アスリートの為のプロテイン摂取

プロテインと聞くと、「筋肉増強剤」などのイメージが強い方もいらっしゃると思いますが、ビタミンやミネラルを補給するのと同じで、サプリメントの1つで、栄養補助食品になります。

なので基本的には、1日の食事の中で不足した分の栄養素を補うという形で摂取します。

プロテインは、三大栄養素である「タンパク質」を意味しますが、元々は「プロテウス=1番大切なもの」というラテン語が語源になっています。

摂取したタンパク質のうち、身体に必要な分はまず、筋などに同化されます。

過剰摂取となった分は、身体活動に必要なエネルギーや、体脂肪へと変換されます。

アスリートで、筋量を増やしたい、筋力をつけたいという方は、1日のエネルギー摂取量がエネルギー消費量を下回ると、エネルギーとしてのタンパク質の利用が優先される為、エネルギーを補給しているだけということになります。

エネルギー消費量に見合うだけのエネルギー摂取量を増加させた上で、タンパク質の摂取量を増加させることにより、筋タンパク質の合成を高めることができます。

 

トレーニングを行っていない人のタンパク質摂取必要量の推奨量は、1日の中で体重1Kgあたり、0.925gと言われているため、体重が60Kgの人であれば60Kg×0.925g=55.5gが1日のタンパク質摂取推奨量となります。

そして、食事をしっかりとった上で不足分のタンパク質を補うようにプロテインを活用すると良いでしょう。

現役アスリートであれば、1日のタンパク質必要量が、変わってきます。

トレーニングをしていない男女のタンパク質必要量が、体重当たり約0.8〜1.0gなのに対し、高強度のトレーニングを行う選手や持久性種目を行う選手は酵素活性の維持や筋肉の修復のためにタンパク質必要量が増すため、体重当たり約1.4g〜1.6gまでタンパク質摂取量を増加させます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-9-27

    ホルモン分泌

    運動やトレーニングをすると、その直後には、さまざまなホルモンの血中濃度が一過性の変化を示します。…
  2. 2017-2-25

    対空時間と接地時間がバネの大きさを決める

    素晴らしいジャンプをするバレーボール選手や、一瞬のダイナミックな動きをするスポーツ選手について、あの…
  3. 2015-5-15

    筋細胞内の刺激伝達たんぱく質「エムトア」

    骨格筋が緩やかに減少していくことは高齢者の筋発揮能を考える上で非常に重要である。加齢に伴う骨格筋…
  4. 2015-5-12

    自発的脱水とは

    かつては運動時に水分を補給すると、発汗量が増加し疲労の原因となると考えられ、また渇きに耐えることも運…
  5. 2017-2-20

    呼吸や腹圧を高める上で欠かせない腹横筋

    腹横筋は腹部の筋肉の中でもっとも深層部にある筋肉で、背中からお腹にかけてコルセットを巻くように横に覆…
ページ上部へ戻る