ラテラリィ『利き○○』の存在

人には利き手が存在し、上手に扱える手と、扱えない手があります。

このような身体上の「利き○○」は利き手の他にも足、目、耳といったものがあります。

このような現象のことをラテラリティといい、厳密には、身体の左右器官の間における好みの偏りと、能力上の左右差の両面を指す概念になります。

利き手は生まれつきだといいますが、乳幼児期には周期的に変化があり、最初に利き手が確立されるのは8歳ごろだと考えられています。

しかし、それは安定しているとは言い難く、児童期でも利き手の発達は起こり、内分泌形の影響を受けるなどして、思春期から青年期のはじめごろに確立されると見られています。

人間は約90%が右利きであり、残りの約10%が左利きと両利きだといわれています。

利き手に関して、全てというわけではありませんが、ある程度遺伝の影響を受けているようです。

しかし、それよりも環境的な要因が強く、学校や家庭教育で右手を使うよう矯正されることも少なくありません。

また、病理的要因というものもあり、胎児期、周産期に左脳を損傷、発育を阻害するといったようなことが起こると、右手が使いにくくなって左利きになるという説があります。

このように、利き手が決定される要因には、遺伝、環境、病理の三つがあります。

また、左利きは天才肌といった迷信・都市伝説をよく聞きますが、あれは似非科学になりますね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-12

    トレーニングは大筋群などから先に行う

    トレーニング種目を選択したら、種目の順番を考えます。行う順序にはいくつかのポイントがあります…
  2. 2015-2-11

    フレイルという概念

    人間は年齢を重ねるにつれて身体機能が落ちてきます。そしてそれをそのままにしておくとQOL、A…
  3. 2015-6-8

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
  4. 2017-2-25

    対空時間と接地時間がバネの大きさを決める

    素晴らしいジャンプをするバレーボール選手や、一瞬のダイナミックな動きをするスポーツ選手について、あの…
  5. 2015-4-2

    筋のガーディングとは

    筋のガーディングとは、痛み刺激に反応する筋の持続的収縮であり、防御的に体が過度に動くのを防ぐためのサ…
ページ上部へ戻る