骨盤の傾きと腰部などの身体への負担

骨盤前傾が大きい(腰椎部伸展位)姿勢では、腰部が反りすぎてしまうので、椎間関節や棘突起など椎骨の後部に過度の負担がかかりやすくなります。

骨盤後傾位(腰椎部屈曲位)姿勢では、椎間板に過度な負担がかかりやすく、この姿勢でスクワットをしたり、重いものを持ち上げたりするのは危険です。
膝屈曲時に膝が前に出やすく膝への負担が大きくなったりします。
デスクワークなどでこの姿勢(骨盤後傾)で椅子に座っていると、背中の丸まりが大きくなり、肩甲骨が外転してきます。
さらに、頭が前に出てきて頸椎の生理的前弯が少なくなり、ストレートネックになりやすくなります。
この姿勢が習慣化してしまうと、腰部の張り、頸部や上肢の不調につながってきます。

骨盤のねじれや左右の傾きが大きい場合も習慣化すると脊髄神経を圧迫したり、脊柱周辺の(筋、靭帯、関節部)などに負担がかかってきます。

人の身体は連動しているので、骨盤の傾きや脊柱(椎骨の配列)の変化は、身体の末端へも影響を及ぼします。

不具合が起きている身体で無理にトレーニングしていると、健康のためのトレーニングが逆に「身体を悪くするトレーニング」になりかねません。

今の自分の身体の状態を知ることはとても大切なことです。

そして、不具合を正し健康な身体を手に入れましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-17

    脂肪蓄積と体内時計

    体内時計の中枢である中枢時計は、視床下部視交叉上核にあり、各末梢器にも末梢時計なるものが存在していま…
  2. 2014-10-13

    同化・異化とは何か 〜代謝を考える〜

    蛋白に限らず糖類・脂質などの生物の体を構成する有機物質を分解する作用のことを異化:カタボリズムと言い…
  3. 2015-8-10

    ATPを産生するメカニズム

    ATPを産生するメカニズムは①クレアチンリン酸(PCr)の分解によるATP-PCr系…
  4. 2016-1-16

    中枢神経系と内部モデル

    これまでのさまざまな神経活動の研究から、中枢神経系にはさまざまな感覚受容器配列と対応する内的表現、す…
  5. 2015-9-8

    安静立位姿勢と筋活動

    人間の日常生活の行動の多くは、立位姿勢やそこから派生する姿勢で行われています。そのため、立位…
ページ上部へ戻る