トレーニングと脂質の関係

トレーニングと栄養は切っても切り離せない関係にあります。

それに関しては誰しもが知っていることだと思います。

昨日もトレーニングと糖質摂取について書いたばかりですし、タンパク質・アミノ酸の摂取と筋肥大に関しても以前お書きしました。

タンパク質はもちろんのこと糖質に関しても、筋量増加や筋疲労の回復などに効果があることが明らかにされているのですが、三大栄養素のうち脂質に対して肯定的な意見を聞くことはあまりありません。

多くの方が脂肪は邪魔なものだと考えているでしょうし、あまり良いイメージはもたれないので、仕方ないことなのかもしれませんが、筋量の増加や筋肥大には重要な栄養素になります。

主要栄養素の中で、特に脂肪は、筋肥大に関係するホルモンであるテストステロンに対して影響を及ぼすことが判明しています。

低脂肪食や、アメリカ心臓協会で、控えるべきとされている飽和脂肪酸の代わりに摂取を推奨されている多価負飽和脂肪酸を多く摂取することで、基礎テストステロン濃度が低下することが研究によって分かっています。

これに関しては正と負の両方の側面がありますので、一概にどちらがいいとはいえません。

ですが、飽和脂肪酸や多価負飽和脂肪酸は、望ましい摂取割合があるのでそれを崩さないようにするべきでしょう。

ある研究では、若いトレーニング実践者において、テストステロン濃度と脂肪摂取には正の関係があることが報告されています。

また、食事に脂肪が不足しているとタンパク質同化ホルモンの形状が損なわれると考えられています。

それにより筋のタンパク質合成が行なわれにくくなると考えることができます。

こうしてみてみると、脂質は悪いものばかりではないと再確認することができます。

いまいちどバランスを見直してみるのもいいかもしれませんね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-2

    DHA(ドコサヘキサエン酸)

    近年、日本では、食生活の欧米化が進み生活習慣病が増加傾向にあります。以前は成人病と呼ばれた生…
  2. 2015-8-7

    IGF-1と筋肥大の関係

    筋が、性ホルモン、成長ホルモン、インスリン、成長因子などの化学的刺激によって肥大することはよく知られ…
  3. 2015-5-15

    筋細胞内の刺激伝達たんぱく質「エムトア」

    骨格筋が緩やかに減少していくことは高齢者の筋発揮能を考える上で非常に重要である。加齢に伴う骨格筋…
  4. 2017-3-27

    筋トレで効果が出ない時の克服方法

    初心者がトレーニングを開始すると最初の数ヶ月は、使用する重量や反復回数が目覚しく向上していきます。…
  5. 2015-3-25

    脂肪細胞とホルモン

    脂肪細胞はいわば中性脂肪の倉庫みたいなもので、貯蔵する中性脂肪が増えて脂肪細胞に入りきらなくなると、…
ページ上部へ戻る