神経伝達物質「エンドルフィン」

運動を長く続けられる人とそうではない人、原因としては色々ありますが、単に運動の好き嫌いによるところが大きいようです。

しかし、運動嫌いな人でも運動を長く続けている人は大勢いますし、運動を続けているうちに好きになったという人も多くいます。

そうなれた理由の一つとして、運動を習慣化することによる変化が関係しているといいます。

運動は、身体にさまざまな変化をもたらしますが、もちろん脳にも変化が現れます。

そのなかでも運動の最中に現れる変化として、脳内にエンドルフィンを始めとする気分を高揚させ、精神に良い作用をもたらす化学物質が分泌されるというものがあります。

エンドルフィンは、脳内で働く神経伝達物質の一種です。

鎮痛効果や気分の高揚、幸福感などが得られるため、脳内麻薬とも呼ばれます。

エンドルフィンにはアルファ、ベータ、ガンマの3つがあり、β-エンドルフィンはその中でも苦痛を取り除くときに最も多く分泌されます。

マラソンなどで苦しい状態が一定時間以上続くと、脳内でそのストレスを軽減するためにβ-エンドルフィンが分泌され、やがて快感や陶酔感を覚える「ランナーズ・ハイ」と呼ばれる現象がよく知られています。

エンドルフィンが脳内に分泌されると人間は快感を感じます。

逆に言えば快感を感じている人はそのときエンドルフィンが出ているということです。

運動好きな人は快感を感じとエンドルフィンの分泌が促進されますが、運動が嫌いな人は分泌が促進されにくいということになります。

しかし、これでは運動嫌いの人が運動を開始し、続けていくのが難しいように感じます。

それでも運動を習慣化させるほかないようです。

運動を習慣化させることによりエンドルフィンの作用により、さらに運動を求めるようになるといいます。

運動を習慣化させるには、間違いなく努力が必要です。

「運動なんかする必要がない」「運動する時間がない」という心の声には耳を貸さず、なんとか頑張ってみましょう。

運動が嫌いだったとしてもいずれは幸福感を味わえるはずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-12-14

    食欲とグルコスタティックセオリー(糖定常説)

    1955年、アメリカの科学者Jean Mayerは、視床下部には血中のグルコースの濃度を検知するニュ…
  2. 2015-12-29

    関節包内運動と固定の位置・ゆるみの位置

    関節には、その角度によって固定の位置(close−packed position)とゆるみの位置(o…
  3. 2014-11-23

    水素水の効能って何?

    水素はこれまでに、潜函痛の発症予防に使われてきたことがあるが基本的には人体には無害で不活性なガスと考…
  4. 2015-9-23

    internal impingementのメカニズム

    肩関節を外転位で外旋させると、上腕骨大結節は肩甲骨関節窩後上方部分と衝突します。(internal …
  5. 2017-1-23

    ムーブメントディレクション

    「ムーブメントディレクション」とは、トレーニング動作の方向を意味します。トレーニングでは種目によ…
ページ上部へ戻る