高齢者の筋力トレーニング

加齢に伴う筋力の低下は、身体活動量の低下をもたらすだけでなく、脂肪蓄積量や骨吸収を増加させます。

高齢者の生活の質(QOL)の維持のため、骨塩量の低下、体脂肪の蓄積を防止することが大事になってきます。

そういった意味で、高齢者の筋力トレーニングの意義はきわめて大きいです。

一般的に筋トレといえば、筋収縮にたいする外部抵抗を漸増させる抵抗性トレーニング(レジスタンストレーニング)ですが、これだと高齢者がするには、トレーニング中に障害が発生する危険性があるだけでなく、

トレーニング効果が少ないものがあります。

また筋力トレーニングは怒責などを伴うことも多いため、動作中の収縮期圧上昇などのリスクも考えられます。

そのため、高齢者をトレーニングする際は十分な配慮が必要になります。

しかし、高齢者の筋力トレーニングの効果を出すには、日常生活動作では経験しないような刺激を骨格筋に与えることが重要になってきます。

事故や障害発生の危険性を考慮した筋力トレーニングが、温熱刺激を利用したトレーニングです。

①あらかじめ温熱刺激を与えてからトレーニングをすると筋肥大が促進すること。

②温熱刺激のみで筋肥大がひきおこされること。

③筋足痛が行われていないことで引き起こされる萎縮からの回復は温熱負荷により促進する。

④温熱刺激は筋細胞内のAktを活性化すること。

が確認されていてるけれど、骨格筋増量効果の発現には条件があります。

例えば①では筋温が一定温度以上に達することや、②ではその筋温が一定時間以上継続することが必要と考えられています。

ただこの条件を満たせば、どの年代でも温熱刺激による骨格筋肥大は起こるということはわかっています。

高齢者をトレーニングする際は、こういったトレーニングの知識もあったほうが障害発生の危険性などは低くできます。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-28

    エネルギー不足時の糖代謝

    エネルギー不足時には、肝臓でグリコーゲンを分解したり、筋肉から放出されるアミノ酸から糖新生をして、グ…
  2. 2015-6-12

    神経系と反射弓

    神経系の機能の本質は、刺激を末梢から中枢に導き、興奮を中枢から末梢に伝えることにあります。こ…
  3. 2017-2-6

    体を正しく動かすために

    トレーニングやスポーツ競技を行ううえで炎症が起こることがあります。野球でヒジや肩などの障害は…
  4. 2017-1-10

    神経・筋に対するトレーニングの効果

    トレーニングで用いる負荷の大きさや、動作様式に応じて神経や筋肉にさまざまな適応を引き起こします。…
  5. 2015-8-4

    筋・筋膜痛について

    筋痛には、運動に伴う筋痛や、反射性筋収縮による筋痛、筋筋膜性疼痛症候群、線維性筋痛症候群、緊張による…
ページ上部へ戻る