興奮収縮連関と筋収縮メカニズム

神経筋接合部の筋細胞膜側は終板とよばれ、ここには多数のニコチン性ACh受容体が存在しています。

この受容体にAChが結合すると、陽イオンチャネルが開き、主にNa+が流入し、筋細胞膜に脱分極を生じます。

ここで生じた活動電位を終板電位といいます。

活動電位が発生してから収縮を生じるまでの過程を興奮収縮連関といいます。

終板で発生した活動電位は、筋細胞膜から筋線維全体に広がるとともに、T管を通り筋線維内へと伝達されます。

T管を通ることによりジヒドロピリジン受容体を介して、隣接する筋小胞体を刺激し、リアノジン受容体からCa2+を細胞質中に放出します。

放出されたCa2+は拡散してアクチンフィラメント上のトロポニンと結合する。

収縮が終了すると筋小胞体膜上のCa2+ポンプによりATPをもちいて回収されます。

アクチン上のトロポニンにCa2+が結合すると、アクチン上のトロポミオシンの位置がずれ、アクチンのミオシン結合部位が露出されます。

すると、ミオシン頭部がアクチンフィラメントに接近し、クロスブリッジが形成されます。

ミオシン頭部に結合しているATPのうち、Piが離れることによりミオシン頭部は45°の首振りを行い、アクチンがサルコメア中央に向かって手繰り込まれます。

次にADPは解離し、ミオシン頭部はアクチンと結合したままになります。

ここでまたATPがミオシン頭部に結合すると、ミオシン頭部はアクチンから離れ、ATPを加水分解することで再びもとの角度に戻ります。

Ca2+がトロポニンに結合している限り、そしてATPが供給されている限り、このサイクルが繰り返されます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-21

    動きの大きさと発揮する力を左右する関節角度と可動域

    運動は、脳からの指令によって筋肉が収縮することによって骨が動かされ、関節の角度を変え起こるものです。…
  2. 2015-4-24

    幼少期の筋量と骨の発達

    先日、イギリスの研究チームが「子どもの筋量が多いことが、健康な骨の発育に強く関連すること」を発表した…
  3. 2015-5-7

    体温調節機構

    だんだんと暖かく...というよりは暑くなってきましたね。私たちは、そんな環境の変化にどの…
  4. 2015-4-13

    糖化とはなにか

    からだにとって大切なエネルギー源である糖質ですが、必要以上にとり過ぎてしまうと、余った糖質(ぶどう糖…
  5. 2015-10-13

    脊髄に内在する中枢パターン発生器 ーCentral pattern generatorー

    運動における大脳皮質の貢献は、運動出力の生成そのものに対してはさほど高くないと解釈するのが妥当とされ…
ページ上部へ戻る