リクルートメントとレートコーディング

筋肉の収縮は興奮収縮連関によって生じ、運動単位は筋収縮の基本単位となります。
ある特定の筋の収縮力は、筋収縮活動に動員される運動単位の総数と個々の運動単位におけるα運動ニューロンのインパルス発射頻度に依存します。

この運動単位の動員様式を「リクルートメント」、運動単位のインパルス発射頻度の調整を「レートコーディング」と呼びます。

筋力の発揮レベルが低い段階では主にリクルートメントがその調整に働き、筋力の発揮レベルが高まるにつれて全ての運動単位が動員された後、インパルスの発射頻度が増える、つまりレートコーディングによる筋力発揮の調整が行われます。

筋力強化時期の初期段階では、アイソメトリックな収縮や自動介助運動などで筋の再教育を行なっていく必要があるが、これは神経系の改善にあたり、怒っているのは運動単位動員数の増加、ならびに運動単位における発火頻度の増加、つまり「リクルートメント」と「レートコーディング」によるものになります。

ある程度トレーニングが進んでいくと、神経機能の改善から、筋力、筋横断面積の増加が始まります。

このようにまずは神経系の機能改善から始まり、その後に筋繊維の肥大がみられ、筋機能の改善が引き起されるということになります。

筋機能の改善、いわゆる筋力の増加に関しては、筋横断面積の増加がその主たる役割となります。
この筋力増加に伴う筋肥大の主要な部分を担っているのは、筋繊維の肥大(hypertrophy)であって、この筋繊維の肥大の中身とは「筋原繊維の肥大」と「筋原繊維の数の増加(筋原繊維の縱裂)」といわれています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-10-17

    エネルギー供給機構を考える。

    筋収縮には ATP が必要であるが、筋内のATP の量はわずかであるため、運動を継続す るた…
  2. 2015-5-23

    AMPK(AMP活性プロテインキナーゼ)とは

    細胞の中ではさまざまな種類の酵素が生きるための仕事を役割分担しながら行っています。AMPKは…
  3. 2017-3-10

    フィードバックとフィードフォワード

    スポーツにはケガはつきものです。なぜケガをしてしまったのか原因を考え改善していく必要がありま…
  4. 2015-3-30

    内側側副靭帯損傷について

    先日のプロ野球の試合でソフトバンクの斐嗣捕手がホームベースへスライディングの際に膝を痛めてしまいニュ…
  5. 2016-12-12

    パフォーマンスを決める2つの要素

    高いパフォーマンスを実現するためには、大きく分けて2つの要素があります。1つ目は、筋力や持久力、…
ページ上部へ戻る