神経伝達物質「エンドルフィン」

運動を長く続けられる人とそうではない人、原因としては色々ありますが、単に運動の好き嫌いによるところが大きいようです。

しかし、運動嫌いな人でも運動を長く続けている人は大勢いますし、運動を続けているうちに好きになったという人も多くいます。

そうなれた理由の一つとして、運動を習慣化することによる変化が関係しているといいます。

運動は、身体にさまざまな変化をもたらしますが、もちろん脳にも変化が現れます。

そのなかでも運動の最中に現れる変化として、脳内にエンドルフィンを始めとする気分を高揚させ、精神に良い作用をもたらす化学物質が分泌されるというものがあります。

エンドルフィンは、脳内で働く神経伝達物質の一種です。

鎮痛効果や気分の高揚、幸福感などが得られるため、脳内麻薬とも呼ばれます。

エンドルフィンにはアルファ、ベータ、ガンマの3つがあり、β-エンドルフィンはその中でも苦痛を取り除くときに最も多く分泌されます。

マラソンなどで苦しい状態が一定時間以上続くと、脳内でそのストレスを軽減するためにβ-エンドルフィンが分泌され、やがて快感や陶酔感を覚える「ランナーズ・ハイ」と呼ばれる現象がよく知られています。

エンドルフィンが脳内に分泌されると人間は快感を感じます。

逆に言えば快感を感じている人はそのときエンドルフィンが出ているということです。

運動好きな人は快感を感じとエンドルフィンの分泌が促進されますが、運動が嫌いな人は分泌が促進されにくいということになります。

しかし、これでは運動嫌いの人が運動を開始し、続けていくのが難しいように感じます。

それでも運動を習慣化させるほかないようです。

運動を習慣化させることによりエンドルフィンの作用により、さらに運動を求めるようになるといいます。

運動を習慣化させるには、間違いなく努力が必要です。

「運動なんかする必要がない」「運動する時間がない」という心の声には耳を貸さず、なんとか頑張ってみましょう。

運動が嫌いだったとしてもいずれは幸福感を味わえるはずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-12

    Soft tissue mobilization(軟部組織モビライゼーション)

    人間のカラダには、骨や筋肉や内臓があり、それを皮膚が包んでいる。しかしながら、皮膚だけでは構造上…
  2. 2015-3-4

    衛生仮説とは何か

    花粉症というと季節性のアレルギー性鼻炎になるわけですが、近年その発症率は上がってきています。…
  3. 2017-9-16

    腱や靭帯と年齢について

    骨格の成熟度と加齢は、靭帯と腱のバイオメカニクス的性質に大きく影響します。一般に、引張強度、…
  4. 2017-3-19

    ストレッチングによる柔軟性向上の短期および長期効果

    ストレッチングの効果に関して、システマティックレビューがいくつも行われており、短期的あるいは長期的な…
  5. 2017-2-9

    小学生や中学生のトレーニング

    小学生から中学生にかけての成長期は、骨が大きく成長し身長が急激に伸びる時期にあたります。この…
ページ上部へ戻る