疲れやコリを取り除くコリ回路とは

筋中において、疲れやコリの一因になるのは、血中の乳酸濃度が高まることによるpHの低下、乳酸性アシドーシスが引き起こされることにあります。

その乳酸性アシドーシスを防いでくれる回路がコリ回路というものです。

コリ回路とは、嫌気呼吸の過程において、赤血球や筋肉でグルコースから乳酸を作り、肝臓で乳酸からグルコースに戻すまでの経路のことを言います。

嫌気呼吸にはいくつか種類がありますが、一般的には嫌気的解糖を指します。

これは無酸素状態の解糖系の経路であり、運動でいうと無酸素運動状態時に活発に働く経路になります。

この経路では、副産物として乳酸が産生されるわけですが、その乳酸はまた再利用することができるため、肝臓に送られ、ピルビン酸に変換された後、糖新生によりグルコースへ変えられ、再び筋中に戻ります。

このようなグルコースと乳酸の循環をコリ回路といいます。

この名称は肩コリのコリから来ているわけではなく、これを発見した夫妻のファミリーネームに由来しています。

ここで興味深いのは、コリ回路はエネルギーを作り出す経路ではないということです。

副産物である乳酸を再利用しているわけですからエネルギーを作り出しているに違いないのですが、作り出すに至るまでに、それ以上のエネルギーを消費しているのです。

したがって、エネルギーを作り出してはいるものの、その出納を考えた時、相対的にはエネルギーを消費している回路ということになります。

しかし、コリ回路の何より重要な働きは乳酸性アシドーシスを防ぐことにあり、乳酸はそれ以上代謝することのできない物質ですので、多少の消費には目を瞑る必要があります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-12

    パフォーマンスを決める2つの要素

    高いパフォーマンスを実現するためには、大きく分けて2つの要素があります。1つ目は、筋力や持久力、…
  2. 2017-2-22

    重要性と原則に照らしてトレーニング種目を配列する

    トレーニングは最初に行った種目の効果が一番大きくなり、後に行った種目ほど効果が小さくなります。…
  3. 2016-1-10

    スポーツにおける腰痛とコアの筋構造

    スポーツにおける腰痛は性別・年代を問わず、あらゆる種目の競技者に頻発する障害です。そのなかでも、…
  4. 2017-4-10

    筋肥大を促すオールアウト

    筋肉肥大のためには、筋肉運動を限界と思われるまで繰り返すのが基本です。最終的にこれ以上動かす…
  5. 2015-11-25

    ラベンダーによるアロマテラピーについて

    アロマテラピーは芳香療法とも呼ばれ、1920年代にフランスの調香師ガットフォッセが作ったとされていま…
ページ上部へ戻る