耐性というのは、ある物質を同じ量だけ何度んも服用しているうちに、効き目がだんだん下がってくる現象です。

つまり、それまで効いていた量では、同じ効き目が得られなくなってきたことになります。

耐性が発生すると、以前の量より物質を多めに服用するしかなく、これを繰り返すうちに、その量に対しても耐性が生じて、さらに量を増やすことになります。

耐性は命にかかわる危険な領域にまで達します。

耐性を持たない人が摂取したらたちどころに死んでしまうほどの多量の物質を服用しても平気な人さえいます。

では、なぜ耐性ができるのしょうか?

1つは、神経細胞が受容体の量を増やしたり、減らしたりすることで物質の効果を下げるというものがあります。

それと耐性の発生にはもう1つ、「解毒」といって、余分な物質を体外に排出する仕組みが関係しています。

人体にとって有害な薬や毒を体外に尿として排出したいけど、ほとんどの薬や毒は脂溶性なので、そのままでは水に溶けないため、尿として排出できないのです。

そこで、脂溶性の薬や毒を水溶性に加工するシトクロムP-450という酵素が肝臓ではたらき薬や毒を酸化させます。

酸化すると水に溶けやすくなるので、尿として排出が可能になります。

アルコール、モルヒネ、タバコを摂取すると、シトクロムP-450が大量に生産され、解毒が活発になります。

それによって普段からアルコールやタバコを大量に摂取している人は、手術の際に麻酔がかかりにくかったりします。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-31

    α-γ連関とγループとは

    運動神経は、神経線維の太いα運動ニューロンと、神経線維の細いγ運動ニューロンからなります、脊…
  2. 2015-1-19

    当たり前ですが運動効果を得るには運動をしなければなりません。

    運動をするのは楽しいことですが、同時にきつさ、つらさというのも味わうことになります。もち…
  3. 2015-10-7

    グリア細胞について考える

    脳の神経系を組織学的にみると、一定の排列と連結をなすニューロンとその周囲を取り巻くグリア細胞からなり…
  4. 2015-8-21

    筋紡錘とゴルジ腱器官

    筋紡錘は最も複雑な感覚受容器であり、知覚部分と収縮部分からなり、筋線維と一緒に引き伸ばされるように筋…
  5. 2016-1-11

    単純な行動も脳のさまざまな部位によって制御されている。

    単純な反射反応から複雑な精神活動まで、すべての行動は適切に相互されたニューロン間に起こるシグナル伝達…
ページ上部へ戻る