高齢者の筋力トレーニング

加齢に伴う筋力の低下は、身体活動量の低下をもたらすだけでなく、脂肪蓄積量や骨吸収を増加させます。

高齢者の生活の質(QOL)の維持のため、骨塩量の低下、体脂肪の蓄積を防止することが大事になってきます。

そういった意味で、高齢者の筋力トレーニングの意義はきわめて大きいです。

一般的に筋トレといえば、筋収縮にたいする外部抵抗を漸増させる抵抗性トレーニング(レジスタンストレーニング)ですが、これだと高齢者がするには、トレーニング中に障害が発生する危険性があるだけでなく、

トレーニング効果が少ないものがあります。

また筋力トレーニングは怒責などを伴うことも多いため、動作中の収縮期圧上昇などのリスクも考えられます。

そのため、高齢者をトレーニングする際は十分な配慮が必要になります。

しかし、高齢者の筋力トレーニングの効果を出すには、日常生活動作では経験しないような刺激を骨格筋に与えることが重要になってきます。

事故や障害発生の危険性を考慮した筋力トレーニングが、温熱刺激を利用したトレーニングです。

①あらかじめ温熱刺激を与えてからトレーニングをすると筋肥大が促進すること。

②温熱刺激のみで筋肥大がひきおこされること。

③筋足痛が行われていないことで引き起こされる萎縮からの回復は温熱負荷により促進する。

④温熱刺激は筋細胞内のAktを活性化すること。

が確認されていてるけれど、骨格筋増量効果の発現には条件があります。

例えば①では筋温が一定温度以上に達することや、②ではその筋温が一定時間以上継続することが必要と考えられています。

ただこの条件を満たせば、どの年代でも温熱刺激による骨格筋肥大は起こるということはわかっています。

高齢者をトレーニングする際は、こういったトレーニングの知識もあったほうが障害発生の危険性などは低くできます。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-10-31

    便秘と下痢

    食べたものは胃腸で消化・吸収を終えると、24時間から72時間をかけて排便されていきます。この際に…
  2. 2015-11-25

    睡眠不足と肥満

    睡眠が不足していると、理性や判断力を司っている前頭葉の活動が低下し、食べる意欲を司る脳領域の活動が高…
  3. 2014-12-21

    がんと運動効果

    今日は、「ガンと運動について」です。「予防」のためというのはもちろんですが、「ガン患者」や「ガン…
  4. 2017-2-13

    覚えておきたい法則(原則)

    筋力トレーニングをするにあたって覚えておきたい3つの法則があります。1つ目は、「ルーの法則」…
  5. 2015-3-14

    骨盤のゆがみと仙腸関節

    骨盤は下肢と脊柱を連結する位置にあり、荷重伝達機能を担う。骨盤の可動性に関与するのは、左右の寛骨…
ページ上部へ戻る