Gate Control TheoryとはPatrick D.WallとRonaldが1965年に発表した理論である。

疼痛抑制理論として有名な理論であり、 この理論では「痛み刺激は脊髄後角に存在するゲートで触刺激により軽減される」と述べられている。

痛覚の一次ニューロンは末梢の受容器から脊髄後角で形成される。

脊髄後角には、 痛みを制御するゲートが存在し、その要である膠様質(substania gelatinosa:SG)細胞と、 痛み刺激を中枢に伝えるT細胞とが存在している。

SG細胞がT細胞に対しシナプス前抑制をかけることで痛み刺激が軽減される。 通常、 痛みを伝えるAδ線維やC線維などの細い線維の興奮だけでは、 SG細胞の働きは抑制されるため、 T細胞への入力は抑制されず、 痛みはT細胞を介しそのまま脳へ伝わる。

一方で、触覚を伝える太いAβ神経線維はSG細胞の働きを促進させるため、 シナプス前抑制が働き、 それにより、 T細胞への痛み刺激の入力は抑制され、 痛み刺激が軽減される。 これが発表当時のGate Control Theoryである。

この理論は、その後いくつかの修正を受け現在では、 抑制性介在ニューロンが直接的に投射ニューロンを抑制すること、 下行性疼痛抑制系、 認識性制御が関与することなどが追加されている。

Aβ線維とAδ、 C線維を同時に刺激すると、 Aβ線維による神経伝達は活性化し、 Aδ線維やC線維の神経伝達は抑制に働く。

これにより痛み刺激は軽減される。 これには抑制性介在ニューロンによる直接的な投射ニューロンの抑制、 5-HT系やNA系の下行性疼痛抑制、  侵害部位以外への意識などが関与していると考えられる。

この理論は今なお鎮痛メカニズムにおいて支持されており、 特に徒手療法においては、 痛みそのものとそれに付随するストレス軽減のため、 積極的に活用すべきである。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-6

    ”腰(コシ)”は身体の要

    腰椎椎間板ヘルニアという病名は一般化していますが、「腰椎」「椎間板」「ヘルニア」などと病名を分解して…
  2. 2015-4-18

    さまざまな輸送の仕組み

    我々の体にはさまざまな輸送の仕組みが備わっている。消化管での栄養素の輸送、血管壁を通じた栄養…
  3. 2017-2-23

    慢性疲労が起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツやトレーニングを行って出た生理的疲労が、十分な回復をすることなく積み重なってその結果として慢…
  4. 2015-8-10

    ATPを産生するメカニズム

    ATPを産生するメカニズムは①クレアチンリン酸(PCr)の分解によるATP-PCr系…
  5. 2015-5-29

    インスリン分泌促進因子インクレチンと肥満の関係

    インクレチンとは消化管ホルモンであるGIPとGLP-1の総称です。これらは食事摂取に伴い効率…
ページ上部へ戻る