興奮収縮連関と筋収縮メカニズム

神経筋接合部の筋細胞膜側は終板とよばれ、ここには多数のニコチン性ACh受容体が存在しています。

この受容体にAChが結合すると、陽イオンチャネルが開き、主にNa+が流入し、筋細胞膜に脱分極を生じます。

ここで生じた活動電位を終板電位といいます。

活動電位が発生してから収縮を生じるまでの過程を興奮収縮連関といいます。

終板で発生した活動電位は、筋細胞膜から筋線維全体に広がるとともに、T管を通り筋線維内へと伝達されます。

T管を通ることによりジヒドロピリジン受容体を介して、隣接する筋小胞体を刺激し、リアノジン受容体からCa2+を細胞質中に放出します。

放出されたCa2+は拡散してアクチンフィラメント上のトロポニンと結合する。

収縮が終了すると筋小胞体膜上のCa2+ポンプによりATPをもちいて回収されます。

アクチン上のトロポニンにCa2+が結合すると、アクチン上のトロポミオシンの位置がずれ、アクチンのミオシン結合部位が露出されます。

すると、ミオシン頭部がアクチンフィラメントに接近し、クロスブリッジが形成されます。

ミオシン頭部に結合しているATPのうち、Piが離れることによりミオシン頭部は45°の首振りを行い、アクチンがサルコメア中央に向かって手繰り込まれます。

次にADPは解離し、ミオシン頭部はアクチンと結合したままになります。

ここでまたATPがミオシン頭部に結合すると、ミオシン頭部はアクチンから離れ、ATPを加水分解することで再びもとの角度に戻ります。

Ca2+がトロポニンに結合している限り、そしてATPが供給されている限り、このサイクルが繰り返されます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-23

    AMPK(AMP活性プロテインキナーゼ)とは

    細胞の中ではさまざまな種類の酵素が生きるための仕事を役割分担しながら行っています。AMPKは…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2015-10-12

    アキレス腱周囲炎

    使いすぎ症候群のひとつで、スポーツ障害として高頻度にみられるアキレス腱周囲炎ですが、中年以降のジョギ…
  4. 2014-12-5

    『ムーブメントプレパレーション』

    『ムーブメントプレパレーション=動きのための準備』今までにスポーツやトレーニングをする際に、…
  5. 2015-5-17

    体温と代謝

    私たちの体温は通常37℃前後に一定に保たれています。これを内温性といいます。これに対…
ページ上部へ戻る