膝関節は大きな可動性を有した関節形状をしていて、特に矢状面上での可動域が大きい関節になります。
矢状面ではすべり運動と転がり運動が生じ、靭帯によって適切にその動きを誘導されています。

前十字靭帯と後十字靭帯は、関節腔が形成される前から、存在すると言われていて、この2つの十字靭帯が膝関節運動の多くの部分を規定しているといわれています。

大腿骨内側顆と外側顆は曲率半径が異なるらせん構造をしていて、脛骨顆も外側と内側では形状が異なります。

脛骨内側顆が情報に凹状、外側顆は凸状であることがわかっており、この構造により、大腿骨外側顆は内側顆よりも移動量が大きくなり、屈曲-伸展時に回旋を伴う動きが誘発されます。

膝の最大伸展時の脛骨外旋は、「screw home movement」として有名です。

このように靭帯、半月板、筋はお互いに協調して膝関節の運動を誘導しているということがわかります。

この際、靭帯や半月板は受動的要素であり、自ら収縮可能な筋は能動的要素といえるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-23

    血糖値の恒常性

    グルコースは、摂食、消化された炭水化物が肝臓でグリコーゲンとして貯蔵され、グリコーゲンから変換されて…
  2. 2015-2-2

    セントラル・トリガーポイント

    筋膜痛を解決するには、まず、筋の中央に生じるセントラル・トリガーポイントを見つけることが大切です。…
  3. 2017-3-27

    筋トレで効果が出ない時の克服方法

    初心者がトレーニングを開始すると最初の数ヶ月は、使用する重量や反復回数が目覚しく向上していきます。…
  4. 2017-3-3

    回転スピードをコントロールして運動の効果を高める

    慣性モーメントが大きいを回しにくく、慣性モーメントが小さいと回しやすいということはフィギュアスケート…
  5. 2015-1-24

    高齢者の運動効果

    歳をとってからでも筋肉トレーニングをしたら効果は出るのでしょうか??高齢者でもしっかりと筋ト…
ページ上部へ戻る