アメリカの神経解剖学者のAllan Basbaumと、神経生理学者のHoward Fieldsは1979年に下行性疼痛抑制系を発見しました。

脊髄後角細胞侵害受容ニューロンに対する下行性疼痛抑制系の主要なものは、セロトニンを介した抑制系とノルアドレナリン系を介した抑制系があります。

セロトニン系は、延髄大縫線核を介して抑制する系であり、ノルアドレナリン系は青斑核を介した抑制系です。

下行性疼痛抑制系の起始核は中脳中心灰白質です。

これは中脳水道を取り囲む領域で、比較的小型の細胞が密に分布しています。

また、さまざまな機能を持つニューロンが長軸方向に沿って円柱状に排列しているため、下行性疼痛抑制系の起始核だけではなく、さまざまな本能行動、情動行動、自律性機能に深く関わっています。

下行性疼痛抑制系に関わる主要な入力は、視床下部の弓状核、扁桃体中心核からなりますが、他にも、視床束傍核、前頭皮質、島皮質、網様体、青斑核など脳幹のさまざまな領域からの求心性線維を受けています。

青斑核は、橋網様体に左右1対あるノルアドレナリンを含有する最大の細胞群です。

青斑核は意識の水準の維持、覚醒のコントロール、脊髄への投射を介した下行性の疼痛抑制にも関与しています。

ノルアドレナリン神経系のA6は橋青斑核にあり、脳幹のA5〜A7もノルアドレナリンを介した下行性疼痛抑制系の起始核です。

A5〜A7のノルアドレナリン神経を刺激すると、脊髄後角侵害受容ニューロンの活動が抑制されること、アドレナリンα2受容体作動薬であるクロニジンを脊髄の硬膜外に注入すると除痛が得られることから、これらの鎮痛作用はノルアドレナリンを介した抑制であることが分かりました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  2. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  3. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  4. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…
  5. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-6

    尿による水分量の調節

    1日に尿をする回数は、成人で平均4~6回、その量は1日で約1.5リットルになるといわれています。…
  2. 2014-9-27

    副腎皮質ホルモン

    副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  3. 2017-3-6

    運動連鎖を引き出すために

    運動連鎖をうまくつかって最終的に大きなスピードを得るためには、まず中心部をしっかりとさせて大きな力を…
  4. 2016-2-27

    皮膚温度の変化の検出と温度受容器

    手でもった対象物の大きさや形、テクスチャーは触覚だけでなく視覚によっても感知することが可能ですが、温…
  5. 2015-11-29

    糖代謝と血糖調節機構

    生命の維持にはエネルギーの獲得が必要であり、糖質は生体にとってもっとも重要なエネルギー源になります。…
ページ上部へ戻る