耐性というのは、ある物質を同じ量だけ何度んも服用しているうちに、効き目がだんだん下がってくる現象です。

つまり、それまで効いていた量では、同じ効き目が得られなくなってきたことになります。

耐性が発生すると、以前の量より物質を多めに服用するしかなく、これを繰り返すうちに、その量に対しても耐性が生じて、さらに量を増やすことになります。

耐性は命にかかわる危険な領域にまで達します。

耐性を持たない人が摂取したらたちどころに死んでしまうほどの多量の物質を服用しても平気な人さえいます。

では、なぜ耐性ができるのしょうか?

1つは、神経細胞が受容体の量を増やしたり、減らしたりすることで物質の効果を下げるというものがあります。

それと耐性の発生にはもう1つ、「解毒」といって、余分な物質を体外に排出する仕組みが関係しています。

人体にとって有害な薬や毒を体外に尿として排出したいけど、ほとんどの薬や毒は脂溶性なので、そのままでは水に溶けないため、尿として排出できないのです。

そこで、脂溶性の薬や毒を水溶性に加工するシトクロムP-450という酵素が肝臓ではたらき薬や毒を酸化させます。

酸化すると水に溶けやすくなるので、尿として排出が可能になります。

アルコール、モルヒネ、タバコを摂取すると、シトクロムP-450が大量に生産され、解毒が活発になります。

それによって普段からアルコールやタバコを大量に摂取している人は、手術の際に麻酔がかかりにくかったりします。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-8

    安静立位姿勢と筋活動

    人間の日常生活の行動の多くは、立位姿勢やそこから派生する姿勢で行われています。そのため、立位…
  2. 2014-10-17

    エネルギー供給機構を考える。

    筋収縮には ATP が必要であるが、筋内のATP の量はわずかであるため、運動を継続す るた…
  3. 2015-8-4

    筋・筋膜痛について

    筋痛には、運動に伴う筋痛や、反射性筋収縮による筋痛、筋筋膜性疼痛症候群、線維性筋痛症候群、緊張による…
  4. 2015-5-29

    インスリン分泌促進因子インクレチンと肥満の関係

    インクレチンとは消化管ホルモンであるGIPとGLP-1の総称です。これらは食事摂取に伴い効率…
  5. 2015-8-11

    筋持久力とエネルギー供給

    持久力とは、運動を持続できる能力のことで、疲労に対する抵抗力とも言えます。筋持久力を決定する…
ページ上部へ戻る