トレーニングと脂質の関係

トレーニングと栄養は切っても切り離せない関係にあります。

それに関しては誰しもが知っていることだと思います。

昨日もトレーニングと糖質摂取について書いたばかりですし、タンパク質・アミノ酸の摂取と筋肥大に関しても以前お書きしました。

タンパク質はもちろんのこと糖質に関しても、筋量増加や筋疲労の回復などに効果があることが明らかにされているのですが、三大栄養素のうち脂質に対して肯定的な意見を聞くことはあまりありません。

多くの方が脂肪は邪魔なものだと考えているでしょうし、あまり良いイメージはもたれないので、仕方ないことなのかもしれませんが、筋量の増加や筋肥大には重要な栄養素になります。

主要栄養素の中で、特に脂肪は、筋肥大に関係するホルモンであるテストステロンに対して影響を及ぼすことが判明しています。

低脂肪食や、アメリカ心臓協会で、控えるべきとされている飽和脂肪酸の代わりに摂取を推奨されている多価負飽和脂肪酸を多く摂取することで、基礎テストステロン濃度が低下することが研究によって分かっています。

これに関しては正と負の両方の側面がありますので、一概にどちらがいいとはいえません。

ですが、飽和脂肪酸や多価負飽和脂肪酸は、望ましい摂取割合があるのでそれを崩さないようにするべきでしょう。

ある研究では、若いトレーニング実践者において、テストステロン濃度と脂肪摂取には正の関係があることが報告されています。

また、食事に脂肪が不足しているとタンパク質同化ホルモンの形状が損なわれると考えられています。

それにより筋のタンパク質合成が行なわれにくくなると考えることができます。

こうしてみてみると、脂質は悪いものばかりではないと再確認することができます。

いまいちどバランスを見直してみるのもいいかもしれませんね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  2. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  3. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  4. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…
  5. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-9

    筋肥大におけるホルモンの役割

    成長因子の働き成長因子は、器官内の細胞から分泌され主に局所的に働いて細胞の成長を調節…
  2. 2014-10-17

    食欲を考える!

    最近、肌寒くなってきて「秋」らしくなってきましたね。秋といえば「食欲の秋」ですね!皆さん食べ過ぎ…
  3. 2016-3-13

    睡眠欲求の2つのプロセス

    睡眠は概日性の行動であり、すべての種において、睡眠の周期は地球の自転と昼夜周期を知らせる時間の手がか…
  4. 2017-3-24

    健康を支える大腿筋

    大腿筋とは太ももまわりの筋肉で、体の中でも一番大きな筋肉です。立つ、歩く、走る、など人間のあ…
  5. 2015-6-2

    腰椎椎間板ヘルニアってなに??

    腰椎椎間板ヘルニアって聞いたことあるけど...今回は…
ページ上部へ戻る