非特異的防御機構と特異的防御機構

私たちの身体を守る防御機構は2段階用意されています。

それが非特異的防御機構と特異的防御機構です。

非特異的防御機構の役割は、異物の体内への侵入を防ぐことにあります。

主に皮膚と粘膜がそれを担います。

皮膚は強靭な組織であり、ほとんどの病原微生物の侵入を防いでいます。

気管粘膜は、粘液を分泌し、繊毛運動によりその粘液を上方へ送ります。

呼気とともに吸い込まれた微生物は粘液にとらえられ、痰として体外に排出または無意識に飲み込んでいます。

消化器系に入った微生物のほとんどは胃液によって殺滅されます。

こうした非特異的防御機構を突破して体内に侵入した病原微生物には、顆粒球と単球系が対応します。

単球は組織中に潜り込み、大型化してマクロファージとなり、異物を貪食し、またリンパ球に属するNK細胞はウイルスに感染した細胞や、奇形の細胞を攻撃して破壊します。

特異的防御機構はさらに2つの働きに分けられます。

液性免疫と細胞性免疫です。

リンパ球のB細胞は、抗原を貪食した細胞から抗原に関する情報を受け取ったヘルパーT細胞により活性型の形質細胞になり、抗原と反応してそれを固定・処理するタンパク質である抗体を産生します。

抗体は免疫グロブリンとよばれます。

抗体と抗原との関係は鍵と鍵穴の関係と同じで、ある抗体は特定の抗原にしか反応しません。

たとえば赤痢菌に対する抗体は赤痢菌のみを破壊することができるが、コレラ菌やブドウ球菌などほかの細菌にはまったく無効になります。

これが液性免疫です。

ウイルスなどは細胞の中に侵入して増殖するため、抗体は無効になります。

このような病原体に対しては、T細胞が、ヘルパーT細胞の作用によってキラーT細胞になり、ウイルスなどに侵入された細胞自体を破壊します。

これが細胞性免疫です。

このようにヒトの身体は何段階ものバリアによって守られているのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-9

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
  2. 2015-1-14

    水分摂ってますか?はいコーヒーを飲んでます。

    運動をしている人もそうでない人も水分補給は欠かせないものですが、こと冬に関しては摂取量が減ってしまい…
  3. 2017-2-23

    慢性疲労が起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツやトレーニングを行って出た生理的疲労が、十分な回復をすることなく積み重なってその結果として慢…
  4. 2017-3-11

    負荷に自重を用いる場合の留意点

    筋力エクササイズの負荷に自重を用いた場合、鍛えたい筋や筋群に加わる負荷強度は、自重に対するそれらの筋…
  5. 2015-8-15

    リンパの産生と輸送

    組織間隙とは各組織において細胞と細胞の間の部分である。この部位は,膠原線維や弾性線維といった線維…
ページ上部へ戻る