耐性というのは、ある物質を同じ量だけ何度んも服用しているうちに、効き目がだんだん下がってくる現象です。

つまり、それまで効いていた量では、同じ効き目が得られなくなってきたことになります。

耐性が発生すると、以前の量より物質を多めに服用するしかなく、これを繰り返すうちに、その量に対しても耐性が生じて、さらに量を増やすことになります。

耐性は命にかかわる危険な領域にまで達します。

耐性を持たない人が摂取したらたちどころに死んでしまうほどの多量の物質を服用しても平気な人さえいます。

では、なぜ耐性ができるのしょうか?

1つは、神経細胞が受容体の量を増やしたり、減らしたりすることで物質の効果を下げるというものがあります。

それと耐性の発生にはもう1つ、「解毒」といって、余分な物質を体外に排出する仕組みが関係しています。

人体にとって有害な薬や毒を体外に尿として排出したいけど、ほとんどの薬や毒は脂溶性なので、そのままでは水に溶けないため、尿として排出できないのです。

そこで、脂溶性の薬や毒を水溶性に加工するシトクロムP-450という酵素が肝臓ではたらき薬や毒を酸化させます。

酸化すると水に溶けやすくなるので、尿として排出が可能になります。

アルコール、モルヒネ、タバコを摂取すると、シトクロムP-450が大量に生産され、解毒が活発になります。

それによって普段からアルコールやタバコを大量に摂取している人は、手術の際に麻酔がかかりにくかったりします。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-3-31

    共感覚(synesthesia)とは

    共感覚(synesthesia)とは、通常ある種の刺激で起こる感覚を、別の感覚刺激で起こす現象です。…
  2. 2015-5-18

    肥満と神経ヒスタミン

    ヒスタミンは広く知られているところで、花粉症のくしゃみなどアレルギー症状の原因になる物質です。…
  3. 2015-10-28

    大脳皮質運動関連領野と歩行

    歩行運動を含めた運動の発現・実行とのかかわりで重要なのは前頭葉です。このことは19世紀後半に…
  4. 2014-9-27

    頭痛にお悩みの方、群発頭痛って知ってますか?

    出産よりも痛いといわれており、心筋梗塞、尿路結石、と並び生きているうちに味わえる三大痛の一つとされて…
  5. 2014-12-4

    エネルギーを出し入れするホルモン

    ヒトのカラダは寝ても覚めても常にエネルギーを消費し続けています。だから、エネルギー源となるぶどう…
ページ上部へ戻る