膝関節は大きな可動性を有した関節形状をしていて、特に矢状面上での可動域が大きい関節になります。
矢状面ではすべり運動と転がり運動が生じ、靭帯によって適切にその動きを誘導されています。

前十字靭帯と後十字靭帯は、関節腔が形成される前から、存在すると言われていて、この2つの十字靭帯が膝関節運動の多くの部分を規定しているといわれています。

大腿骨内側顆と外側顆は曲率半径が異なるらせん構造をしていて、脛骨顆も外側と内側では形状が異なります。

脛骨内側顆が情報に凹状、外側顆は凸状であることがわかっており、この構造により、大腿骨外側顆は内側顆よりも移動量が大きくなり、屈曲-伸展時に回旋を伴う動きが誘発されます。

膝の最大伸展時の脛骨外旋は、「screw home movement」として有名です。

このように靭帯、半月板、筋はお互いに協調して膝関節の運動を誘導しているということがわかります。

この際、靭帯や半月板は受動的要素であり、自ら収縮可能な筋は能動的要素といえるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-8-7

    IGF-1と筋肥大の関係

    筋が、性ホルモン、成長ホルモン、インスリン、成長因子などの化学的刺激によって肥大することはよく知られ…
  2. 2015-4-15

    間脳の解剖 前編

    間脳は大脳半球と中脳との間にある脳部です。背面は大脳半球に覆われているので、外からは見えませ…
  3. 2017-4-22

    大きい筋肉ほど回復が遅く、小さい筋肉ほど回復が早い

    トレーニングのプログラムを分割する場合は、トレーニング部位によって回復期間に差があることを考えないと…
  4. 2014-9-27

    運動中の水分摂取について「いったい何を飲むべきか」

    「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…
  5. 2015-12-29

    関節包内運動と固定の位置・ゆるみの位置

    関節には、その角度によって固定の位置(close−packed position)とゆるみの位置(o…
ページ上部へ戻る