アメリカの神経解剖学者のAllan Basbaumと、神経生理学者のHoward Fieldsは1979年に下行性疼痛抑制系を発見しました。

脊髄後角細胞侵害受容ニューロンに対する下行性疼痛抑制系の主要なものは、セロトニンを介した抑制系とノルアドレナリン系を介した抑制系があります。

セロトニン系は、延髄大縫線核を介して抑制する系であり、ノルアドレナリン系は青斑核を介した抑制系です。

下行性疼痛抑制系の起始核は中脳中心灰白質です。

これは中脳水道を取り囲む領域で、比較的小型の細胞が密に分布しています。

また、さまざまな機能を持つニューロンが長軸方向に沿って円柱状に排列しているため、下行性疼痛抑制系の起始核だけではなく、さまざまな本能行動、情動行動、自律性機能に深く関わっています。

下行性疼痛抑制系に関わる主要な入力は、視床下部の弓状核、扁桃体中心核からなりますが、他にも、視床束傍核、前頭皮質、島皮質、網様体、青斑核など脳幹のさまざまな領域からの求心性線維を受けています。

青斑核は、橋網様体に左右1対あるノルアドレナリンを含有する最大の細胞群です。

青斑核は意識の水準の維持、覚醒のコントロール、脊髄への投射を介した下行性の疼痛抑制にも関与しています。

ノルアドレナリン神経系のA6は橋青斑核にあり、脳幹のA5〜A7もノルアドレナリンを介した下行性疼痛抑制系の起始核です。

A5〜A7のノルアドレナリン神経を刺激すると、脊髄後角侵害受容ニューロンの活動が抑制されること、アドレナリンα2受容体作動薬であるクロニジンを脊髄の硬膜外に注入すると除痛が得られることから、これらの鎮痛作用はノルアドレナリンを介した抑制であることが分かりました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-20

    ミラーニューロンと共感力

    「ミラーニューロン」とは、自分の動作と他人の動作に「ミラー鏡」のように同じような反応をする神経細胞の…
  2. 2016-12-1

    スポーツ歯科の重要性

    なぜ、一流のスポーツ選手は歯を大切にするのでしょうか?それは歯と運動能力には密接な関係があるから…
  3. 2015-9-23

    internal impingementのメカニズム

    肩関節を外転位で外旋させると、上腕骨大結節は肩甲骨関節窩後上方部分と衝突します。(internal …
  4. 2015-5-30

    核内受容体PPARγと肥満の関係

    肝臓は、糖質および脂質代謝を担う主要な組織であり、エネルギー代謝の中心的役割を担う組織です。…
  5. 2015-3-14

    骨盤のゆがみと仙腸関節

    骨盤は下肢と脊柱を連結する位置にあり、荷重伝達機能を担う。骨盤の可動性に関与するのは、左右の寛骨…
ページ上部へ戻る