骨盤の傾きと腰部などの身体への負担

骨盤前傾が大きい(腰椎部伸展位)姿勢では、腰部が反りすぎてしまうので、椎間関節や棘突起など椎骨の後部に過度の負担がかかりやすくなります。

骨盤後傾位(腰椎部屈曲位)姿勢では、椎間板に過度な負担がかかりやすく、この姿勢でスクワットをしたり、重いものを持ち上げたりするのは危険です。
膝屈曲時に膝が前に出やすく膝への負担が大きくなったりします。
デスクワークなどでこの姿勢(骨盤後傾)で椅子に座っていると、背中の丸まりが大きくなり、肩甲骨が外転してきます。
さらに、頭が前に出てきて頸椎の生理的前弯が少なくなり、ストレートネックになりやすくなります。
この姿勢が習慣化してしまうと、腰部の張り、頸部や上肢の不調につながってきます。

骨盤のねじれや左右の傾きが大きい場合も習慣化すると脊髄神経を圧迫したり、脊柱周辺の(筋、靭帯、関節部)などに負担がかかってきます。

人の身体は連動しているので、骨盤の傾きや脊柱(椎骨の配列)の変化は、身体の末端へも影響を及ぼします。

不具合が起きている身体で無理にトレーニングしていると、健康のためのトレーニングが逆に「身体を悪くするトレーニング」になりかねません。

今の自分の身体の状態を知ることはとても大切なことです。

そして、不具合を正し健康な身体を手に入れましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-4

    衛生仮説とは何か

    花粉症というと季節性のアレルギー性鼻炎になるわけですが、近年その発症率は上がってきています。…
  2. 2015-1-19

    当たり前ですが運動効果を得るには運動をしなければなりません。

    運動をするのは楽しいことですが、同時にきつさ、つらさというのも味わうことになります。もち…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2017-1-22

    運動時間の設定

    中枢の循環系機能を高め、心排出量を増加させるためには、目標心拍数を維持した運動を少なくとも20分間続…
  5. 2015-12-19

    視交叉上核と時差ボケの発生機序

    時差症候群あるいは時差ボケは、時差のある地域をジェット機で移動した際に生じる環境のリズムと体内のリズ…
ページ上部へ戻る