脂肪酸は脳の栄養である。

ヒトの必須脂肪酸は、リノール酸に代表されるω-6脂肪酸とα-リノレン酸に代表されるω-3脂肪酸になります。

リノール酸は、成長や生体内の生理活性に必須であり、α-リノレン酸は体内でエイコサペンタエン酸(EPA)を経てドコサヘキサエン酸(DHA)に変換されます。

この有名なDHAは脳神経、網膜などに高濃度に存在し、一定水準に保たれています。

しかし長期的にα-リノレン酸が欠乏すると、これらの組織のDHAが減少し、生体に変化をもたらすことが指摘されています。

例えば、ラットを用いた実験では、簡単な学習はできるものの、明暗の条件を識別する能力の低下や内容の伴わない行動を多発させるといった行動が多くなったと報告されています。

これはレバーを押せば餌が出るといった条件付けを用いた実験ですが、ある条件下においてレバーを押しても餌が出ないようにした場合でも、その行動が変容されなかったというものです。

これをヒトにそのまま当てはめることはできないのですが、ヒト未熟児においては学習能低下、サルやヒト乳児においてもDHA低下による網膜反射能の低下が見られたという報告もあります。

また、ω-6脂肪酸のひとつであるアラキドン酸も学習速度によい影響を与えること、そしてそれが脳内のアラキドン酸量と相関することが実験により示されました。

老化により減少した脳のアラキドン酸を、体外から摂取して補うことで、学習・記憶能力が高まること、認知応答の改善、抑うつ状態の改善が見られましたという報告も出ています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-1-14

    ウイルスと細菌

    ウイルスと細菌、なんとなく同じもののように思いますが、実は全く違うものです。まず、感染症を簡…
  2. 2015-7-16

    コリン作動性ニューロン

    アセチルコリン acetylcholine (Ach) を神経伝達物質とするニューロンをコリン作動性…
  3. 2015-6-23

    血糖値の恒常性

    グルコースは、摂食、消化された炭水化物が肝臓でグリコーゲンとして貯蔵され、グリコーゲンから変換されて…
  4. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…
  5. 2015-6-9

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
ページ上部へ戻る