疲れやコリを取り除くコリ回路とは

筋中において、疲れやコリの一因になるのは、血中の乳酸濃度が高まることによるpHの低下、乳酸性アシドーシスが引き起こされることにあります。

その乳酸性アシドーシスを防いでくれる回路がコリ回路というものです。

コリ回路とは、嫌気呼吸の過程において、赤血球や筋肉でグルコースから乳酸を作り、肝臓で乳酸からグルコースに戻すまでの経路のことを言います。

嫌気呼吸にはいくつか種類がありますが、一般的には嫌気的解糖を指します。

これは無酸素状態の解糖系の経路であり、運動でいうと無酸素運動状態時に活発に働く経路になります。

この経路では、副産物として乳酸が産生されるわけですが、その乳酸はまた再利用することができるため、肝臓に送られ、ピルビン酸に変換された後、糖新生によりグルコースへ変えられ、再び筋中に戻ります。

このようなグルコースと乳酸の循環をコリ回路といいます。

この名称は肩コリのコリから来ているわけではなく、これを発見した夫妻のファミリーネームに由来しています。

ここで興味深いのは、コリ回路はエネルギーを作り出す経路ではないということです。

副産物である乳酸を再利用しているわけですからエネルギーを作り出しているに違いないのですが、作り出すに至るまでに、それ以上のエネルギーを消費しているのです。

したがって、エネルギーを作り出してはいるものの、その出納を考えた時、相対的にはエネルギーを消費している回路ということになります。

しかし、コリ回路の何より重要な働きは乳酸性アシドーシスを防ぐことにあり、乳酸はそれ以上代謝することのできない物質ですので、多少の消費には目を瞑る必要があります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-11-6

    運動時の循環血液量調節機構

    運動中には、運動強度に応じて心拍出量は増し、かつ活動筋に大量に血液が流れるようにその部位の血管は拡張…
  2. 2014-11-6

    ”腰(コシ)”は身体の要

    腰椎椎間板ヘルニアという病名は一般化していますが、「腰椎」「椎間板」「ヘルニア」などと病名を分解して…
  3. 2015-2-22

    運動をする時間帯とそのパフォーマンスについて

    運動を実施する時間帯とそのパフォーマンスには相関するものがあるでしょうか?被験者に1時間ごと…
  4. 2017-3-19

    ストレッチングによる柔軟性向上の短期および長期効果

    ストレッチングの効果に関して、システマティックレビューがいくつも行われており、短期的あるいは長期的な…
  5. 2014-12-10

    たとえ休日でも寝だめはダメなんです

    普段平日の睡眠不足に悩まされている方に採用されがちな解消法として「寝だめ」というものがあります。…
ページ上部へ戻る