Gate Control TheoryとはPatrick D.WallとRonaldが1965年に発表した理論である。

疼痛抑制理論として有名な理論であり、 この理論では「痛み刺激は脊髄後角に存在するゲートで触刺激により軽減される」と述べられている。

痛覚の一次ニューロンは末梢の受容器から脊髄後角で形成される。

脊髄後角には、 痛みを制御するゲートが存在し、その要である膠様質(substania gelatinosa:SG)細胞と、 痛み刺激を中枢に伝えるT細胞とが存在している。

SG細胞がT細胞に対しシナプス前抑制をかけることで痛み刺激が軽減される。 通常、 痛みを伝えるAδ線維やC線維などの細い線維の興奮だけでは、 SG細胞の働きは抑制されるため、 T細胞への入力は抑制されず、 痛みはT細胞を介しそのまま脳へ伝わる。

一方で、触覚を伝える太いAβ神経線維はSG細胞の働きを促進させるため、 シナプス前抑制が働き、 それにより、 T細胞への痛み刺激の入力は抑制され、 痛み刺激が軽減される。 これが発表当時のGate Control Theoryである。

この理論は、その後いくつかの修正を受け現在では、 抑制性介在ニューロンが直接的に投射ニューロンを抑制すること、 下行性疼痛抑制系、 認識性制御が関与することなどが追加されている。

Aβ線維とAδ、 C線維を同時に刺激すると、 Aβ線維による神経伝達は活性化し、 Aδ線維やC線維の神経伝達は抑制に働く。

これにより痛み刺激は軽減される。 これには抑制性介在ニューロンによる直接的な投射ニューロンの抑制、 5-HT系やNA系の下行性疼痛抑制、  侵害部位以外への意識などが関与していると考えられる。

この理論は今なお鎮痛メカニズムにおいて支持されており、 特に徒手療法においては、 痛みそのものとそれに付随するストレス軽減のため、 積極的に活用すべきである。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-3-17

    バランス能力と姿勢制御戦略

    バランス能力に必要な条件は、支持基底面内に重心を溜め、支持基底面から外れた重心の位置を素早く戻す能力…
  2. 2015-4-15

    間脳の解剖 前編

    間脳は大脳半球と中脳との間にある脳部です。背面は大脳半球に覆われているので、外からは見えませ…
  3. 2016-2-13

    体重の構成要素

    体重の構成要素には、①脂肪量(脂肪組織および他の組織中に含まれるすべての脂肪)②除脂肪量(水…
  4. 2017-3-11

    負荷に自重を用いる場合の留意点

    筋力エクササイズの負荷に自重を用いた場合、鍛えたい筋や筋群に加わる負荷強度は、自重に対するそれらの筋…
  5. 2015-6-26

    アスリートの為のプロテイン摂取

    プロテインと聞くと、「筋肉増強剤」などのイメージが強い方もいらっしゃると思いますが、ビタミンやミネラ…
ページ上部へ戻る