骨盤の傾きと腰部などの身体への負担

骨盤前傾が大きい(腰椎部伸展位)姿勢では、腰部が反りすぎてしまうので、椎間関節や棘突起など椎骨の後部に過度の負担がかかりやすくなります。

骨盤後傾位(腰椎部屈曲位)姿勢では、椎間板に過度な負担がかかりやすく、この姿勢でスクワットをしたり、重いものを持ち上げたりするのは危険です。
膝屈曲時に膝が前に出やすく膝への負担が大きくなったりします。
デスクワークなどでこの姿勢(骨盤後傾)で椅子に座っていると、背中の丸まりが大きくなり、肩甲骨が外転してきます。
さらに、頭が前に出てきて頸椎の生理的前弯が少なくなり、ストレートネックになりやすくなります。
この姿勢が習慣化してしまうと、腰部の張り、頸部や上肢の不調につながってきます。

骨盤のねじれや左右の傾きが大きい場合も習慣化すると脊髄神経を圧迫したり、脊柱周辺の(筋、靭帯、関節部)などに負担がかかってきます。

人の身体は連動しているので、骨盤の傾きや脊柱(椎骨の配列)の変化は、身体の末端へも影響を及ぼします。

不具合が起きている身体で無理にトレーニングしていると、健康のためのトレーニングが逆に「身体を悪くするトレーニング」になりかねません。

今の自分の身体の状態を知ることはとても大切なことです。

そして、不具合を正し健康な身体を手に入れましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-12-29

    関節包内運動と固定の位置・ゆるみの位置

    関節には、その角度によって固定の位置(close−packed position)とゆるみの位置(o…
  2. 2015-8-2

    活性酸素と筋ミトコンドリア

    運動により、身体の酸素消費量は10〜40倍に、骨格筋では100〜200倍に増加すると言われ、一過性の…
  3. 2014-10-13

    同化・異化とは何か 〜代謝を考える〜

    蛋白に限らず糖類・脂質などの生物の体を構成する有機物質を分解する作用のことを異化:カタボリズムと言い…
  4. 2015-9-23

    大殿筋 

    起始:仙骨後面の側方、腸骨の殿筋面の後方(後殿筋線の後方)、胸腰筋膜と仙結節靭帯停止:(上部…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…
ページ上部へ戻る