筋繊維特性とトレーニング効果

骨格筋は主に遅筋線維、速筋線維の 2 つの線維から構成され、これらの線維が各々の筋ごとに一定の割合でモザイク状に配列している。

この中でも、遅筋線維は有酸素的なエネルギー発揮能力に優れ、収縮速度は遅いが疲労耐性が高いという特性を持つことから持久的な運動に適していると考えられている。

一方、速筋線維は無酸素的なエネルギー発揮能力に優れ、発揮する張力も高いことから瞬発的な運動に適した能力を持つと考えられている。

競技スポーツには、短距離のように瞬発力が求められる種目から、長距離のように持久力が必要とされる種目、さらにその両方が必要とされる混合型の種目もある。

従って、各種目に適した筋線維組成を獲得することがパフォーマンスを上げるための必要条件であると考えられる。

現時点では、陸上の短距離選手や長距離選手に認められるような非常に偏った筋線維組成は遺伝的要素が高いと考えられるが、骨格筋は運動トレーニングなど様々な環境因子に対し、後天的に筋線維タイプを変化させる可塑性・適応性を有している。
当たり前ではあるが、骨格筋は非常に可塑性に富んだ組織であり、その活動水準が増加すると肥大し、逆に低下すると細く萎縮する。

しかしながら、量的変化だけでなく、質的変化として筋線維タイプの変化が認められることも非常に重要なポイントになる。

有酸素性トレーニングによる持久力の向上は筋線維タイプの遅筋化だけでなく、ミトコンドリア量の増加や脂質酸化能の亢進などエネルギー産生効率の上昇も関与している。

近年、これらの変化が転写共役因子である PGC-1αによって制御されていることが明らかとなってきており、筋の収縮特性と代謝特性が密接に関連していることを示している。
実際に、肥満症患者の筋では酸化的代謝能の低下と解糖的代謝能の上昇が認められているが、同時に遅筋線維の割合低下も生じている。
それ故、筋線維タイプ組成の差が肥満の傾向度に影響している可能性も考えられている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-3-20

    女性の骨と運動

    女性ホルモンの代表であるエストロゲンは、骨代謝に関わるとされており、骨芽細胞の働きを促進して、破骨細…
  2. 2017-1-29

    筋線維の損傷と再生

    筋肉は筋トレで一度壊し、回復させると強くなると言われています。ただし、けがや壊れたというより…
  3. 2017-1-28

    トルクコントロール

    トルクとは、筋肉が関節を回す力のことです。それを最適な状態にするのが「トルクコントロール」で…
  4. 2017-2-13

    覚えておきたい法則(原則)

    筋力トレーニングをするにあたって覚えておきたい3つの法則があります。1つ目は、「ルーの法則」…
  5. 2015-1-12

    Soft tissue mobilization(軟部組織モビライゼーション)

    人間のカラダには、骨や筋肉や内臓があり、それを皮膚が包んでいる。しかしながら、皮膚だけでは構造上…
ページ上部へ戻る