アスリートの為のプロテイン摂取

プロテインと聞くと、「筋肉増強剤」などのイメージが強い方もいらっしゃると思いますが、ビタミンやミネラルを補給するのと同じで、サプリメントの1つで、栄養補助食品になります。

なので基本的には、1日の食事の中で不足した分の栄養素を補うという形で摂取します。

プロテインは、三大栄養素である「タンパク質」を意味しますが、元々は「プロテウス=1番大切なもの」というラテン語が語源になっています。

摂取したタンパク質のうち、身体に必要な分はまず、筋などに同化されます。

過剰摂取となった分は、身体活動に必要なエネルギーや、体脂肪へと変換されます。

アスリートで、筋量を増やしたい、筋力をつけたいという方は、1日のエネルギー摂取量がエネルギー消費量を下回ると、エネルギーとしてのタンパク質の利用が優先される為、エネルギーを補給しているだけということになります。

エネルギー消費量に見合うだけのエネルギー摂取量を増加させた上で、タンパク質の摂取量を増加させることにより、筋タンパク質の合成を高めることができます。

 

トレーニングを行っていない人のタンパク質摂取必要量の推奨量は、1日の中で体重1Kgあたり、0.925gと言われているため、体重が60Kgの人であれば60Kg×0.925g=55.5gが1日のタンパク質摂取推奨量となります。

そして、食事をしっかりとった上で不足分のタンパク質を補うようにプロテインを活用すると良いでしょう。

現役アスリートであれば、1日のタンパク質必要量が、変わってきます。

トレーニングをしていない男女のタンパク質必要量が、体重当たり約0.8〜1.0gなのに対し、高強度のトレーニングを行う選手や持久性種目を行う選手は酵素活性の維持や筋肉の修復のためにタンパク質必要量が増すため、体重当たり約1.4g〜1.6gまでタンパク質摂取量を増加させます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-4

    反射神経とは

    競技によっても様々ですが、アスリートたちの反応の速い動きをみてると驚かされるばかりです。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-9-27

    発語「しゃべる」という能力って?

    ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
  2. 2017-2-9

    小学生や中学生のトレーニング

    小学生から中学生にかけての成長期は、骨が大きく成長し身長が急激に伸びる時期にあたります。この…
  3. 2015-3-31

    sensori-motor integration

    我々が自由に身体を移動させ、手でものをつかみ、投げ、道具を作り、操ることができるのは、全身に備わって…
  4. 2017-1-24

    トレーニングの効率を上げるコアコントロール

    「コア」は体幹周辺をさす言葉で、頭、腕、脚を除いた胴体部分をさします。このコアの動きを担って…
  5. 2015-10-10

    筋断裂

    筋断裂は創傷をともわない閉鎖性筋損傷で、肉離れとも呼ばれます。スポーツ外…
ページ上部へ戻る