非特異的防御機構と特異的防御機構

私たちの身体を守る防御機構は2段階用意されています。

それが非特異的防御機構と特異的防御機構です。

非特異的防御機構の役割は、異物の体内への侵入を防ぐことにあります。

主に皮膚と粘膜がそれを担います。

皮膚は強靭な組織であり、ほとんどの病原微生物の侵入を防いでいます。

気管粘膜は、粘液を分泌し、繊毛運動によりその粘液を上方へ送ります。

呼気とともに吸い込まれた微生物は粘液にとらえられ、痰として体外に排出または無意識に飲み込んでいます。

消化器系に入った微生物のほとんどは胃液によって殺滅されます。

こうした非特異的防御機構を突破して体内に侵入した病原微生物には、顆粒球と単球系が対応します。

単球は組織中に潜り込み、大型化してマクロファージとなり、異物を貪食し、またリンパ球に属するNK細胞はウイルスに感染した細胞や、奇形の細胞を攻撃して破壊します。

特異的防御機構はさらに2つの働きに分けられます。

液性免疫と細胞性免疫です。

リンパ球のB細胞は、抗原を貪食した細胞から抗原に関する情報を受け取ったヘルパーT細胞により活性型の形質細胞になり、抗原と反応してそれを固定・処理するタンパク質である抗体を産生します。

抗体は免疫グロブリンとよばれます。

抗体と抗原との関係は鍵と鍵穴の関係と同じで、ある抗体は特定の抗原にしか反応しません。

たとえば赤痢菌に対する抗体は赤痢菌のみを破壊することができるが、コレラ菌やブドウ球菌などほかの細菌にはまったく無効になります。

これが液性免疫です。

ウイルスなどは細胞の中に侵入して増殖するため、抗体は無効になります。

このような病原体に対しては、T細胞が、ヘルパーT細胞の作用によってキラーT細胞になり、ウイルスなどに侵入された細胞自体を破壊します。

これが細胞性免疫です。

このようにヒトの身体は何段階ものバリアによって守られているのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-24

    スポーツで重要な筋肉の立ち上がり

    陸上競技の短距離選手が100mを走るとき、選手の足の裏が地面についている時間はとても短いです。…
  2. 2015-11-25

    ラベンダーによるアロマテラピーについて

    アロマテラピーは芳香療法とも呼ばれ、1920年代にフランスの調香師ガットフォッセが作ったとされていま…
  3. 2014-9-27

    運動中の水分摂取について「いったい何を飲むべきか」

    「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…
  4. 2015-5-25

    水の飲み過ぎによる水中毒とは

    これからの季節、これまでより水分摂取の量が増えてくるかと思いますが、過度の水分摂取には気をつけないと…
  5. 2015-4-25

    股関節のアライメント異状

    股関節は深い関節窩を持つ臼関節です。回転運動に関しては大きな可動性があるのに対して、並進運動につ…
ページ上部へ戻る