス

    私たちの身体が強くなるためにはストレスが必要です。例えば、寒い中薄着で過ごす習慣をおくっていると…
  4. 2015-8-4

    筋・筋膜痛について

    筋痛には、運動に伴う筋痛や、反射性筋収縮による筋痛、筋筋膜性疼痛症候群、線維性筋痛症候群、緊張による…
  5. 2014-11-26

    人間は・・・チクワ!?

    人は生きるために食事を取るわけですが、その食物はそのままの形で体内に入るわけではありません。…
ページ上部へ戻る