股関節は関節臼と大腿骨頭で構成されている臼状関節です。

変形性股関節症とは、股関節の関節軟骨の変形、摩耗により関節の破壊が生じ、その後、反応性の骨増殖が生じる疾患です。

先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全、大腿骨頭壊死などさまざまな疾患・外傷に続発するケースが多く、股関節の可動域制限や筋力低下などの機能障害によって日常生活に支障がでてきます。

なぜ股関節可動域制限があるのでしょう?

関節可動域が生じる原因は、1骨変化、2関節包の変化、3筋の変化に大別され、それぞれの変化を考える必要があります。

骨変化では、初期、前、進行期、末期股関節症に分類されます。

初期段階では、大きな変化は見られないが、前股関節症になると、臼蓋の上方部分に骨棘が形成される場合があり、それにより可動性の制限が生じます。

進行期股関節症では、徐々に関節面が狭くなり、末期関節症になると、関節面が消失し、より一層可動域が制限されます。

関節包の変化では、表層の線維関節包と深層の滑膜という2層構造になっている関節包の深層の滑膜に炎症が生じ、この滑膜炎による組織修復過程で関節包が短縮します。

筋の変化をみると、変形性股関節症では、立位姿勢において、股関節が屈曲、内転、内旋位となっていることが多く、そのため、股関節の伸展、外転、外旋運動の可動域が制限されていることが多いです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-6

    細胞呼吸とは

    細胞内では、炭水化物、脂肪、タンパク質などの有機化合物を分解し、そのときに生じたエネルギーをATPの…
  2. 2015-11-24

    肩関節周囲炎とそのアプローチによる機能予後

    肩関節周囲炎は、中年以降に起こる肩関節の拘縮と痛みを症状とする機能障害の総祢です。発症のきっかけ…
  3. 2015-10-11

    腱断裂

    腱は骨格筋と骨を結び付けている強靭な結合組織で、筋収縮によって得られたエネルギーは腱によって骨に伝え…
  4. 2016-1-14

    ウイルスと細菌

    ウイルスと細菌、なんとなく同じもののように思いますが、実は全く違うものです。まず、感染症を簡…
  5. 2015-7-16

    運動中の水分補給

    皆さんは、運動中に何を飲んでいますか?水、お茶、スポーツドリンクのうちのどれかに当てはまる方…
ページ上部へ戻る