膝関節は大きな可動性を有した関節形状をしていて、特に矢状面上での可動域が大きい関節になります。
矢状面ではすべり運動と転がり運動が生じ、靭帯によって適切にその動きを誘導されています。

前十字靭帯と後十字靭帯は、関節腔が形成される前から、存在すると言われていて、この2つの十字靭帯が膝関節運動の多くの部分を規定しているといわれています。

大腿骨内側顆と外側顆は曲率半径が異なるらせん構造をしていて、脛骨顆も外側と内側では形状が異なります。

脛骨内側顆が情報に凹状、外側顆は凸状であることがわかっており、この構造により、大腿骨外側顆は内側顆よりも移動量が大きくなり、屈曲-伸展時に回旋を伴う動きが誘発されます。

膝の最大伸展時の脛骨外旋は、「screw home movement」として有名です。

このように靭帯、半月板、筋はお互いに協調して膝関節の運動を誘導しているということがわかります。

この際、靭帯や半月板は受動的要素であり、自ら収縮可能な筋は能動的要素といえるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-2

    脊柱のカップリングモーションと歩行

    脊柱にはカップリングモーションという機構があります。これは脊柱の動きは、カップル(二つ一…
  2. 2015-4-13

    糖化とはなにか

    からだにとって大切なエネルギー源である糖質ですが、必要以上にとり過ぎてしまうと、余った糖質(ぶどう糖…
  3. 2015-6-6

    タメになる「豆」知識

    体型を気にしている女性やダイエットをしている女性は「ナッツ(豆)は美容効果やダイエットに良い」と聞い…
  4. 2015-9-1

    運動学習における感覚系の役割

    箸を巧みに使うためには、視覚運動協応が重要であり、ピアノ演奏には、聴覚フィードバックが必要になります…
  5. 2017-5-7

    パフォーマンスを向上させる反復練習

    スポーツのパフォーマンスを向上させるためには、そのスポーツに必要なスキルの要素を特に繰り返し練習する…
ページ上部へ戻る