高齢者の筋力トレーニング

加齢に伴う筋力の低下は、身体活動量の低下をもたらすだけでなく、脂肪蓄積量や骨吸収を増加させます。

高齢者の生活の質(QOL)の維持のため、骨塩量の低下、体脂肪の蓄積を防止することが大事になってきます。

そういった意味で、高齢者の筋力トレーニングの意義はきわめて大きいです。

一般的に筋トレといえば、筋収縮にたいする外部抵抗を漸増させる抵抗性トレーニング(レジスタンストレーニング)ですが、これだと高齢者がするには、トレーニング中に障害が発生する危険性があるだけでなく、

トレーニング効果が少ないものがあります。

また筋力トレーニングは怒責などを伴うことも多いため、動作中の収縮期圧上昇などのリスクも考えられます。

そのため、高齢者をトレーニングする際は十分な配慮が必要になります。

しかし、高齢者の筋力トレーニングの効果を出すには、日常生活動作では経験しないような刺激を骨格筋に与えることが重要になってきます。

事故や障害発生の危険性を考慮した筋力トレーニングが、温熱刺激を利用したトレーニングです。

①あらかじめ温熱刺激を与えてからトレーニングをすると筋肥大が促進すること。

②温熱刺激のみで筋肥大がひきおこされること。

③筋足痛が行われていないことで引き起こされる萎縮からの回復は温熱負荷により促進する。

④温熱刺激は筋細胞内のAktを活性化すること。

が確認されていてるけれど、骨格筋増量効果の発現には条件があります。

例えば①では筋温が一定温度以上に達することや、②ではその筋温が一定時間以上継続することが必要と考えられています。

ただこの条件を満たせば、どの年代でも温熱刺激による骨格筋肥大は起こるということはわかっています。

高齢者をトレーニングする際は、こういったトレーニングの知識もあったほうが障害発生の危険性などは低くできます。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-26

    細胞レベルでみる肥満

    ヒトは約60兆個の細胞から構成されていますが、脂肪細胞の数は約300億個と推定されています。…
  2. 2015-6-26

    骨盤の傾きと腰部などの身体への負担

    骨盤前傾が大きい(腰椎部伸展位)姿勢では、腰部が反りすぎてしまうので、椎間関節や棘突起など椎骨の後部…
  3. 2015-2-1

    レム睡眠のレムってなんですか?

    ヒトは一生の約3分の1を睡眠に費やしています。その時間が無駄なように感じることもあるでしょう…
  4. 2015-5-20

    難消化性デンプンとは

    難消化性デンプンとは、レジスタントスターチといい、ヒトの小腸まででは消化されず、大腸に届くでんぷん、…
  5. 2015-6-16

    食餌による体内時計のリセット

    近年、朝食の欠食や、夜食の摂食は、肥満になりやすいことが知られており、規制正しく朝食・昼食・夕食を摂…
ページ上部へ戻る